« 高1ゼミ『自分とつきあう』ネイチャーゲーム編 | トップページ | 愛 »

2006年5月28日 (日)

待つ

060528 カトリック教会では,今日のミサで『主の昇天』を祝った。第1朗読で,『使徒言行録』1章1節~11節が読まれた。その中で,

イエスは言われた。「父が御自分の権威をもってお定めになった時や時期は,あなたがたの知るところではない。」(第7節 日本聖書協会 新共同訳)

が心にしみわたった。

私は,大学生のとき,宗教教育法の第一人者であられたSr.菊地多嘉子先生から『カテケジス』を学んだ。その講義の中で,最も印象に残っている言葉は「教育者にとって最も大切なことは,信じて待つこと」というものだ。

待つのは辛い。忍耐もいる。私のように「我慢弱い」人間にはことさらだ。上に引用した聖書にも書かれているように,主が定めた時や時期が私たちにはわからないからだ。しかし,ヘンリー・ナウウェンは言う。

待つことの秘訣は,
種はすでに蒔かれており,
そこに何ごとかが始まっていると
信じることです。
(『待ち望むということ』あめんどう p.17)

ナウウェンは他の本では,

一粒の種が芽を出せるのは,蒔かれた地面にじっとしている場合だけなのである。育っているかどうかを見ようと,しじゅう掘りかえしたのでは,けっして実はむすばない。
(『心の奥の愛の声』女子パウロ会 p.46)

とも言っている。

これまで私は何度も自分の立っている地面を掘りかえしてしまっていたなぁ~,と思う。そして,教師の悪い癖で,人の畑まで出かけていって掘りかえしたこともあった。待つことに耐えられなかったのである。今日のミサ中の第1朗読を聞いて,そんなことを考えた。

20数年前にシスターから教わった「信じて待つ」ということ。当然,自分にもあてはまる。

自分も豊かな土に蒔かれた一粒の種だと考えてみればよい。私たちはただ(中略)自分の成長に必要なものはすべて土に含まれていると信じていればよいのである。この成長は,自分では感じなくてもはじまる。(『心の奥の愛の声』 p.46)

私が特に好きなのは,この中の最後の一文,「この成長は,自分では感じなくてもはじまる」というところだ。そういった意味で,待つことこそ最も積極的な生き方だとさえいえるのかもしれない。ただし,具体的なもの,「これだけ」というものを求めることは,やはり,自己絶対化だろう。主が準備してくださっているものに開かれた態度・生き方。これを積極的な生き方と思う。ナウエンも同様の文脈で「待ち望むことは積極的なことです」(『待ち望むということ』 p.15)と書いている。

考えてみれば,一番待っていてくださるのは神ご自身だろう。(大矢正則)

|

« 高1ゼミ『自分とつきあう』ネイチャーゲーム編 | トップページ | 愛 »

コメント

待つのは難しいですね。耕した畑に種をまいたら、あとは水や肥料を与えて、待つしかない。待ちきれずに、水や肥料をを与えすぎたりても根ぐされしてしまう。我が子の教育でも、勝手な親のイメージがあって、ついつい余計なことをしてしまいます。
自分の信仰になると、もっとわかりません。敬虔な方を見てはくじけ、気持ちが入らないからとくじけ、くじけてばっかりです。でも、今になって神様にであったり、マリアさまに祈れるようになったり、神様はきちんと用意されているのでしょうね。久しぶりのナウエンの記事を読ませていただいて、すこし気持ちが楽になりました。ありがとうございました。
(おなじ『主の昇天』の記事なので、私のほうからもトラックバックさせていただきました)

投稿: さかば | 2006年5月29日 (月) 01時24分

「待つ」ことの大切さと難しさ・・・
ワークショップの最中に
突きつけられることがあります。

私がお世話になっている、
人間関係グループワークなどの先生は、
よく、「グループを信じなさい」とおっしゃいます。

ファシリテーターをやっていて介入したくなる時、
本当にその場のためなのか、
自分の中の不安や待てない心のせいか、
よく考える必要があるなーと
自分の胸に手を当てながら、
その言葉を思い出しています。

投稿: もー | 2006年5月29日 (月) 01時47分

待つこと・・・これは信仰のおしえなのに。不謹慎かもしれませんが、恋愛にぴったり当てはまるとおもってしまいました・・・
>待つことの秘訣は,
種はすでに蒔かれており,
そこに何ごとかが始まっていると
信じることです。

種をまくは相手の心に何か訴えかける(告白かもしれないし、違う何かかもしれませんが)
そして、相手から目に見える形でコタエをもらったわけではないけど、相手が心の中で自分との事を何か考えているかもしれない、何かしらの第一歩を目に見えない形で踏み出しているかもしれない。もしくは踏み出そうとしようとしていたかもしれない。
でも人は弱いから「私のことどう思ってるの!はっきりしてよ!!!」なんて詰め寄ってしまう(掘り起こしてしまう)
そしてだめになる。まっていればうまく行ったかもしれないのにね・・・。

こんなこと思い浮かべた私は不謹慎でしょうか?
なんだかとても通じる気がしましたので・・・

投稿: piyo | 2006年5月29日 (月) 23時43分

>>さかばさん
コメントとTBありがとうございます。
>久しぶりのナウエンの記事を読ませていただいて、すこし気持ちが楽になりました。
ナウエンはいいですよね。
ストン,ストンと心に落ちていきます。

投稿: ct | 2006年5月30日 (火) 00時10分

>>もーさん
>「待つ」ことの大切さと難しさ・・・
>ワークショップの最中に
>突きつけられることがあります。
はい。同感です。
ただ,私が一番多く行っている
構成的グループエンカウンターの場合,
「待つ」ことは原則論にはありません。
むしろ,いかに介入するかがポイントとなります。
したがって,グループ・プロセスとしてある種の限界があります。
反面良さは,メンバーがそれほど深い傷を負わないことです。
一つ一つのエクササイズに割く時間もほとんど1時間以内です。
もっとプロセスを続けたい場合,内観的な方法へと切り替えるという方法を,私は志向しています。
話は変わりますが,ネイチャーの「こさっちさん」は,結構待つことが上手でしたよね。
もう一人の女性リーダーは「待つこと」があまり得意ではない感じを私は受けましたが・・・。
いかがでしょう?
因みに私は,待つのが苦手。

投稿: ct | 2006年5月30日 (火) 00時21分

>>piyoさん
コメントの意味,とても良くわかりますし,
「そうだよなぁ~」と思います。
>こんなこと思い浮かべた私は不謹慎でしょうか?
全然そんなことはないと感じます。
恋愛とキリスト教の説く愛は違うとおっしゃる方が多いし,
そういう考えを私も全面的には否定しません。
しかし,エロスとアガペーが正反対というのは間違えだと思います。
そもそも恋愛はエロス(求め合う愛)だけで成り立つものではないですよね。そこには与え尽くす愛(アガペー)の要素も入ってきます。
究極の愛はアガペーと言いますが,
恋人との愛がアガペーだけでは味気ない。
求められたいですからね。
こんなことを書いていると,じゃあ,神の愛って何?
とか考えちゃいます。
神様が愛してくださるだけでいいのだろうか?
神様を愛するってどういうことなのだろうか?
恋愛は,結構,真の愛の道へと繋がっています。
少なくとも私にはそう思えますし,
そういう道を通ってきました。

投稿: ct | 2006年5月30日 (火) 00時35分

>話は変わりますが,ネイチャーの「こさっちさん」は,結構待つことが上手でしたよね。
>もう一人の女性リーダーは「待つこと」があまり得意ではない感じを私は受けましたが・・・。
>いかがでしょう?
>因みに私は,待つのが苦手。

「待つ」ことに関して、
あの合宿ではあまり意識しないで過ごしていましたが、
思い返すに、
「わたしの木」での彼の待つ姿は、
とても印象に残っています。

・・・私も待つのは得意ではありません・・・(^^;

投稿: もー | 2006年5月30日 (火) 07時07分

ctさん、こんにちは。
前にこちらのブログを拝見していて、ヘンリー・ナウエンの名前を覚えていました。それでリンクをさせていただきました。
(この記事とはあまり関係がないリンク記事です。すみません。)

投稿: jyakuzuregawa | 2006年6月22日 (木) 16時18分

jyakuzuregawaさんへ
久しぶりのコメントをありがとうございます。
そちらのページも読ませていただきました。
ヘンリー・ナウエン神父は,すでに帰天して10年になろうとしていますが,
現代の世界3大霊的指導者と言われています。
あと2人は誰だか忘れました。
内1人は,他宗教(佛教,ヒンズー教,イスラム教のどれか忘れてしまいました)の指導者だったと思います。
ヘンリー・ナウエン自身,プロテスタント立の大学で教鞭をとっていましたし,他の面でもエキュメニカルな人だったようです。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ct | 2006年6月23日 (金) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/10285335

この記事へのトラックバック一覧です: 待つ:

» 福音を宣べ伝えなさい-カトリック西院教会- [心のさかば]
今日はカトリック西院教会(リンク先はHolyring)に行きました。第四日曜日 [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 01時49分

« 高1ゼミ『自分とつきあう』ネイチャーゲーム編 | トップページ | 愛 »