« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月 3日 (土)

正直者がホームレスになる

M君
毛布が必要か,必要でないか。本人の意思を聴き尊重することが大切だと思う。
(そうだよな。僕なんかついつい自分の価値観で考えてしまうよ。これって相手を大事にしていないってことだよね)

F君
「ありがとう」と言われて嬉しかった。ここにいるかいないか(野宿者となるかならないか)は,自分のせいとかではなく,運・不運ということだと思う。でも,やっぱり,この状況はおかしいと思う。
(そうそう,「ありがとう」って言われると,「ああ,俺なんかでも人の役に立てるんだ」って思えるよな。あと,「おかしい」と思える感覚は大事だよ。その感性を大切にして)

S1君
人としてのレベルはここにいる人の方が他の人より上だと思う。あと,(ガソリンを浴びせて火を点けるなど)少年の集団での襲撃はあまりにひどいことだと思う。
(人としてのレベルか~。ここにいる人たちは上品に生きているってことかな)

T君
線路の向こうは通天閣とかある新世界。あまりにも境界がハッキリしすぎている。
(うん。明らかにここは行政によって作られた街だな)

S2君
交番の前にひどい怪我をした人が転がっていたのに放って置かれていた。ここでは警察は弱い者の味方ではなかった。

(確かにここの警察官は,おっちゃん達が人からもらった自転車に乗っているだけでしつこく「お前のか」って聞くのに,博打や売春に対しては熱心じゃあなかったなあ。みんなが悪い警官とは思いたくないけど・・・)

A君
ここにいる人たちは,政治的に過激だなあと思った。

(自分たちがこんな目にあっているんだもの。政治に恨みを持つよなあ)

H君
夜回りをするということは,寝ている人を起こすということなのだけれど,そんな悪い環境の中でも,おっちゃん達は笑顔を見せてくれる。
(笑顔は相手を元気にするよね。やっぱりここでは僕たちの方が元気をもらっている)

O君
正直者がホームレスになるのかなあ。
(確かに,ここのおっちゃん達は,クソ真面目だよね。一緒に炊き出しとかしていると,皿の洗い方ひとつ取ったって,きっちりと流儀が決まっていて妥協しない。悪くいえば融通が利かないねぇ。だから,たまに仕事にありつけると極限まで働いちゃうらしいよ。使う側にとっては重宝だね。でも,要らなくなったら捨てられてしまう)

K君
世間一般に伝わっていることは真実ではない。
(その通りだね。「言わない嘘」って言葉があるよね。日比谷公園の派遣テント村には300人が集まったそう。でも,ここの場合,大阪南港の臨泊に1300人。そこにも行かない人が,こうやって野宿生活している。派遣村ではコンロが不足しているって報道されていたけれど,ここでは,コンロはあり得ないね。僕たちが参加した炊き出しだって,燃料は廃材だったものなあ)

Y君
自分は愚かでした。無知でした。なめてました。これからは本気で取り組まなければ。これが研修なんかでいいのかなあ。迷惑なんじゃないかなあ。自分の中では変化したが,自分が変わったところで,世の中が変わってくれる訳じゃあないから,どうすればいいのかわからない。
(君の気づきや変化こそが明日の世界を変えると僕は思う)

続きを読む "正直者がホームレスになる"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »