« 福音宣教 | トップページ | 『ブッタとシッタカブッタ』 »

2005年11月23日 (水)

リフレーミング

私の仕事は学校教師です。今月は,保護者面談をたくさんやっています。私立学校であるため,遠方からお越しいただいているので,面談時間も40分~60分と設定しています。生徒の学校での様子や成績のことなどをお話しした後,最後に,「他に何かございますか?」とお聞きすると,意外に多くの親御さんがご自分のお子さんのマイナス面を伝え始めます。「うちの子は何事も中途半端でなので・・・」,「英語の点数が悪くて困ります」,「自分というものを持っていない」,・・・などなどです。こんなとき私は,「ああ,私もそう思います」と言った後,同じことのプラス面をお伝えします。

「うちの子は何事も中途半端でなので・・・。」→「何でもそつなくこなしますね。彼になら何でも安心して任せられます。」
「英語の点数が悪くて困ります。」→「数学・国語・社会・理科は素晴らしい点数ですね。よく勉強したのでしょう。」
「自分というものを持っていない。」→「誰とでもうまくやっていかれる柔軟性を持っています。」

こんな具合です。これは,カウンセリングの一つの手法で「リフレーミング」と言います。
「○○君のマイナス面をなくすとプラス面もなくなってしまいますから,両方の面を良しとしましょうよ」とお話しすると安心して下さる親御さんが多いです。もちろん,社会生活を営む上で困る点は,必要な範囲内で,成長過程において修正していく責任が大人にはありますが。

また,「言葉で説明できないような考えは,本当に考えたこととはいえない」というようなことを,よく目にしたり聞いたりします。概ね賛成ですが,これは学問の世界の影響を強く受けた批判です。言葉では説明のつかないような考えを,人はときどき持つことが出来ます。これはいわゆる直観とも違うものです。そして,そのような考えを持つことになった人は,しばしば,そのように考えられるようになったことに感謝し,「与えられたもの」と捉えています。リフレーミングすると,

「言葉で説明できないような考えは,本当に考えたこととはいえない」→「人間を超えた深い考えは,言葉で説明のつくものではない」

となるのでしょうか。なお,僕のお気に入りの2大リフレーミングは,

「病気になってしまった」→「頑張りすぎたから神様がブレーキをかけてくれた」
「孤独を感じる」→「交わりに招かれている」

皆さん,良い「リフレーミング」の例があったら,コメント下さい。

|

« 福音宣教 | トップページ | 『ブッタとシッタカブッタ』 »

コメント

 聖歌指導の時などは、リフレーミングの言い方をするのに、親の立場では、フレーミングになってしまいますね。立場が変わっても、同じになれるのには、まだまだ...です。

投稿: omasico | 2005年11月23日 (水) 08時03分

>>omasicoさんへ
コメントありがとうございます。
聖歌指導はなかなか大変でしょう?
僕は大学生のときに,イグナチオ教会でクリスマスミサ用の「臨時聖歌隊」に入っていたことがあります。
とても懐かしい思い出です。

投稿: ct(管理者) | 2005年11月23日 (水) 12時27分

リフレーミング.. と、いうのですか..

わたしは、教育者ではないので
なんの意図も目的もございませんが、
普段発している、何気ない気遣いや
相手を立てる会話の中に、
ひっそりと・それが、潜んでいる気が致しました..

ひとつ、勉強をさせていただきました。
ありがとうございました...

投稿: SEPlA. | 2005年11月23日 (水) 19時50分

SEPIAさん
またまた読んで下さってありがとう!
あなたの「to..my..SP.」。
いいですね~。

投稿: ct(管理者) | 2005年11月23日 (水) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/7266539

この記事へのトラックバック一覧です: リフレーミング:

« 福音宣教 | トップページ | 『ブッタとシッタカブッタ』 »