« バックミラー | トップページ | 「役割解除」 »

2007年1月11日 (木)

プレイバックシアター初体験

私のブログのカテゴリーに「サイコドラマ」というのを今年から追加しました。
サイコドラマ(PSYCHODRAMA)は,モレノ(1889-7974)という精神科医が創始した,集団の力を利用したアクション系のセラピー(非言語集団療法)の一つです。
この歳になっても新しく知りたいこと,やりたいことが多すぎて,ちょっと困ってしまいます。
実際,昨日も今日もアフター・ファイブに,それぞれ結構大事な予定が入っていたのですが,どちらも前日にスケジュールを変え,昨日は,サイコドラマのオープングループに参加し,今日は,プレイバックシアターの夜間ミニ講座の参加してきました。前者は私の方から「ディレクター」にアポを取り,後者は,当日の「コンダクター」から直接お誘いを受けたので行ってきました。

サイコドラマも,プレイバック劇も,いわゆる心理劇に分類されるものです。因みにヒッチコックの映画「サイコ」とは無関係です。

どちらの内容もそれぞれの良さがあるのですが,プレイバックはとにかく楽しめました。

そして,参加者については,今日のプレイバックシアター(ある人の体験話を聴いて,それを他の人が即興で演じる劇です)体験講座は,最高でした。
9人で,性別は女性6,男性3。年齢は(多分)20歳代後半から50歳前後。
職業的には,他から給料をもらって生活しているのは私ひとり。
他は,みんな独立して,有機野菜の販売している人,いろいろな集団療法の資格を持っているので,それらのワークショップの講師が生活の中心の人,そのようなワークの企画が生活の中心である人,セラピストとして開業している人,無職でこれから何かやろうとしてスピリチュアル(テレビに出てくるようなものを想像なさらないでください)な世界をいろいろとめぐっている人,・・・・。

今回のプレイバック劇体験。私はテラー(体験を語る人)にもなったし,アクター(演じる人)にもなり,いろいろなことを感じました。

一番大きく感じたことは,「ここにいる人たちって,好きだな~」ってことです。

そもそも,こんな,平日夜に開かれる講座に片道1時間以上もかけてやってくる人は,やっぱり,世間から,からだ半分はみ出した人たちです。でも,参加者の大部分は初体験の即興劇を演じました。これは身体感覚のわかる人たちだったからだと思います。

今日のメンバーではありませんが,誰かが,「柔軟性のある人」とは「身体感覚をわかる人だ」と言っていました。さらに,柔軟性に応じて出会う人のレベルも違うとも言われています。

必然的な出会いは楽しい雰囲気を作ります。その楽しさが脳を活性化させることは言わずもがなです。
よく,追い込まれたときに,人は本性を顕すといいますが,
楽しい中でこそ,人は自分に対しても,他人に対しても,より気楽で本物に近いアプローチをすることができます。そのようにして,本性も鍛えられていく気がします。
しかし,半面,一人で孤独に戦うことが必要な時期もあります。
それらの時期や期間は人それぞれだと思います。

直接自分と向き合ったり,他人を通して自分を知ったり・・・。
いろいろなアプローチがありますが,
自他とのアプローチを深めることによって自他と深く出会います。
そのプロセスで,自分が抱えている問題そのものを変えることはできません。
しかし,それへの関わり方を変えることは可能です。

つまり,事実は変わらなくても,自分の行動を変えることは可能なのです。

自分を変えるって,ひょっとしてこういうことなのかもしれません。

|

« バックミラー | トップページ | 「役割解除」 »

コメント

お疲れ様でした。

からだ半分はみ出した…りょうちゃんです(^^ゞ
私もお給料頂いてますよ~。
マジスさんの日記…凄くいろいろなものが伝わってきます。

昨日のこと…サマンサの日記に書いてあります。

私にとって昨日のプレイバックは…今日に繋がっていました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=316354509&owner_id=993938&comment_count=4

またお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: りょうちゃん | 2007年1月13日 (土) 00時53分

世間からはみ出してというより、「場」を提供することが楽しくて、気がついたら主催者になっちゃった人です(笑)

マジスさんの感性の鋭さに驚きでした~。

あんな感じで楽しい体験と交流の場を提供していますので、
タイミング合えばぜひ御参加下さいませ☆

投稿: タミー | 2007年1月13日 (土) 01時50分

>>りょうちゃんへ

コメントありがとうございます。

>私もお給料頂いてますよ~。

あっ,そうでしたか!
私が誤解していたようです。
「ファミコン」で独立しているのかと思っていました。

サマンサさんの日記のコメント欄で,
翌日のロールと仕事で,プレイバックシアター体験が,
即,活きたとのこと。
良かったですね。
こんどは「ファミコン」教えて下さいね。

投稿: ct(MAGIS) | 2007年1月13日 (土) 10時24分

>>タミーさんへ

楽しく,かつ,有意義な場所を提供して下さってありがとうございました。
また,何かでご一緒できればと思います。

投稿: ct(MAGIS) | 2007年1月13日 (土) 10時31分

私は現在ファミリーコンステレーションの勉強中で二期生です。サマンサはその同じ二期生です(サマンサは一期から学んでいるので先輩でもあります)

ファミリーコンステレーションは…とても深い細胞レベルの癒しとでもいうのでしょうか。。。

ファミリーコンステレーションを受ける準備のできた人が働き掛けを受ければ…元の慣れ親しんでいた自分には戻れなくなります。

詳しくは…

http://www.hellingerinstitutejapan.com/

投稿: りょうちゃん | 2007年1月13日 (土) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/13447526

この記事へのトラックバック一覧です: プレイバックシアター初体験:

« バックミラー | トップページ | 「役割解除」 »