« 焼きいも大将 | トップページ | そんな重荷に耐え続けることはできない »

2006年12月 9日 (土)

「弱音を吐けば道は開ける」

タイトルの言葉は,今日,午前中に
NHK教育テレビの『親と子のTVスクール』に出演された
諸富祥彦(カウンセラー)先生が,番組の最後に視聴者に訴えかけたメッセージです。
お話しの内容は,このブログの11月30日に書いた諸富先生の話と重なる部分が多かったです。
最近,諸富先生は,特に弱音を吐くことの大切さを強調されています。
今日のお話しのテーマも『親子が弱音を言いあう関係づくり』というものでした。

以前にも書きましたが,私も早めの弱音が有効だと思います。
先日も,ある同僚同士が愚痴を言い合っているのを見ました。
私の職場環境は恵まれた方だとは思うのですが,
だからといって完全なものではありません。
当然,いやなことや納得のできないこと,凹むことはあります。
そんなとき,互いにグチグチ言い合うことはとても良いことだと思います。
愚痴を言い合い,聴き合いながら,その同僚二人は階段を降りていきました。

一歩ずつ階段を降りていく姿を見ながら,
少しずつ弱音を吐き合うことは,身を守ることだなあと思いました。

一歩ずつ階段を降りずに,何段か飛ばして降りるのは危険です。
そして飛ばす階段数が多ければ多いほどうまく着地できない可能性が高まります。
着地点まで到達できずに,途中の段に躓き,大怪我をする。
なんとか着地点までは到達できたが,着地のショックが大きすぎ,
止まれずに,下まで転落する・・・・・,などなど。

心も同じです。
溜め込んでしまうと,全部吐き出そうとしても吐き出しきれず,
不全感が残り,他の症状を併発したりします。
逆に一気に吐き出したとしても,それが危険な形で現れる場合があります。
だから,弱音は小出しに。
できれば毎日少しずつ吐き出したいものです。
諸富先生は一日5分,愚痴を言い合い聴き合う時間を
家庭で作ったらいいと今日の番組で仰っていました。

寒くなって風邪が流行ってきました。
「風邪には早めの○○が効く」ってCMがありましたよね。

君には(僕にもですが)早めの弱音が効きます。

|

« 焼きいも大将 | トップページ | そんな重荷に耐え続けることはできない »

コメント

自分もしょっちゅう同僚に愚痴をこぼします。
上司への愚痴とか、上司への文句とか、上司の陰口とか
すっきりしますねえー

でも、あまり言い過ぎるのもどうかなあという感じもしますが・・・

上司の前では、ピカピカの笑顔なんでOKですかねえ???

投稿: 那須くま | 2006年12月 9日 (土) 19時22分

私もしょっちゅうぐちいいます。
ぐちぐち言っているとすっきりしてきます。
聴いてくれる人はたまったもんじゃないだろなとおもいますが。
聴いてくれる人に感謝です。

こうやって自分をまもっているんでしょうね。

投稿: piyo | 2006年12月 9日 (土) 19時26分

>>くまさんへ

コメントをありがとうございます。
愚痴,陰口,文句とどれもニュアンスが違いますね。
要は,それが,「弱音」になっているかどうかです。
たとえば,他人を陥れるようなことは「弱音」ではありませんよね。

「弱音」(かどうか)チェックが必要ですね。

投稿: ct(Magis) | 2006年12月 9日 (土) 20時20分

>>piyoさんへ

コメントありがとうございます。
弱音が吐けるのも聴いてくれる人がいるからこそですね。
おっしゃる通り,聴いてくれる人に感謝ですね。

投稿: ct(magis) | 2006年12月 9日 (土) 20時21分

こんにちは。
弱音を吐くことで、自分の中で整理がついて
どうしたらいいのか、どうしたいのかがはっきりすることって
あると思います。

独身の頃は夕飯を食べながら、家族で「今日はああだった、こうだった」と
あれこれ話しながらでした。
諸富先生の言うところの「親子が弱音を言い合う関係」ができていたのかも
しれませんね〜。
夫は仕事柄(薬剤師)あまり仕事の話をしないので、ちょっと心配です。
夫婦にも「弱音を言い合う関係」づくりを!ですね。

投稿: ソラ | 2006年12月 9日 (土) 22時24分

>>ソラさんへ

コメントをありがとうございます。

>弱音を吐くことで、自分の中で整理がついて
>どうしたらいいのか、どうしたいのかがはっきりすることって
>あると思います。

ああ,なるほど。その通りですね。

>夫は仕事柄(薬剤師)あまり仕事の話をしないので、ちょっと心配です。

ふんふん。

>夫婦にも「弱音を言い合う関係」づくりを!ですね。

そうそう。
私もそうできるように努力中ですよ。


投稿: ct(MAGIS) | 2006年12月 9日 (土) 22時42分

本当は昨日書くつもりでした。なんて絶妙なタイミングでこの記事なんだと。
もうすぐ我が東海落研の1年生は落語の試験があるのですが、もうずっと落語に夏合宿以来伸び悩み体調を崩すまでになりました。
そんな時この記事を見て少し救われました。
またミクシィで連載中の自序伝読んでコメント下さい。

投稿: ナギサ | 2006年12月10日 (日) 20時55分

すみません。これは昨日の記事のコメントです。

投稿: ナギサ | 2006年12月10日 (日) 20時56分

何度もごめんなさい。下の記事ははスルーして下さい。

投稿: ナギサ | 2006年12月10日 (日) 20時57分

>>ナギサさん

コメントをありがとうございます。
落研のことで体調まで崩されているとのこと,
心配です。
ナギサさんのミクシィの方にも見に行ってみますね。

投稿: ct(Magis) | 2006年12月11日 (月) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/12996226

この記事へのトラックバック一覧です: 「弱音を吐けば道は開ける」:

« 焼きいも大将 | トップページ | そんな重荷に耐え続けることはできない »