« 事実と真実 | トップページ | ミスプリント »

2006年3月 7日 (火)

全てはプラス。全ては恵みの雨。

060307 このブログを読んで下さっている人たちの中で,歌手・岡林信康を知っている人はどれくらいいるだろうか?開設以来何度かこのブログで彼のことを話題にしたが,彼のことに関するコメント,TBともにゼロである。

岡林信康。1946年生まれ。学生運動が盛んだった1960年代後半,彼は「フォークの神様」よ呼ばれた男である。

しかし,その後,彼は人々の記憶からだんだん消えていった。彼は今,御歌囃子(「おかばはし」と読む)と自分で名付けた音楽を小さなコンサートで細々と続けている。

私は彼の大大大ファンで,未だに毎日(とはいかないまでもそれに近いくらい)彼の歌を聴いている。カラオケでも彼の歌を歌う。もちろんまったくうけない。

その彼が『バンザイなこっちゃ!』(ゴマブックス株式会社 2005年)という本を出した。23年前に『村日記』(講談社 1982年)という本を出したが,それ以来かな。

その本の存在を一昨日Amazonで知り,注文したら,早速今日届いた。本の帯には「全てはプラス。全ては恵みの雨。」と書いてある。何やら期待できそうな感じがする。

因みに彼は牧師の息子で,同志社の神学部中退,一応,キリスト教から「解脱」したことになっている。ただし,30年間彼を追い続けてきた私にとっては,彼はちっとも「道」(=キリスト)から外れていないように思う。

この本はまだ読み始めたばかりなので,また,アップしたい。

|

« 事実と真実 | トップページ | ミスプリント »

コメント

こんばんわ。
>「全てはプラス。全ては恵みの雨。
うーん、なんだか励みになる言葉です、今私じしょうだけをみれば公私共にマイナスなのです。

でも、そういうじょうきょうすらもプラス、そして恵みの雨だというお言葉は励みになります。

きっとこの雨が、畑の種を育てるのですよね。
って思います。

投稿: ぴよ | 2006年3月 7日 (火) 23時38分

>>ぴよさんへ
まだこの本は読みかけですが,
あなたの励みになったのなら嬉しいです。
>きっとこの雨が、畑の種を育てるのですよね。
って思います。
そうですね。
本の最初の方に,
「好き勝手に種を蒔いてもカボチャはなりまへん。作物にはそれぞれ蒔き時がある」と書いてありました。
ということは,どんな花にも咲き時があって,どんな実にも成り時があるのでしょうね。
岡林信康さんが美空ひばりさんに書いた曲,「風の流れに」の歌詞に,次のような行があります。
僕はとても好きです。
♪山のつつじを 一緒にいつか
摘みに行こうぜ 素敵だぜ
咲くも花なら 散るのも花よ
そうさいいんだ いいんだそれで
泣いて笑って いくだけさ♪

投稿: ct(管理者) | 2006年3月 7日 (火) 23時59分

>好き勝手に種を蒔いてもカボチャはなりまへん。作物にはそれぞれ蒔き時がある

なるほどー、蒔き時があるんですね。それはきっと人(作物)によってちがうのでしょうね。

今私はまき時か否かはわかりませんが、借り入れ時ではないことは確かです。(みのってませんから000)

何事にも「時」があるのですよね。
きっと。
日々頑張って生きていくことでしか、どうしようもないですね。怠けたときが終わり、ゆめのおわりなんでしょうね、。」

投稿: piyo | 2006年3月 8日 (水) 00時16分

拓郎を入り口にして岡林に行ったことありますよ。買って聴いたのは「狂い咲き」というライヴ盤だけですが、その当時のひと通りの曲は入っていたように思います。一時期、左のほうの運動をやってまして、 (といっても80年代の後半ですが)共感する曲が多かったですね。「今日を越えて」は今でもいいですね。ラストの「私たちの望むものは」すごい迫力で時代に後押しされて出てくる音楽の力を感じさせてもらいました。アエラ・イン・FOLKという雑誌に最近のライブの記事がでています。サンボマスターからのリスペクトの文章も出ています。「とにかく歌がうまいと」。

投稿: YOU | 2006年4月16日 (日) 15時10分

私は美空ひばりさんの大ファンで何時も彼女の歌を聞いているのですがその中に「風のながれに」と言う曲もあります。
岡林さんの事はほとんど知らなかったのですが、この曲を聴くたびに美空ひばりさんの葬儀の時の岡林さんのコメントを思い出し
、いろいろな事を連想します。切ない素敵な曲だと思います。
最近ふと、岡林さんという歌手に興味を感じ、このブログに出合いました。彼に関するコメントがゼロということが、あまりインターネットが得意でない私にこんなコメントを書かせてしまいました。機会があれば、彼のコンサートにも行こうと思っています。

投稿: 阪口 | 2007年12月 1日 (土) 21時00分

>>阪口様
コメントありがとうございます。
「風の流れに」は名曲ですね。
カラオケ店でよく歌います。
美空ひばりさんの葬儀の際の岡林信康さんのコメントってどんなものだったのですか?

岡林さんは今年、非常に活動が活発で、
私の住む首都圏でも度々コンサートがあります。
私は、9月に横浜、10月に日比谷野音に行きました。
今月は調布に行きます。

コンサートの中で、岡林さんは、次のような話をしていました。

「美空ひばりさんに、一緒に飲みたいと思う三人の男性を挙げてください」とあるマスコミが取材をしたら、
その中に、「岡林信康」が入っていた。

こんな話です。

岡林さんのコンサートは、お祭りみたいで本当に楽しいですよ。

投稿: ct(管理者) | 2007年12月 2日 (日) 17時52分

葬儀の時の岡林さんのコメントですが・・一瞬のことで、瞬時の私なりの思い込みの可能性もありますが・・・「 あの時彼女は
確かに恋をしていた。 彼女をもう少し・・・ 」というようなコメントだったと思います。「風の流れに」の歌詞、曲と美空ひばりさん、人生、生きる・・・何か切ないものを感じます。  歌詞、曲共、本当に素敵な名曲ですね。
ぜひ岡林さんの生の歌を聞きたいと思っています。

岡林さんのコンサートの日程を見てみたのですが、12月22日・・
本当に残念です。またの機会にぜひ行きたいと思います。

今年も後わずかとなりました。来年も、いえ命ある限り、精一杯生き、元気で幸せでありますように。お互い。

投稿: 阪口 | 2007年12月 6日 (木) 01時47分

お元気でしょうか。私は夏休みになりそれなりに楽しい恒例諸行事も一段落し、今ホッとしています。ホッとしながら岡林さんのことを思い出し、ぜひライブ、コンサートにと思いインターネットで検索(知恵袋等)してみたのですが確かな情報が得られませんでした。この夏の予定はないのかもしれませんが・・・。失礼かと思ったのですがもし情報をお持ちでしたら教えていただけたらと思います。(8月以降~ )
よろしくお願いします。

投稿: 阪口 | 2008年7月30日 (水) 11時45分

阪口さんへ
まったく更新していないブログへのご訪問ありがとうございます。
「電子チケットぴあ」によれば,
2008年10月31日に大阪岸和田でコンサートが予定されています。
http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0834474
をご覧下さい。

投稿: ct(管理者) | 2008年7月30日 (水) 13時56分

情報、有難うございました。さっそくアドレスを開き、確認しました。電子チケットぴあにも登録しました。
10月31日の岸和田でのコンサート、平日なのですが私の住む関西南圏(堺)に近いのでぜひ行こうと思っています。「風のながれに」の歌、しっかり聞いてきます。コンサートに行きたいと思える歌手に出会えたことがうれしいです。10月が楽しみになりました。
本当に有難うございました。

投稿: 阪口 | 2008年7月30日 (水) 23時26分

お元気ですか。10月31日の岡林さんのコンサートに行って来ました。
彼と同じ団塊の世代だからでしょうか・・彼の歌からは同じ思い、                                              同じ匂い、同じ風、同じ郷愁を感じました。
彼の歌には、1年の楽しみが集約されていたお正月の獅子舞、                                               春祭りの御輿、夏の盆踊り、秋祭りの心躍った楽しさのなかに                                                ふとよぎる哀愁、郷愁・・・そして全てを包み込んで「無・・・夢」へと。
今、歌で日本の、日本人の心を伝える事が出来るのは、彼なの                                               ではないかとさえ思いました。(少し褒めすぎですね)
本当に楽しかったです。よかったです。
「風の流れに」は聞く事が出来ませんでしたが、いつか聞ける  
コンサート楽しみにこれから岡林 信康さんを応援していきたい
と思いました。
岡林さんへの導き有難うございました。

投稿: 阪口 | 2008年11月 2日 (日) 17時18分

お元気ですか。このサイトが縁で岡林さんのコンサートに、
そして今は、友達と堺での岡林さんのコンサート開催を
模索しています。日本人の心、楽しい素敵なコンサート、
もっと多くの人に聞いて欲しいと思っています。
来年は、多方面の方のアドバイスを受けながら、                                                       コンサート開催に向けて一歩でも踏み出せたらと思って
います。
アドバイスなどありましたらよろしくお願いします。

投稿: 阪口 | 2008年12月19日 (金) 09時10分

>>阪口さん
コンサート,是非実現させてくださいな。
大阪ですか?
駆けつけますよ。

投稿: magis(管理者) | 2009年1月 3日 (土) 04時05分

新年早々うれしい、元気付けられるコメント有難うございます。
歌舞伎調で言えば「こいつぁー 春から縁起がいい・・」でしょうか。
福岡でコンサートを開催された方から「とりあえず、3月14日の山口
・阿武町でのコンサートに来てくださいと・・・」ということで、行く事に
なりました。水面下では、色々動いてはみているのですが・・・
がっかりしたり、喜んだり・・・でも頑張ってみます。

投稿: 阪口 | 2009年1月 6日 (火) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/8979667

この記事へのトラックバック一覧です: 全てはプラス。全ては恵みの雨。:

« 事実と真実 | トップページ | ミスプリント »