« 「甲斐性なしで何が悪いんや」 | トップページ | ぼんやり »

2006年9月25日 (月)

大切なことは・・・

大切なことを知るのは いつでも悲しみと引き替え

大切なことは いつだっていちばん後に気がつく

一行目は,昔,「フォークの神様」と呼ばれていた岡林信康さんの歌の歌詞の一部で,多分,今から20年以上前のものだと思う。熱心なプロテスタントの牧師の息子として育った岡林さんが30代の頃に書いたものだと思うが,この歌詞を聴いた二十歳を過ぎたばかりの私は,初めて悲しみというものの本性をみたような気がしていた。若かった私は,「それならば大切なことはできるだけ知りたくない」といつも思っていた。しかし,大切なことは少しずつ知らされる。その数だけ,やはり悲しみも数えてきた。この曲の題名は忘れたが,この一行の歌詞「大切なことを知るのは いつでも悲しみと引き替え」は始終脳裏に蘇る。ここでいう「大切なこと」は,たとえば,肉親の死であったり,愛する人が去っていくことであったり・・・,であった。

二行目は,中島みゆきさんの『後悔』という歌詞の一部。これはまだ6年くらい前の歌だと思う。日々迷いはあるけれども,「いつでもその時点で最後に気がついたことが大切なこと」。そのように私はこの歌詞を受け取っている。因みに前後の歌詞は全然覚えていないので,歌全体の中で解釈すれば,そうでないのかもしれない。しかし,私にはこの一行しか耳に残らなかったので,しかたない。

ところで昨日,「大切なこと」に関することで,もう一つの側面を教えられた。

私たちは,社会生活においても,家庭生活においても,何かおかしいと思ったときには,そのことを言いたくなる。しかし,それを,

言ったからどうにかなるようなことは,実はあまり大切なことではない場合がほとんどでしょう?

と,ある方がさりげなくおっしゃった。私は,この言葉を聞いたとき,ハッとした。あまりにその通りだからである。大切なことは,それを言ったからといって(それを相手に伝えたからといって),実現するのではないのだ。言っただけ・伝えただけで変化するようなことは,実はあまりたいしたことではない。本当に大切なことを知って欲しかったら,もう,自分を超えたもの,すなわち,相手や神を信頼し,ただ黙ってその方(相手や神)に耳を傾け,見守るしかない。

しかし,もし,たった一つ,伝えられることがあるとすれば,私は迷いなく次の聖句を伝える。

両手がそろったまま地獄の消えない火の中に落ちるよりは,片手になっても命にあずかる方がよい。両足がそろったままで地獄に投げ込まれるよりは,片足になっても命にあずかる方がよい。両方の目がそろったまま地獄に投げ込まれるよりは,一つの目になっても神の国に入る方がよい。(日本聖書協会 新共同訳聖書 マルコ福音書9章43節~47節から抜粋引用)

イエス様の言葉である。この箇所を読んで,「そんなにまでして生きなければならないのか。キリスト教は厳しいなあ」と思われる方もおられると思う。しかし,私には,ここは,恵みの言葉に聞こえる。それは,「あなたには人間的な目で見れば大切なものが欠けているけれど,神から見れば逆に大切な光が備わっている。だから,生きていって良いのだ。いや,むしろだからこそ生きていって欲しい。あなたの命にはそれほどまでに特別な価値がある」と聞こえるからだ。

考えてみれば,いわゆる健常な体や心を当たり前と考える傾向が私たちにはある。しかし,この「当たり前」と思う人の傾向こそ,神様を隠し,神の国から人を遠ざける。

カウンセラーの諸富祥彦先生が,「人には何か欠けているものがないと本当の幸せは来ない」と言っていたことも思い出した。

最後の最後に知る大切なこととはいったい何なのだろうか?それもやはり悲しみと引き替えに手に入れるのだろうか?そうではないような気がしてならない・・・。

|

« 「甲斐性なしで何が悪いんや」 | トップページ | ぼんやり »

コメント

今の心境のわたしにとって、
非常に非常に重要な記事です。
これを印刷して、明日電車の中でじっくり読ませていただきます。
tbありがとうございました。
hawa

投稿: hawa | 2006年9月25日 (月) 01時28分

最近、後悔だらけの毎日だったので、
なんかグッと来ました。

投稿: erhi | 2006年9月25日 (月) 23時10分

>>hawaさん

コメントとTBありがとうございます。
そちらのブログにもちょくちょくお邪魔しています。
9月最後の週。
2学期のスタートダッシュの疲れが出てくる頃ですね。
お互いにやすみやすみ歩んでまいりましょう。

投稿: ct(MAGIS) | 2006年9月25日 (月) 23時24分

>>erhiさんへ

コメントありがとう。
大変な日々を送っておられるのですね。
神様のご加護がありますように。

投稿: ct(MAGIS) | 2006年9月25日 (月) 23時26分

鹿子さんのトコからお邪魔しました。初めまして!
ハッとさせられました。

>本当に大切なことを知って欲しかったら,もう,自分を超えたもの,すなわち,相手や神を信頼し,ただ黙ってその方(相手や神)に耳を傾け,見守るしかない。

あーそうなんだ。そうだったんだ、そうだよー・・・と今更ながら。
言わなければ分からないだろうと思ってギーギー言ってたけど
言えば言うほど状態は悪化してまして
どうしたもんかなーと思ってた所でしたので。
自分でなんとかしようと思ってたんですね@自分
主に拠りたのみ。ですね(^^
ありがとうございました!

投稿: nanana0909 | 2006年10月10日 (火) 19時42分

>>nanana0909さんへ

はじめまして。鹿子さんのところからのご訪問ありがとうございます。

>言わなければ分からないだろうと思ってギーギー言ってたけど
>言えば言うほど状態は悪化してまして
>どうしたもんかなーと思ってた所でしたので。

こういうことってよくありますよね~。
僕もしょっちゅうですよ。

>主に拠りたのみ。ですね(^^

本当にそうですね。
nanana0909さんからのコメントをいただいて,
改めて,自分自身もそうしようと思いました。
感謝です。

投稿: ct(MAGIS) | 2006年10月13日 (金) 18時14分

今日、関根一夫さんという牧師のホームページを見ていたら、岡林信康について書かれていました。「私的生き方文庫」というコーナーの10月3日です。牧師の息子という共通点があるそうです。是非読んでみてください。

投稿: You | 2006年10月15日 (日) 23時56分

>>Youさんへ

貴重な情報をありがとうございました。
早速,紹介していただいたブログを探し,読んでみました。
岡林さんのことは,いつかゆっくり書きたいと思っています。
拓郎ファンはやめてしまいましたが,
岡林ファンは未だに続けています。

投稿: ct(Magis) | 2006年10月17日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/12027987

この記事へのトラックバック一覧です: 大切なことは・・・:

« 「甲斐性なしで何が悪いんや」 | トップページ | ぼんやり »