« 「わたしの気前のよさをねたむのか」 | トップページ | マリアのように,マルタのように »

2008年9月 3日 (水)

ホッとする言葉

生徒たちに、友だちから言われてホッとする言葉と、友だちに言われるとイヤな気持ちになる言葉を聞いてみると、ホッとする言葉としては、「ありがとう」、「すごいね」、「おはよう」などがあがってきます。イヤな気持ちになる言葉の方は「うざい」、「きもい」、「むかつく」などが上位にきます。

ところで、「がんばれ」という言葉は、ホッとする言葉、イヤな気持ちになる言葉の両方に出てきます。上級生になればなるほどホッとする言葉より、イヤな気持ちになる言葉としてあげる生徒が増えます。

本当に苦しんでいる人は「がんばれ」という言葉をかけられてもどうにもならない。もし「がんばれ」という言葉が力を持つとすれば、それは自分と同じようにがんばらなければならない状況にある人に言われたときだけだろうという気がします。

しかし、現実には、「がんばれ」という言葉は、がんばらずに済む状態にある人が、未来に喘ぐ人に対して掛けていることが多いように思えてなりません。

「がんばれば報われる」、「がんばれば悔いは残らない」。そう言われたところで、これ以上がんばれない状況にある人には何の足しにもなりません。

「がんばれ!」
この言葉は、むしろ生きることで精一杯な人には負担を増やす言葉です。

一億総うつ時代といわれている現在の日本で、「がんばれ」はそう簡単に使える言葉ではなくなりました。

一昨日の首相の辞任に対して批判が多いのは当然です。しかし反面、彼の行動・言動は、この国の人々の疲労困憊を象徴しているのではないでしょうか。

「明日のことまで思い悩むな。」

新訳聖書マタイ福音書6章34節にこう書いてあります。
グズグズ病の私にとってこの言葉は、
「がんばらなくてもいい!」とう響きを持つホッとする言葉です。

※ この文書は,キリスト新聞昨年8月11日号に掲載の拙文を元に書いたものです。

|

« 「わたしの気前のよさをねたむのか」 | トップページ | マリアのように,マルタのように »

コメント

私も頑張れが今は重すぎる言葉です。「こんなに頑張っているのに、これ以上どうすれば?」と思います。
周りに対してもあまり使わないようにしてきました頑張っている人に「頑張れ」失礼な気がしていました。
もちろん「頑張れ」の言葉が必要な人もいますし、それによって励まされる人もいますけどね。
力強い言葉に思えて、実は曖昧な言葉なのかな??…ぼちぼち行きましょうよ。

投稿: あや | 2008年9月 3日 (水) 06時17分

>>あやさん

連日のコメントをありがとうございます。

>ぼちぼち行きましょうよ。

はい。そういたしましょう。

投稿: magis(管理者) | 2008年9月 3日 (水) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/42362302

この記事へのトラックバック一覧です: ホッとする言葉:

« 「わたしの気前のよさをねたむのか」 | トップページ | マリアのように,マルタのように »