« 神さまがお怒りだ。 | トップページ | 失ったものが大きければ大きいほど »

2006年3月12日 (日)

赦しの秘蹟

今日,私の教会では四旬節黙想会が行われた。テーマは「フランシスカンにおけるキリストの受肉の理解について」。フランシスコ会から来て下さった今日の指導司祭は,普段は瀬田の聖アントニオ神学院で神学を教えていらっしゃる神父様なので,講話はなかなか難しかったです。9時半からまず50分の講話があり,引き続きミサを捧げ,昼食休憩を挟み,午後は講話,聖体顕示,赦しの秘蹟,聖体賛美式,茶話会というスケジュールでした。私は赦しの秘蹟に与ったら,感動で胸がいっぱいになってしまい,その後のスケジュールはパスしました。赦しの秘蹟は,さかばさんが「心のさかば」で伝えている通りに行われましたが,聴罪して下さった司祭から,とても暖かい同情のお言葉(短い一言ですが。こんなことは今までにありませんでした)をいただき,「私もご一緒にマリア様にお祈りさせていただきます」(これもまた形式にはないはず)とまで言って下さり,なんとも有り難かったです。その後は,教会の定めた形式に従って赦しの秘蹟をいただきましたが,こんなに有り難い秘蹟は初めてでした。

黙想会のテーマ「フランシスカンにおけるキリストの受肉の理解について」ですが,極めて短く言えば,「十字架上の死の瞬間こそ,イエスの人々への愛が最高点に達したときである」ということだと理解しました。

|

« 神さまがお怒りだ。 | トップページ | 失ったものが大きければ大きいほど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/9059562

この記事へのトラックバック一覧です: 赦しの秘蹟:

» どばっと振り返ってみる。 [* days of echo *]
この間の日曜日(3/5)に、オルガン当番が当たっていたので、教会へ ごミサの中では、洗礼志願式が行われました 今年の志願者は2名 少ないと感じる方もいらっしゃるでしょうが、 田舎にある小さな教会なので、複数人いらっしゃるのは珍しいことです まず、この御復活で受洗される全ての方々へのおめでとうと共に、 受洗に向けて、わたしも祈りに参加させていただきたいと思います さて、おふたりの様子を見ながら、自分の時を思い出していました わたしにもこんな時期があったな、とか 額... [続きを読む]

受信: 2006年3月20日 (月) 22時55分

» 告解(ゆるしの秘蹟)・・・懺悔 [KCL造園課飼育係]
私は土曜日に雨#63649;の降る中、ゆるしの秘蹟を受けるために 教会に行ってきました 内容はともかく 神父様は横を向いて座り、 私は神父様のほうを向いて座るという へんちくりんな体勢で挑みました なんせ初めてのゆるしの秘蹟なので まずは座ります 最初は神父様の座..... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 13時12分

« 神さまがお怒りだ。 | トップページ | 失ったものが大きければ大きいほど »