« 心のいと深きところに平和 | トップページ | 声 »

2005年12月 3日 (土)

フランシスコ・ザビエルとヤジロウ

僕が最初にザビエルの名前を知ったのは,多分,中2の頃だったと思う。日本に初めてキリスト教を伝えた人物として,イエズス会(教科書には括弧書きで『耶蘇会』とも書いてあったことを今でもハッキリ覚えている)という名前と一緒に知った。

昨日,中2の三女に,「フランシスコ・ザビエルって知っているか?」と聞いたら,「うん。最初に日本にキリスト教を伝えた人でしょ」と答えられた。幼児洗礼を授けたものの,この半年以上教会に行っていない子どもたちであるが,まあ,知っていて,感心した。その会話の続きは,「明日(12月3日,つまり今日のこと)は,そのザビエルが亡くなった日で,記念日なんだよ・・・」というものでした。

ザビエルが日本に上陸したのは1549年8月15日です。この日は,カトリック教会では「聖母被昇天の祝日」であり,また,ザビエルが所属していたイエズス会が設立されてちょうど15年という節目の日でもありました。

実はザビエルはその後の約2年間しか日本に滞在していません。1551年11月15日,中国伝道のために,日本をあとにしました。しかし,その間,山口では5ヶ月間で500人の信者を得るという奇跡的な救いを人々にもたらします。

中国に向けて旅立ったザビエルでしたが,1552年12月3日。中国上陸を目前にして,広東近くの上川島(サンチョアン)という小さな島で病死します。46歳でした。

ところで,日本人に初めてキリストを伝えた人はザビエルで,大変有名ですが,日本人として初めてキリスト教徒となった人,つまり,洗礼を受けた(授かった)人は,あまり知られていません。谷真介著『フランシスコ・ザビエル』(パウロ文庫 1989年)によれば,ヤジロウという商人です。051203

「ある事情」(後述)があって,日本から逃亡していたヤジロウは,ザビエルが日本に上陸する2年前の1547年12月,マラッカでザビエルと出会います。以降,ヤジロウとザビエルの問答は続きます。ヤジロウは「ある事情」のため,「神」や「憐れみ」や「ゆるし」や「救い」に興味があったに違いありません。翌1548年5月20日(聖霊降臨の祝日),ヤジロウは弟と家来とともにキリスト教の洗礼を受けました。ところはインドのゴア市の大聖堂でした。ヤジロウはその後,ザビエルの願いを受け,布教のために必要な聖書の一部や教会の規則などを日本語に訳す仕事をしました。そして,翌年のザビエル日本上陸の際に,一緒に祖国の地を踏みました。「ある事情」による逃亡から3年後のことでした。

さて,さきほどから書いているヤジロウの「ある事情」とは,実は殺人です。商人だったヤジロウは仕事上のけんかで一人の仲間を殺してしまったのです。捕まれば死刑になるので,彼は共犯の弟および家来と共に,外国に向かう船に強引に乗り込み海外逃亡をしたのです。

その途上で,ザビエルと遇い彼は新しい道を歩み始めました。日本人初のクリスチャンは,こんな人物だったのです。まさに回心の人だったのです。パウロが彼の洗礼名でした。

|

« 心のいと深きところに平和 | トップページ | 声 »

コメント

こんにちは
へぇ
ヤジロウさんって方がいらっしゃったんですね
殺人はいけませんが
日本人で最初にキリスト教者になれたのは
なんだかちょっぴり羨ましかったりします(^O^;

投稿: maria michaela | 2005年12月 5日 (月) 13時07分

>>maria michaelaさん
毎度の御贔屓ありがとうございます。
>ヤジロウさんって方がいらっしゃったんですね
そうなんですよ~。
日本にキリスト教を伝えた外国人・ザビエルは有名だけれど,
日本人最初のキリスト教徒・ヤジロウは無名。
これは彼が殺人罪を犯しているからでしょうかねぇ。
その辺の事情はよくわかりませんが,
とにかくわれわれ日本人クリスチャンの魁が
殺人犯だったということに,
非常に深い意味(神の御業)を感じずにはいられません。
ところで,師走ですね。
元々師走の語源は,
僧侶(師)が経をあげるために走り回るという意味だそうですが,
僕も仕事柄,忙しいです。
今日から2学期末の定期試験が始まったので,
作成と採点,成績処理に明け暮れます。
ああ,ブログが書けない!

投稿: ct(MAGIS管理者) | 2005年12月 7日 (水) 00時32分

こんにちは
期末試験ですか(^O^;
それは大変なことです
私なんかは期末試験というと
試験を受ける立場になって「いやだなぁ」って
考えますけれど、
ctさんの場合は採点する立場で「いやだなぁ」って
考えられるのですね(*^-^*)

投稿: maria michaela | 2005年12月 8日 (木) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/7437679

この記事へのトラックバック一覧です: フランシスコ・ザビエルとヤジロウ:

« 心のいと深きところに平和 | トップページ | 声 »