« 待つ | トップページ | 毎日が人生 »

2006年5月29日 (月)

「私には愛される価値なんかないんです。私は誰の役にも立っていないし,これまでだって何もしてこなかったし,人に迷惑ばかりかけてきた。だから,ホントに私には愛される価値はないんです」

そんな気分になることもあるし,ずっとそうとしか考えられない場合もあると思う。
でも,これが真理だとすれば,世の中に愛なんてなくなっちゃう。

|

« 待つ | トップページ | 毎日が人生 »

コメント

なにかの引用でしょうか?
似たような話があったと思って気づいたのが、福音の森の晴佐久昌英神父説教です(名前のところをクリックしてください)。よく読むと少し違いますが、タウンページに広告を載せられた際のとっても良いお話です。ここにも神様の愛があるんだと感じさせられました。

投稿: さかば | 2006年5月30日 (火) 02時32分

>>さかばさんへ
>なにかの引用でしょうか?
いいえ。今回は引用ではなく,直接話を聴いた人がおっしゃった言葉です。
ただし,私が答えた内容は,『それでもなお,人を愛しなさい』(ケント・キース 早川書房 2002年)に書いてあったことから影響を受けています。

投稿: ct(Magis) | 2006年5月30日 (火) 02時45分

ご回答ありがとうございます。
愛することは難しいですね、人を愛すのも難しい時があるし、時には自分を愛することも難しかったりしますね。この二つはどこかでつながっているように思います。どちらの場合でも、一番辛いときに愛せなくなりますが、そんなときに一番必要なのが「愛」ですよね。
ご紹介いただいた本も機会を作って読ませていただきたいと思います。

投稿: さかば | 2006年5月30日 (火) 08時36分

ロザリオコミュ管理人です!
早速伺いました、とっても素敵なブログですね。
ブックマークしましたのでちょくちょく覗かせて頂きます。
ここに書くのは適切かどうか、もし違っていたら大変申し訳ございません。
マジス様の学校ではロザリオの祈りなどは、宗教教育の中で触れていらっしゃいますか?
最近では余り教会の中でさえ、聞くことはなくなってしまったのですが。。。

投稿: まりあ | 2006年5月31日 (水) 00時33分

>>まりあさんへ
早速のご訪問とコメントをありがとうございます。
>マジス様の学校ではロザリオの祈りなどは、宗教教育の中で触れていらっしゃいますか?
これに答える形で今日(31日)のブログ記事を書いてみました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ct | 2006年5月31日 (水) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/10300642

この記事へのトラックバック一覧です: :

» 「逆説の10か条」それでもなお人を愛しなさい [Good News Collection]
「それでも人を愛しなさい」ケント・キース [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 22時56分

« 待つ | トップページ | 毎日が人生 »