« 『マイ・クレヨン』 | トップページ | 『日本の父へ』 »

2006年11月30日 (木)

「それぐらい気にしなきゃいいのよ」?

明治大学の諸富祥彦先生の著作は,
私のものの考え方に大きな影響を与えています。
この夏には諸富先生のワークショップにも参加し,
益々,先生が第一人者として研究・啓蒙活動をなさっている
人間性心理学(第三の心理学)や,トランスパーソナル心理学にも興味を持つようになりました。

その諸富先生が,昨日は千葉県内で講演をなさったそうです。
講演内容は,現在を生きる子どもから大人までの多岐の話題にわたったようですが,
諸富先生は持ち前のユーモアを交えながら,
各発達段階で若者(あるいは大人)が突き当たる心理的な壁のやり過ごし方を述べられた様子です。

しかし,昨日の講演では,冒頭にいじめに関する問題も取り上げたそうです。
そこだけは,ユーモアを交えずに話されたそうです。

参加された方からの報告によりますと,
もし,子供がいじめられていることを親に(教師にでも同じでしょうが)話した場合,
絶対言ってはいけない言葉3つを教えて下さったそうです。

第一「それぐらい気にしなきゃいいのよ」
第二「もっと強くなりなさい。あなたがもっと強くなればいいのよ」
第三「あなたにも悪いところがあるんでしょう」

(都知事さんの発言を思い出しました)

子どもにも,プライドがありますし,また,
親に心配をかけたくないという「よい子」反応から,
学校などで周囲からいじめられてもなかなか親には言いません。
したがって,子どもが親にいじめられてることを話すということは,
悩んで悩んで悩み貫いて一大決心をして話す訳です。
そんなときに,上のような三つの言葉を親から言われたら,
ああ,親に話してもわかってくれない(=話しても無駄だった)と思い
もう2度と話してくれなくなる可能性が大です。

また,第三の「あなたにも悪いところがあるんでしょう」 というのは特にひどい言葉です。
一昨日もテレビで,六占星術師とかいうタレントが,
「いじめられている側にも原因があるの」なんて平然と話していましたが,
なんという強者的(または自分の弱さを徹底的に隠蔽した)発言でしょう!

とにかく,親は子供の相談に対しては,一緒に大変なことだと大騒ぎする。
大変だという気持ちで,一言も聞き漏らさずよく耳を傾ける。
しかし,大騒ぎをするときに,子どもと一緒に揺れ動くのではない。
自分も揺れてしまうと,揺れが増幅されてしまいます。

この大変な時代を生きぬくには,
この時代に合ったタフさを身につけることが重要です。
そのためには,かつてのような,精神論・根性論を説くだけでは,
まず,ほとんど通用しません。

この時代を生きぬくタフさ。
それは以前にも書きましたが,早めに弱音を吐くこと。

だから,学校や家庭の中は,安心して弱音を吐ける場でなければ。
そのためには,お父さん,お母さんが,
今日会社や他人との付き合いで生じたいや~な感じを,
お互いに愚痴り合ったらいいと諸富先生は話されていたそうです。
そんな雰囲気が家庭にできれば,
子どもたちも安心して家で弱音を吐けるということなのでしょう。

学校でもどんどん生徒に弱音を吐いてもらいたいと願っています。

|

« 『マイ・クレヨン』 | トップページ | 『日本の父へ』 »

コメント

昨日、聖書研究会でシスターや他のお母様方と分かち合いを致しました。その場でいじめについてのお話も出ました。いじめについては周りの大人たちの冷静な判断と行動(実行)が一番大切ではないかと思います。いじめと一言でいっても、子どもの成長に必要なぶつかり合いも全て取り上げてしまうのはどうかなと考えることもあります。避難が必要ないじめはもはや犯罪と言わざるをえません。私の娘が幼稚園の頃、お風呂に入ってアザのあるのに気付き尋ねましたが話しませんでした。しかし、何度も何度も色々な方向から尋ねてみると、隣の席の男の子から時々つねられていると告白しました。早速、幼稚園で先生にお願いし座席を替えていただいたところなくなりました。小さな頃から、どんな時でも親(大人)は貴方を見守っているよというメッセージを続ければ子どもは信頼し話をしてくれるようになるのではないでしょうか?大人たちに失望させないように心がけたいと思います。

投稿: タメ | 2006年11月30日 (木) 07時51分

私もこの記事に非常に同感です。
諸富先生の話は本当にいつも勉強になります。
それは、先生自身が体感したことをかみ砕いて「具体的に」私達に言葉や行動で示してくださるからだと思います。

こういう姿勢が、政治の世界にも広がって欲しいものです。
こちらからもTBさせてください。

投稿: コマちゃん | 2006年11月30日 (木) 22時59分

>>タメさんへ

コメントをありがとうございます。

>どんな時でも親(大人)は貴方を見守っているよというメッセージを続ければ子どもは信頼し話をしてくれるようになるのではないでしょうか?

はい。その通りだと思います。
しかし,心理学的にいうと,
(というよりも諸富先生のワークショップでうかがったところによると,)
子どもは,実体験ではなく,心的体験で育っていくのだそうです。
つまり,実際に親に愛されたかではなくて,その子が親の愛を感じたかどうか。
実際に大切に扱われたかではなくて,その子が大切に扱われたと思えたかどうか。
実際に見守ってもらったではなくて,その子が見守ってもらっていると感じられたかどうか。
それぞれの後者の方によって,子どもの成長は規定されるのだそうです。
この辺は押さえておいた方が良いポイントだと思います。

投稿: ct(magis) | 2006年11月30日 (木) 23時15分

>>コマちゃんへ

コメントとTBをありがとうございます。

>こういう姿勢が、政治の世界にも広がって欲しいものです。

本当にその通りですね。
現実には残念ながら,ヤンキー先生やら,
居酒屋の社長さんやらが,どんどん教育委員となり,
ひたすら自分の体験に引き寄せて考えたり,
市場原理と教育原理を混同したり。
あるいは,「成功」とか「コーチング」とかが
教育現場の研修に入ってきたり・・・,
という具合で・・・。
この国の公教育は,終焉期を迎えているような気がしてなりません。

投稿: ct(magis) | 2006年11月30日 (木) 23時21分

>>のんちさん

はじめまして。
TBありがとうございます。
のんちさんのブログにも顔を出させていただきました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: ct(Magis) | 2006年12月 1日 (金) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/12874781

この記事へのトラックバック一覧です: 「それぐらい気にしなきゃいいのよ」?:

» 何か違わない?その2 [本日のおすすめメニュー]
先日の「何か違わない?」にたくさんのご意見ありがとうございました。 そうですね、まずは「いじめる側」を認めない、その姿勢は大事だと思います。 だから「出席停止」は意味がないとは言いません。これも必要だと思い... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 23時01分

« 『マイ・クレヨン』 | トップページ | 『日本の父へ』 »