« アレルヤ!アレルヤ! | トップページ | 中1オリキャン『サウンドマップ』 »

2006年4月28日 (金)

中1オリキャン『フィールドビンゴ』

060428_1 ずっと更新できなかったのにはわけがあります。
今年は中1の担任なので,平常の新年度初めよりやはりちょっと大変でした。
特に昨日から今日にかけて1泊2日の日程で行ったオリエンテーション・キャンプへの,実質的な(活動の)準備と,精神的な(モチベーションをあげる。元々高いのですが,質的により高くするための)準備に時間を費やして来ました。

さて,2日間のプログラムは盛りだくさんだったのですが,(振り返り用紙によれば)生徒にとって,最も印象に残った活動は,『フィールドビンゴ』という活動でした。

この活動は,今回のプログラムの中で実は最もシンプルな活動でした。
画像のような特殊なビンゴカード(これは,ネイチャーゲームクラブで手に入ります)を1人に一枚ずつ配ります。どのカードにも「いいにおい」,「きのみ」,「カラスのこえ」など,自然の中で見つける(体験する)ことのできる16個のもの(項目)が書かれています。このカードは50枚一組で販売されており,書かれている16個のものはどのカードも同じですが,書かれている順番(配列)は全カード異なっています。これを持って野山を探検し,書かれているものを探し,見つかったら丸をつけ,なるべくたくさん探し,タテ・ヨコ・斜めのビンゴの数を競うゲームです。ですから,運が良いと,4つ見つけただけでビンゴが一列できますが,運が悪いと10個見つけてもビンゴにならなかったりします。

さて,このゲーム,もちろん普通のビンゴと同じように個人対抗でもできますが,普通3~4人一組で行います。3~4人で行う理由は,普通のビンゴゲームの数字当てと違い正解の客観的な基準がないからです。たとえば,「いいにおい」。これは,一緒に組んだ3人なら3人,4人なら4人の全員が「いいにおい」と感じて初めて正解となります。また,「カラスのこえ」も全員に聞こえたときだけ,丸をつけることができるのです。

このようにして『フィールドビンゴ』は行うのですが,この活動,実は100発100中(自分は数回しか体験していないけれど,他のリーダーがみんな言いますから)というくらい盛り上がります。

この活動の第1原理はもちろん発見のよろこですが,そこにビンゴというゲーム性が加わりやる気が出て,さらにグループで探してもらうことによって,発見のよろこび体験を分かち合えるわけです。

各クラスとも45人(欠席なし)だったので,このゲーム,今回は全員が3人一組で実施しました。入学して3週間の中1。「なるべく親しくない人と組むように」と3人組を作り,このゲームに取り組んでもらいました。振り返り用紙には「都会では味わえない自然を(新しい)友だちと一緒にたくさん探せて楽しかった」(学校にあるので思い出して書いています)とうような趣旨のコメントが多くありました。体験を分かち合う喜びを感じてくれたわけです。

人と人が親密になるのに最も良い方法は体験の分かち合です。そして,今回のオリエンテーション・キャンプの目的は,コミュニケーションスキル・トレーニング。中一には何のことだかわかるわけがありませんが,校長先生は開講式において,「友だちづくり」と実に分かり易く話して下さいました。

そんな目的で行われたオリエンテーション・キャンプですから,友だちと共に発見の喜びを分かち合うグループ体験である『フィールドビンゴ』を取り入れることができ(これは学年団の協力のお陰なのです!),生徒たちも喜んでくれて本当に良かったです。

※ 『フィールドビンゴ』は日本ネイチャーゲーム協会の降旗信一氏が考案しました。『学校で役立つネイチャーゲーム20選』(明治図書 1997年)などに載っています。

|

« アレルヤ!アレルヤ! | トップページ | 中1オリキャン『サウンドマップ』 »

コメント

 ネイチャーゲームはいろんなところでできるから、私も取り入れられそうな時はいつも自分なりに勝手にアレンジして取り入れています。ctさんは講習を受けてそれをとても効果的計画的に取り入れられているようで、さすがだなぁと感心してしまいます。私のなんちゃってネイチャーゲームの取り組みもブログに書いてみたので、見てみてください。初で、うまくできてないかもしれないのですが、トラックバックさせていただきました。

投稿: hawa | 2006年4月29日 (土) 08時29分

hawaさん
コメントをありがとうございます。また,カメラゲームのページ(4/3)へのトラックバックもありがとうございます。hawaさんのブログも読ませていただきました。小学校理科での素晴らしい実践報告ですね。hawaさんのページ「言わなくてもよかったのに日記」をこのブログのブックマーク集「ブログの輪」に加えさせていただきました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: ct(Magis) | 2006年4月29日 (土) 09時59分

フィールドビンゴですか
とっても楽しそうですね
ctさんのところの学校、ほんとに魅力的です
私に子どもがいたら入れたいです(^^;

ビンゴといえば、うちの母親、やり方が分からなくて
あたった部分をちぎりとってしまうという事を海外でやってきました(^-^;;)
ビンゴのやり方くらい知っていてもらいたいものです

投稿: maria michaela | 2006年5月 2日 (火) 14時09分

>>maria michaelaさん

>フィールドビンゴですか
>とっても楽しそうですね
>ctさんのところの学校、ほんとに魅力的です
>私に子どもがいたら入れたいです(^^;

ありがとうございます。

>ビンゴといえば、うちの母親、やり方が分からなくて
>あたった部分をちぎりとってしまうという事を海外でやってきました(^-^;;)

(^-^;;)ですが,わかるような気がします。
僕が子供の頃もまだビンゴなんて滅多に見られるものでなかったですから・・・。
僕もはじめてやったのは20歳頃だったと思います。
やり方がわからなかったので,主催していた人が
よく説明してくれたような気がします。

さて,僕は今日5月4日から2泊3日間,研修に出かけます。
ノートPCは持って行きますが,使っている暇があるかどうか・・・。
朝9時から夜9時までというハードな研修なので(;´_`;)


投稿: ct(MAGIS) | 2006年5月 4日 (木) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/9803299

この記事へのトラックバック一覧です: 中1オリキャン『フィールドビンゴ』:

« アレルヤ!アレルヤ! | トップページ | 中1オリキャン『サウンドマップ』 »