« 中2代数の授業にて | トップページ | 錯覚展 »

2005年9月13日 (火)

追いつめられた結果・・・

koizumi 「W杯サッカー、内親王ご誕生、日本語ブーム等、ポップで軽やかに”愛国心”を謳歌する若者。米国テロ事件、欧州極右の擡頭等、世界情勢が混迷する中、この「愛国ごっこ」の次に来るものは何か?」
これは、精神科医の香山リカさんの著『ぷちナショナリズム症候群』(中公新書ラクレ)のカバー裏表紙の記述。
本文中には、「追いつめられた状況であればあるほど、人間はシンプルな極論に飛びつきやすい」とある。
この本は2002年9月10日に書き下ろしとして発行されたのだが、ちょうど3年後、予言は的中した。

|

« 中2代数の授業にて | トップページ | 錯覚展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/5931357

この記事へのトラックバック一覧です: 追いつめられた結果・・・:

« 中2代数の授業にて | トップページ | 錯覚展 »