« I Want to ・・・ | トップページ | こころって? »

2006年12月26日 (火)

どうして自分にはできないのだろう?

どうして私には○○ができないのだろうか?
こんな嘆きをよく耳にします。

○○に入る言葉は,人それぞれ違います。
また,同じ人でも,時によって変わります。

それができないことは,時として,その人にとって,
とても大きな問題となります。
悩んだり,嘆いたり,劣等感を感じたり,焦ったり。
それくらいならいいのですが(そうはいうものの辛いです),
○○ができないことで,将来が閉ざされた気持ちになり,
どうやって生きていこう,もう生きることはできない,
そんな気持ちにさえなったりします。

しかし,人は生きていくことはできます。
どうにかすれば生きてはいけます。
ただ,死んでしまうこと以外のすべてを受け容れれば。
ところが,これが最も大変な精神の作業。
だから,受け容れられない自分を確認することも大切なプロセス。
これこそが,人間に与えられた精神の自由です。
「受け容れ」の心理学者(正確には精神科医)としての第一人者は,V.フランクルだと思います。
彼だって,「すべての出来事に意味がある」とは言っていますが,
「すべての出来事を受け容れよ」とは言っていないと私は読んでいます。

People always make the best choice availabke to them at all time.
(誰もがはいつでもその人ができる限りの最善の道を選んでいる)

有名な心理学者の言葉です。

その人なりの最善の道,最善の生き方。
それこそが,本当の最善の生き方なのではないでしょうか。
もし,すべての人に共通の最善の生き方があるとすれば,
人生をはかる尺度はたった一つということになり,
その達成度の優劣だけで人の価値が決まってしまいます。
そうだとすれば,なんと人生とは味気ないものとなることでしょうか。

どうして自分にはできないのだろう?
この発想の裏には,どこかに,自分も他人と同じでなければならないという
イレイショナル・ビリーフ(誤った固定観念)があります。

今日,一生懸命働いている人も,
今日,一日布団から出られなかった人も,
それは,今日のあなた(私)にとって,ベストチョイスなのです。

そして,状況はいつ変わるかわかりません。
しかしそれもまたベストチョイスと成り得ます。

要は精神がどれだけ自由でいられるかということだと思います。

|

« I Want to ・・・ | トップページ | こころって? »

コメント

こんにちは。
「どうして自分にはできないのだろう?」こう悩む内はごく普通の精神状態で、健全なのかもしれません。
ただ悩みの内容や質にもよるから、一概には言えないと思いますが。
でももし悩まなくなったら、悟りを開いているか、もう諦めてどうでもいい状態だと思います。

>どうして自分にはできないのだろう?
>この発想の裏には,どこかに,自分も他人と同じでなければならないという
>イレイショナル・ビリーフ(誤った固定観念)があります。
自分達にありがちな横並び思考、つまり他とは違った考え方や物は、なかなか受け入れられないことが、こういった悩みの原因の一つかもしれないです。

投稿: のんち | 2006年12月27日 (水) 21時39分

>
今日,一生懸命働いている人も,
今日,一日布団から出られなかった人も,
それは,今日のあなた(私)にとって,ベストチョイスなのです。

私もそう思います。
私は今日残業調整と称して午後出社する予定です。

私は働いていますが、毎日一生懸命なわけではありません。

今、病気で働けない人とサイクルが違うだけで、大差はないと思います。
(病気の人は年単位や月単位でゆっくりするけど、私は日単位でゆっくりする。それだけの違いです。)

今日は仕事納めです。従来は私の会社はフレックス禁止日になっていたのですが、今年は仕事の状況にあわせてdフレックスを使ってもOKになりました。
それなのに、私の同期の係長(女)は、「うちの部署としては来るべき」とか意味不明な事を押し付けます。
私はこういう人間には徹底して反発します。まあ、役職も同じですから大したことではないのですが・・・。

この人は自分の部下(といっても大先輩の女性)にも22時を過ぎたら残業をつけないように言います。
だから、私は言ってやりました「仕事をしているのに、会社に残っているのに、残業をつけない人は偉くない。会社のルールを守れない、困った人という評価しかされない。」

そうです。良心的な会社だと思っています。
働いたら働いた分残業をつける。
休みたいときは休む。
メンタル系の病気の人は希望があれば部署を変えてくれる。

会社の方針はそこそこ悪くないのに、こういう輩がいるからおかしくなる人がでる。他の人と同じようにできない自分に悩む人が出る。

自分の自分に合ったCHOICEを日々することが、自分を守ることだと改めて気づくことができました。
ありがとうございました。

投稿: piyo | 2006年12月29日 (金) 09時19分

>>のんちさん

コメントをありがとうございます。

>自分達にありがちな横並び思考、つまり他とは違った考え方や物は、なかなか受け入れられないことが、こういった悩みの原因の一つかもしれないです。

本当にその通りですね。
教育界に目を向ければ,「個の尊重」と「ゆとり教育」はセットで導入されました。
マスコミ報道でも知らされている通り,
そのどちらもが失敗に終わったということになっています。
本当の「ゆとり」や「個」を拒否した国民性が見え隠れします。
残念です。

投稿: ct | 2006年12月29日 (金) 21時39分

>>piyoさんへ

仕事納めが終えた頃でしょうか?
一年間お疲れ様でした!

piyoさんの会社は,メンタル面で理解のある会社なのですね。
でも,
>「うちの部署としては来るべき」とか意味不明な
発言をする輩がいるとか。
う~ん。
どこにでもいますね。
根性論だけで生きている人が。

聞き流したいものです。

投稿: ct(MAGIS) | 2006年12月29日 (金) 21時44分

こんばんわ。マジス様。
今頃海外ですね。

そうです、うちの会社は割りと(男尊女卑傾向はありますが)メンタル系のことには理解が深いと思います。
うちのぶしょにも沢山おられます。
そして、他の部署でいじめられて戻ってきた人、うちの部署の仕事が会わなくて精神を病んででていったひと、さまざまです。
でも、基本的に社員が適材適所で働けるようにしてくれているとおもいます。
でも、たまに根性論を押し付ける奴がいます。でも、こういう奴に限って自分はサボります。

自分に正しいチョイスをしていきたいです。

投稿: piyo | 2006年12月30日 (土) 01時20分

>>piyoさま

再びのコメントをどうもありがとう!
根性論には閉口ですね。
piyoさんのコメントにはいつも救われます。
お互いに正しいチョイスをしていきたいですね。

投稿: ct(magis) | 2006年12月30日 (土) 06時40分

「できないお陰でできもする(出来ない能力)」板倉聖宣さんの言葉。
ファラデーは数学ができなかったから,新しく「電磁気学」をつくることができたんだって。以上『発想法かるた』(仮説社)より
「できない能力」って考え方すると気持ちいいです。

投稿: やぎちゃん | 2007年1月 6日 (土) 15時02分

>>やぎちゃんへ

おけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ブログにコメントをいただけたことを大変嬉しく思います。
仮説実験授業の板倉先生の視点は素晴らしいですね。
私も学生のとき,理科教育法は笠耐先生だったので,
仮説実験授業はずいぶん体験しました(させられました)。
『科学と方法』,『ぼくらはガリレオ』,『仮説実験授業入門』の3冊を課題として読まされました。
あと,「コックリさんはなぜ動くのか」なんていう小論も読んだ記憶があります。
大学を卒業し数学教師になった後も,しばらくは『たのしい授業』を購読していました。
最近では,ミニ授業書『靖国神社』なんていうのも見かけました。
近くに板倉聖宣さんに詳しい人がいることが嬉しいです。
『できない能力』て,ちょっと微妙な言葉ですが,
できないことによって得られるものと考えれば良いのでしょうか?
先日あるひとが「『マイナスの効力』なんていう言葉自体がおかしい」と言っていたのが少し気になります。
本年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: ct(magis) | 2007年1月 6日 (土) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/13214038

この記事へのトラックバック一覧です: どうして自分にはできないのだろう?:

« I Want to ・・・ | トップページ | こころって? »