« 生徒自慢(2) | トップページ | 嘆きの淵にある時も »

2008年9月16日 (火)

風詩

私は一週間の半分くらいはマイカー通勤で、残りの半分は江ノ電バスか、JRと徒歩で通勤している。
帰りは、下りホームはほぼ無人駅に近い北鎌倉駅で降りて、山の上の我が家に向かう。
明月院の横の坂を頂上まで登ると、家と同じ標高に達する。

さて、この帰り道、特に明月院(俗にいう紫陽花寺)の横を通るときは、
今は、秋の虫が大合唱だ。
この秋の虫の大合唱を聞くと、必ず思い出す歌がある。
岡林信康さんの『風詩』という歌。

♪秋の終わりに 鳴く虫の音は
そばにお前が 居るのに淋し♪

という歌い出しを、つい小声で口ずさんでしまう。
因みにいつも一人で歩くので、そばに「お前」は居ないのだが。

全部歌詞を載せたいところだが、著作権の問題があるので、
抜粋して紹介したい。

♪あの世この世を 幾度も往くは
もっと愛して 惚れるがためよ♪

この辺りって、絵本の『100万回生きたねこ』(佐野洋子、講談社、1977080917年)を思い出します。
それまで、どの飼い主も好きになれなかったねこは、
死んでも死んでも、また別の飼い主のねことなって、生き返ります。しかし、最後に、たった一人(一匹)の白いねこを好きになったあとで、死んだら、もうその主人公のねこは2度と生き返ることはなかったというお話です。

僕たちがなかなかあの世に入れないのは、まだまだ愛したり、惚れたりすることが足りないから?

もう1カ所。

♪今度この世に、生まれてきたら
どんな具合に お前と会える
夫婦、親子か 兄妹か
きっと今より 大事にします♪

あの世と天国は、その人の考えや信仰によっても異なりますが、
キリスト教でいう、神の国(天の国)もそれらとまた違ったものです。
聖書には、たとえば次のようなイエスの言葉が載っています。

「神の国はあなたたちのところに来ているのだ。」(ルカ11:20)
「神の国はあなたがたの間にあるのだ。」(同17:21)

人は、自分が出会いたい出会い方で、他人と出会うことができない。
ごく当たり前のことですが、ときどき歯がゆい気持ちになったり、
せつなくなったりします。
しかし、いつでも自分が出会いたい出会い方で、他人と出会えるとしたら、
人生におけるどの出会いにも喜びを感じられなくなることでしょう。

いま、僕は、あなたに出会えていることに感謝しています。

|

« 生徒自慢(2) | トップページ | 嘆きの淵にある時も »

コメント

私は上手に人を愛せているだろうか?
自身を愛せているだろうか?
私が常々自問自答することのひとつです。

神様がリバティさんを通して神父やマジスさんに
出会わせてくれた。最近そういった考えが強くあります。
それでなければ、今この時に出会えるはずがありませんもの!
神様の御業に感謝です。

投稿: あや | 2008年9月17日 (水) 06時00分

♪今度この世に、生まれてきたら
どんな具合に お前と会える
夫婦、親子か 兄妹か
きっと今より 大事にします♪


これを、大事な人に届けたいです。
素敵な詩を紹介いただきありがとうございました。

投稿: piyo | 2008年9月17日 (水) 20時11分

>>あやさん

いつも読んでくださってありがとうございます。
おっしゃる通り、あやさんと神父様との出会いは、
神様の御業ですね。
私もブログを通じて、こうして出会えたことを嬉しく思っていますよ。
ところで、「新しい家族」が増える日まで、
いよいよカウントダウンですね!

投稿: magis(管理者) | 2008年9月17日 (水) 22時21分

>>piyoさん

コメントをありがとう。
piyoさんが引用してくださった箇所、
泣けるでしょ~う。

大切な人に贈りたいフレーズですよね。

投稿: magis(管理者) | 2008年9月17日 (水) 22時25分

出会いというのは不思議ですよね。
私をもっとも苦しめた人との出会いが、
神様と出会いのきっかけになりました。
それをさかのぼると、もっと色々な出会いがありました。

今度のミサの第一朗読(イザヤ55・8)に

わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり
わたしの道はあなたたちの道と異なる

という言葉があります。どんな出会いも
きっと大切な出会いなのでしょうね。

投稿: さかば | 2008年9月18日 (木) 12時58分

お誕生日おめでとうございます!ヽ(´▽`)/

投稿: くえちゅん | 2008年9月18日 (木) 19時58分

>>さかばさん

コメントをいただき,ありがとうございます。

>わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり
>わたしの道はあなたたちの道と異なる

旧約聖書中で,私が最も好きな聖句のひとつです。
さかばさんと私も,こうして,また出会っているわけですね。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: magis(管理者) | 2008年9月18日 (木) 22時21分

>>くえちゅんさん

おお,私のバースデーを覚えていてくださったなんて,感激です!
くえちゅんさんとの出会いもまた,私にたくさんのお恵みをもたらせています。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: magis(管理者) | 2008年9月18日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/42500507

この記事へのトラックバック一覧です: 風詩:

« 生徒自慢(2) | トップページ | 嘆きの淵にある時も »