« 「役割解除」 | トップページ | 悲しみに蓋をするために・・・ »

2007年1月13日 (土)

理解するよりも大事にすること

タイトルは,私がコミュニケーションの基本においているものです。
なぜならば,人はそれぞれ価値観が異なり,互いに理解しあうことには限界があるからです。
たとえば,私には,私が大切にしている宗教観に関して,私とは180度見解を異にする友人が結構います。
しかし,彼等とは,人によってはもう何十年の付き合いが続いています。

そうは言ってはみたものの,理解できない信念を持った人を大事にすることは,・・・,
やはり,かなり難しいです。

相手の価値観を,否定も肯定もせずに,そのまま受け取るというワークを何度も体験してきましたが,
実際の世では,「価値観を受け取る」ということと「その考えを肯定する」ということを区別出来る人の方が少数派だからです。

さて,どうしよう。

|

« 「役割解除」 | トップページ | 悲しみに蓋をするために・・・ »

コメント

私はいろいろな人に出会えることが大好きです。

私はそのいろいろな人から話しを聴くのが大好きです。

その人の生きてきた話しやどういう考えの人なんだろうと興味シンシン。

今の私に大切なメッセージがあったり…

理解や受け入れは考えてないかも…(._.)アバウト過ぎ?

ただ…出会えたことはギフトで、どんなことに繋がっていくのか凄く愉しいんです(^O^)

私の理解を越えている流れにいつも感謝しています。

愛する人に出逢えたことに感謝しています。

心から有難うって想っています。

投稿: りょうちゃん | 2007年1月14日 (日) 09時29分

価値観を受け取ることと、その考えを肯定するの違い、確かに頭の中では区別がついているようで、実際にできていないことありますね。
肯定もせず、否定もせず、「そうか、そう考えているのか」とニュートラルな気持ちで受け取りたいといつも思いますが、心のどこかで、「いや~私はそうは思わないなあ」とか、「それ同感!」と自分の思いを言っている私がいます。

投稿: Go! Cardinals! | 2007年1月14日 (日) 12時30分

理解するより大切にすることですかあ。
私は、その考えからすると、まだまだ幼かったと再確認しました。
「わけがわからないことを言っているから、とりあえず、はいはいって聞いておこう」と思ったことが何度あったか。。。
自分自身の心の余裕のなさもあるかと思いますが、大事にしていく、そうですよね。
う~ん、いい言葉に出会いました。
明日から少しそのことを念頭において人と接してみたいと思います。

投稿: あやあや | 2007年1月14日 (日) 14時46分

そうですね。私も、人とのコミュニケーションの中で、「相手の話を聞く事によって、自分では理解できなかった部分や為になる事を他人から教わる事が出来る」という事で、相手の話には興味がありますね。
但し、実際に相手と対面している時に、相手の話を聞く事を重点においてます。文章だと、その人の本心が分からない部分があると思いませんか?
実際、顔を顔を向き合わせた時、相手の目を見て話たり聞いたりすれば、その人の性格が多少分かるような気がするもんで・・・・
これが、私の他人とのコミュニケーションでの「理解するよりも大事にすること」なのです。

投稿: 元バスクの側近 | 2007年1月14日 (日) 17時09分

>>りゅちゃんへ

>出会えたことはギフト

本当にそうですね。
この出会いを大切にしましょう。
よろしくお願いします。

投稿: ct(MAGIS) | 2007年1月14日 (日) 19時29分

>>Go! Cardinals!

コメントをありがとう。

>ニュートラルな気持ちで受け取りたいといつも思いますが、心のどこかで、「いや~私はそうは思わないなあ」とか、「それ同感!」と自分の思いを言っている私がいます。

本当にその通りです。
私はその面も必要だと思っています。
ただ,実際の教育相談(生徒との面談)の際には,
ちょっと意識したいな~,なんて思っています。

投稿: ct(Magis) | 2007年1月14日 (日) 19時39分

>>あやあやさんへ

>う~ん、いい言葉に出会いました。
>明日から少しそのことを念頭において人と接してみたいと思います。

ありがとうございます。
教育問題が毎日マスコミに取り上げられ,私たちには
明らかに逆風が吹いています。
しかし,気張らずに,きちんと軸を据えて,次世代を担う児童・生徒と接し,
互いに育ち合って行きましょう!

投稿: ct(MAGIS) | 2007年1月14日 (日) 19時44分

>>元バスクの側近様へ

コメントをありがとうございます。

>実際、顔を顔を向き合わせた時、相手の目を見て話たり聞いたりすれば、その人の性格が多少分かるような気がするもんで・・・・

はい。そうですね。
直接向き合えば,性格とまではいかないまでも,
その人の「言っていること」ではなくて,「言いたいこと」が伝わってきますよね。

「人のコミュニケーションは93%が言語以外によって行っている」というアルバート・メラニアンの仮説を想起しました。

投稿: ct(magis) | 2007年1月14日 (日) 19時50分

アルバート・メラニアンの仮説について一言。
仮説は一人歩きし、都市伝説化しているように思えます。

この「人のコミュニケーションは93%が言語以外によって行っている」は、「プリーズ」という中間的な単語を使った場合の、好意、反感の伝わり具合を実験してるにすぎません。
ですから、コミュニケーション全般についての話ではありません。

しかし話をするときの態度が重要であることは、言うまでもありません。

失礼しました。

投稿: のんち | 2007年1月14日 (日) 22時25分

>>のんち様

う~ん。
今回は,メラニアンの「仮説」を想起しただけなのですが・・・。

>コミュニケーション全般についての話ではありません。

う~ん。
ここでの「コミュニケーション全般」ってなんでしょうか?

投稿: ct(MAGIS) | 2007年1月15日 (月) 07時23分

コメントするべきか悩みました。

>直接向き合えば,性格とまではいかないまでも,その人の「言っていること」ではなくて,「言いたいこと」が伝わってきますよね。

この行からMAGISさんは、「アルバート・メラニアンの仮説」を想起したとものだと、私は受け取りました。そしてこのコメントから、人のコミュニケーションは93%が言語以外によって行っている。だから直接向き合えば言葉が少なくとも、「言いたいこと」が伝わりますと解釈しました。

でも本当に言いたいことが、ちゃんと伝わっているのでしょうか。

全てとは言いませんが、私はお互いに分かり合っている間柄か、双方が分かり合おうと努力するからこそ、仮に言葉が少なくても、「言いたいこと」が伝わるものだと考えています。
そしてMAGISさんのプロフィールを拝見した上で、「アルバート・メラニアンの仮説」がここに出てくることに、違和感を感じたのです。

また「人のコミュニケーションは93%が言語以外によって行っている」という、この部分ばかりがクローズアップされることが、釈然としないのです。

私はいつも、「ことば」はとても大切だと思っています。生きる力になることもあれば、逆に奪うこともあります。私の尊敬する人が、いつも一生懸命に話してくれました。

>ここでの「コミュニケーション全般」ってなんでしょうか?
コミュニケーション全般とは、「プリーズ」という中間的な単語以外での、コミュニケーションを言ったつもりです。言葉が足りなかったと思います。
そしてこの場でコミュニケーションとは何ぞやなどと書いたら、それこそ釈迦に説法となると思います。

蛇足ですが、見た印象で性格を推測することに対して、大きな抵抗があります。
そういった見方をしてしまったとき、大なり小なり物事の受け取り方に、バイアスがかかってしますからです。きれい事かもしれませんが、そう思います。

コメントがエントリー内容から、大きく脱線してしまいました。もし一連のコメントが不快なら、削除してください。
長々と失礼しました。

投稿: のんち | 2007年1月15日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/13483534

この記事へのトラックバック一覧です: 理解するよりも大事にすること:

« 「役割解除」 | トップページ | 悲しみに蓋をするために・・・ »