« 心に刻まれた契約(改訂版) | トップページ | 「わたしの唇から出た言葉を変えることはない」 »

2006年5月24日 (水)

LST

060524 私の勤務校には,かつて"Let's Sing Together"(通称LST)という名の歌集が配られていた。野外活動が好きな本校では,この歌集はどの活動にもみんなが携行する必需品であったという。今ではこの歌集も配られなくなってしまい,在校生で持っている生徒は(特別に購買部で買ったものを除くと)いない。私もこの歌集を持っていなかったのであるが,ひょんなことから今日(副校長先生から)いただいた。約100曲の歌が収録されている。カトリック学校の歌集らしく,最初に掲載されている歌は校歌で,最後に載っている歌は"Nearer my God to Thee"(主よみもとに近づかん)である。日本語の歌が6割,英語の歌が4割くらいの割合だ。

その中に意外な歌があった。岡林信康の『友よ』だ。私は岡林さんも『友よ』も大好きなので,この歌がLSTに入っていてとても嬉しかった。(それ以上に驚いたが。)特にこの歌のサビが私は大好きだ。

夜明けは近い 
友よ この闇の向こうには
友よ 輝く明日がある

こんな歌詞だ。どうということもない歌詞だ。
しかし,私は一人で車を運転しているときなどに,
よくこのフレーズを口ずさむ。

|

« 心に刻まれた契約(改訂版) | トップページ | 「わたしの唇から出た言葉を変えることはない」 »

コメント

友よ 夜明け前の闇の中で・・・。

この唄は、小学生の時に合唱した記憶があり、
いまふと、わたしも口ずさんでみました。
とても懐かしい想いです。

♪夜明~けはぁ近い~
  夜明~けはぁ近い~
   ( よあけはちかい.. 近い )

...と... こぅなるんですよね。

投稿: SEPlA. | 2006年5月25日 (木) 07時27分

>>SEPIA.さんへ
コメントありがとうございます。
お久しぶりですね!
読んでいた下さったことが嬉しいです。

>♪夜明~けはぁ近い~
>  夜明~けはぁ近い~

そう,そう。
ここが大好きなんです。

特に(やや長目に)落ち込んでいるときに,
静かに口ずさみます。

投稿: ct | 2006年5月25日 (木) 20時19分

「友よ」この曲は、小学校の林間学校の時にキャンプファイヤーで歌ったような記憶があります。
あの頃は、キャンプファイヤーでフォークソングを歌う、っていうのが多かったと思います。
今は、キャンプファイヤーって、あまりしないのでしょうか?
教会のキャンプでも、昔はキャンプファイヤーをしていたのですが、最近はしないようですね。

投稿: しらたま | 2006年5月26日 (金) 18時14分

>>しらたまさん
お久しぶりです!
コメントをありがとうございます。
>あの頃は、キャンプファイヤーでフォークソングを歌う、っていうのが多かったと思います。
「あの頃」って,たぶん僕が考えている「あの頃」と共通していると思います。
「翼を下さい」なんかも歌いましたよね。
「友よ」を作った岡林さんは,牧師さんの息子で,
彼自身も同志社の神学部に進みました。
卒業したかどうか忘れましたが・・・。
>今は、キャンプファイヤーって、あまりしないのでしょうか?
ダイオキシンの問題とか,消防署への届けとか,子どもの火に対する感覚とか,「あの頃」とはすべてが変わってしまいましたから。

投稿: ct | 2006年5月26日 (金) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/10227853

この記事へのトラックバック一覧です: LST:

« 心に刻まれた契約(改訂版) | トップページ | 「わたしの唇から出た言葉を変えることはない」 »