« ノーズ | トップページ | 「鷲のよみがえり」 »

2006年8月12日 (土)

修道院へ

海キャンのシェアリング・ネイチャーの続きや長崎巡礼の報告がまだなのですが,
明日から,9泊10日(正味8日),魂の体操
(イエズス会創始者聖イグナチオの『霊操』)をするため,
軽井沢の修道院に籠もってきます。
携帯は持っていきますが,PCは持っていきません。
できるとしても短い記事のアップだと思います。
8日間,アルコール抜きの聖書漬け(?)
そして,完全黙想(まったく口を開かないことです)の時間が多くなると思います。

少しはまともになって帰ってきます(でしょうか?)

|

« ノーズ | トップページ | 「鷲のよみがえり」 »

コメント

とても羨ましいです。
お友達でもインドのブッタガヤ(?)にこもって、瞑想修行した話をききました。
私も人生で1度はそういう形で自分を見つめなおしてみたいです。
でも、たぶんつらい部分も多いと思うから、がんばってください。

投稿: ちくわ。 | 2006年8月13日 (日) 16時25分

>>ちくわさん

30分ほど前に軽井沢の修道院に着きました。
黙想が目的なのでユニットバス&トイレ付きの完全個室です。
部屋にあるものは机と椅子とベッドと洋服かけのみ。
窓からは木と空しか見えません。
午後5時からプログラムがスタートします。
ゆっくりと無理せず霊魂と向かい合いたいです。
もちろん専門の指導者・司祭が付きます。

投稿: ct | 2006年8月13日 (日) 16時38分

ctさん、中軽井沢はいかがですか?
その修道会のお部屋は、お風呂付き・トイレ付きで本当に過ごしやすい・黙想しやすい所ですよね

お聖堂の、グアテマラのマリア様についてのシスターの話が印象に残っていますが・・・

お部屋から日の出が見られたときには感動しました!
実りある霊操になりますようにお祈りしています

投稿: Lucia | 2006年8月13日 (日) 17時36分

ctさん、霊名記念日おめでとうございます。♪

お祝いの前に魂の大掃除ができて、ほんとうによかったですね。♪

投稿: jyakuzuregawa | 2006年8月24日 (木) 14時08分

>>Luciaさん

>お聖堂の、グアテマラのマリア様についてのシスターの話が印象に残っていますが・・・

そうそう。なんか不思議な話が残っているのですよね。
完全黙想のためお話は伺えなかったので,
説明の小冊子をいただいてきました。
でも,まだ読んでいないので,これから読みます。

>お部屋から日の出が見られたときには感動しました!

え~と,いつも不眠でね。
結構朝食ギリギリに起きていたので・・・。
起きると太陽はもうかなり高い位置にありました。

>実りある霊操になりますようにお祈りしています

ありがとうございます。
「まともになって帰ってきました」とある友人にいったら,
「えっ,それでは○○先生(私のこと)じゃないじゃん」と言われてしまいました。

最初の3,4日は長く感じたのですが,
真ん中以降はあっという間。
できれば,2倍くらい『霊操』し続けたかったです。

でも,そんなことしていたら,家族から見捨てられちゃいますね。
指導者のアモロス神父は,やはり国内では『霊操』指導ナンバー1だと思いました。
1日2回の講話もすごく良かったし,
2日に1回の霊的面接が,ものすごく良かったです。

これまで,2回,ヘルパーについて6ヶ月間の『日々の霊操』をしましたが,それとは比較にならないくらい『霊操』できました。

投稿: ct(Magis) | 2006年8月26日 (土) 23時01分

>>jyakuzuregawa さん

コメントのお返事大変遅くなりました。
8月24日が,私の霊名・使徒聖バルトロメオの祝日でしたが,私にそのことを祝ってくださったのは,
jyakuzuregawa さんお一人だけだったのです。だから,本当に,本当に嬉しかったです。
8/1~8/4まで長崎に生徒を引率して巡礼に行ったのですよ。
jyakuzuregawa さんは大分教区でしたよね。
大分には立ち寄ることができませんでしたが,
長崎にいる頃,「jyakuzuregawa さんは九州だったなあ」
なんてチラッと考えたりしましたよ。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ct(Magis) | 2006年8月26日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/11404604

この記事へのトラックバック一覧です: 修道院へ:

« ノーズ | トップページ | 「鷲のよみがえり」 »