« 「欠けている」という恵み | トップページ | 低みに立つ »

2006年10月18日 (水)

はがれかけた鱗

061018 「1発も弾を撃たずイラクでの人道復興支援活動を完遂し、全員が無事帰国できてうれしい」
この言葉は,ある日本人が,約3ヶ月前に口にした言葉です。「戦死者ゼロ」とも報道されました。
私はとても驚いてしまったのですが,このことをリアルタイムでブログに書くことを躊躇しました。
なぜ,躊躇したのか。その答を,ある著書の中に発見しました。

日本のような国で流れに逆らってものを考え生きていくことは,とてもエネルギーを必要とする(高橋哲哉・斎藤貴男『平和と平等をあきらめない』晶文社 2004年 p.130)

私には,このエネルギーがなかったのです。

暗い水の流れに 打たれながら 魚たち のぼってゆく
光ってるのは 傷ついて はがれかけた鱗が 揺れるから
いっそ 水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば 楽なのにね
やせこけて そんなにやせこけて 魚たち のぼってゆく

23年前に中島みゆきさんが書いた『ファイト!』という歌の一節です。
著作権法に抵触するくらい長く引用してしまいましたが,
もともとの歌が長いので,ご勘弁を。

私は,この中の「光ってるのは 傷ついて はがれかけた鱗が 揺れるから 」というところが大好きなのです。
光っている人,傷ついている人を見ると,この歌を思い出します。
また,自分が(たま~に,稀~に)光っているとき,傷ついているとき,この歌を思い出します。
そして,自分に「ファイト!」と声を掛けます。
しかし,他人には「ファイト!」とは言いません。
その代わり,「大変だね~」と声を掛けるように努めています。

それは,私が辛かったとき,掛けてもらった言葉の中で,この「大変だね~」という言葉が最も有り難かったからです。幸いにも私はこのように声を掛けてくださる上司のもとで働いています。

さあ,エネルギーのない私に自分で,「大変だね~」,「ファイト!」と声を掛けたいと思います。

戦死者ゼロ。

イラクへの派兵で自衛隊員に自殺者が増えたという報道があります。

2004年に出版された『平和と平等をあきらめない』p.132にこう書いてあります。

|

« 「欠けている」という恵み | トップページ | 低みに立つ »

コメント

お気に入りの一曲で、よく聞いていました。人生に流される人間の弱さをさらけ出した歌詞のあとに、

ファイト! 闘う君の唄を闘わない奴等が 笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中をふるえながら のぼってゆけ

と続きますね。この、「ファイト!」が体育会系でなく、耳元でささやくような、目を見て励ますような「ファイト!」で、何度も聞いてしまいました。

実は、ここのところどう書くべきか悩んでいる記事があります。自分で自分にささやいてみます。

投稿: さかば | 2006年10月18日 (水) 23時09分

自分には「ファイト!」他人には「大変だね」ですね。私も他人には「困ったねー」を二人の間において、結論は出ないけれど一緒に「困る」状態を分かち合えたら、と思っています。

投稿: みちる | 2006年10月19日 (木) 06時30分

「ファイト!」
ですよね。
「身をよじりながら 束縛というなの鎖を ほどいていく」

が好きです。

投稿: りまま | 2006年10月19日 (木) 21時20分

>>さかばさん

>この、「ファイト!」が体育会系でなく、耳元でささやくような、目を見て励ますような「ファイト!」で、何度も聞いてしまいました。

そうなんですよ。ここがすごく重要なんですよね。
根性系ではないファイト。
そうか,さかばさんのいうように
「耳元でささやくような」ファイトだから,私にも
受け容れられたのですね。

投稿: ct(Magis) | 2006年10月19日 (木) 22時14分

>>みちるさん

>自分には「ファイト!」他人には「大変だね」ですね。

そうなんです。
けれど,この「ファイト!」はあくまで中島みゆきさんの歌風,
(さかばさんのいう「耳元でささやく」ファイト)です。
極論すれば,聖霊の力に助けを求めることに近いのかもしれません。

投稿: ct(Magis) | 2006年10月19日 (木) 22時20分

>>りままさん

そうですね!
身をよじりながらという感覚が僕にも響きます。

「諦めという鎖を 身をよじってほどいてゆく」

ですね(^。^)

投稿: ct(Magis) | 2006年10月19日 (木) 22時23分

何々?元気がないんですか?

じゃ、私からも「ファイト!」

・・・んーー・・・それより、
「そーゆーときは、それでいいじゃん」・・・かな?

投稿: もー | 2006年10月20日 (金) 00時40分

>>もーさん

>何々?元気がないんですか?

ご心配くださいましてありがとうございます。
そんなことはないのですよ。
ただ,忙しいときは,「ファイト」と自分で自分に
ささやいていない(励ますのとはちょ~っと違う)と
もう年齢的にきついのですよ。

写真展開催おめでとう。
うまく日程があって,みんなと会えると良いんだけど。

投稿: ct(Magis) | 2006年10月20日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/12333218

この記事へのトラックバック一覧です: はがれかけた鱗:

» 教会の一致と平和 - 聖アウグスチヌスの思想 - [心のさかば]
聖アウグスチヌスの続きです。Wikipediaによると アウグスティヌスの思想的 [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 08時48分

« 「欠けている」という恵み | トップページ | 低みに立つ »