« リフレーミング | トップページ | セルフエスティーム&ストレスマネジメントスキル »

2005年11月24日 (木)

『ブッタとシッタカブッタ』

buta 小泉宏吉著『ブッタとシッタカブッタ』(メディアファクトリー 1993)。12年前に出版された本(マンガ)です。このブログを読んで下さっている方々の中にはご存じの方も多いと思いますが,最近は10代の学生さんも何人か読んで下さっているので,今日はこのちょっと古い本の話をします。

僕はこの本が出た頃に何気なく本屋で手に取り,これは面白いと思い,すぐに買いました。まだ,そんなに有名な本(マンガ)ではなかったと思います。ほどなく有名になり,続編が次々と出ました。いわゆる癒し系の本です。その後「癒し系本ブーム」は今日まで続いていますが,『ブッタとシッタカブッタ』シリーズは,心に染み入る本です。また,マンガ嫌いの僕でも読めるマンガです。

その中にこんな話があました。

シッタカブッタという名前の主人公のブタさんが,失恋などを通して,考え込んでしまい,自分で自分のダメさに気づきました。そのダメな自分を,自分自身が拒否(自分で自分であることを認めたくない)しているうちは,苦しく悲しく失望状態にありました。しかし,やや時が過ぎ,そんなダメな自分もやはり自分なのだと受けとめられるようになります。すると,そんな小さな自分でも,確かにそこに自分が「いる」ということを初めて知り,悲しみは喜びに変わり,自分自身に対する失望は自信へと変わっていきました。

この本の底に流れているものは(多分)仏陀の教えなのですが,この考え方はとても普遍的な考え方です。
私たちは,人間関係(友人とのつき合い,恋,家族の問題)を通して,自分のあり方が問われることがあります。特に,僕が普段関わっている中学生の時分の人たちは「グループ」意識が強く,人間関係は複雑になっています。これは,コミュニケーションの方法が変わったこと(広場がなくなり,かわりに携帯・メール・掲示板・ブログなど,通信手段が飛躍的に増大した)も相当影響していると思うのですが,僕たちが学生だった頃よりも,人間関係の苦労は多いようです。

人間関係が完璧という人はいないでしょう。多くの人が,何度か,あるいは,常に悩んでいるのではないでしょうか。性格の違いによって,ずっと悩み続けている人もいるでしょう。まあいいやと自分をごまかしてしまっている人もいるでしょう。だけど,つまずきや失敗は,自分を見つける絶好のチャンスだと思います。そうした機を逃さず,さっきのシッタカブッタ君がしたように自分を見つめ直していきたいものです。そして自分を発見したら,自分の小ささに失望するかもしれません。幻滅するかもしれません。でも,それでいいと思うのです。幻滅という字は幻(まぼろし)が滅びると書く訳ですから,幻が滅びて,ホントの自分が見えてくるのでしょう。そうしたら,その自分をかわいがる気持ちになれるかもしれません。なぜなら,そんな小さな自分を知っているのは,自分だけなのですから・・・。

自分を愛するとはそういうことから始まると思います。そして,それができたら,同じように,他の人も愛せるようになると思います。他人を愛することが下手な人は,自分を愛することも案外下手です。他人に厳しく,自分に甘いという人も,愛をうまく伝えていない人ということになると思います。

シッタカブッタ君も最後は悟りを開き,愛のひと(ブタでした)になります。

|

« リフレーミング | トップページ | セルフエスティーム&ストレスマネジメントスキル »

コメント

みなさん英語のHNなのでわたしも今日から
maria michaelaです
よろしくおねがいします
最後はブタになるのですか?
それとも人になるのですか?
へなちょこの私には
どっちか分かりませんでした(^^;
また教えてくださいネ!

投稿: マリアミカエラ改めmaria michaela | 2005年11月24日 (木) 13時38分

『ブッダとシッタカブッタ』、久し振りに思い出しました

>幻滅という字は幻(まぼろし)が滅びると書く訳ですから,
>幻が滅びて,ホントの自分が見えてくるのでしょう。

なんだか素敵な言葉ですね
こう考えると、幻滅するのもも悪くないかな、と思えます
自分であれ他人であれ、幻より本物がずっと魅力的ですよね

投稿: ico | 2005年11月24日 (木) 15時16分

>>maria michaelaさんへ

>最後はブタになるのですか?
>それとも人になるのですか?

すみません。僕のブログの最終行,
>シッタカブッタ君も最後は悟りを開き,
>愛のひと(ブタでした)になります。
という書き方では全然わかりませんよね。

いろいろな問題に突き当たっては悩む主人公シッタカブッタ君はブタですが,擬人化されています。したがって,「愛のひと(ブタでした)になります。」という書き方になってしまいました。


投稿: ct(管理者) | 2005年11月24日 (木) 20時30分

>>icoさんへ
またまたご訪問ありがとう。
maria michaelaさんとも知り合えたようで,
なんだか嬉しいです。
さっき*day of echo*の方にもコメントしたのですが,
「求職中」を「休職中」と書き間違えてしまいました。
連続投稿もなんですから,こちらの方でお詫びします。

投稿: ct(MAGIS管理者) | 2005年11月24日 (木) 21時00分

始めまして。TBさせてもらいました。この本は私が悩んだとき、しんどいときにはいつも読み返す本です。悩みはあるものでなく、作るものなのですよね。人を愛するためには自分を愛さないといけない、しかし、自分を愛することほど難しいことはないと思います。この本は私にとっての人生の指南書であり、お経見たいなものです。

投稿: アシタカ | 2006年10月 9日 (月) 21時55分

>>アシタカさんへ
初めてのコメントありがとうございます。
私のこの古いページを見つけて下さってありがとうございます。
ブッタとシッタカブッタは本当に良いですよね!
アシタカさんのブログにもお邪魔させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ct(MAGIS) | 2006年10月13日 (金) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/7289442

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブッタとシッタカブッタ』:

« リフレーミング | トップページ | セルフエスティーム&ストレスマネジメントスキル »