« キリスト教入門講座始めます | トップページ | こころ »

2009年3月31日 (火)

オンリー・ワン?

君が君を好きだったとき,
もしかして君は自分のことをすばらしい,優秀だ,人より何でも早くできる。
そう思っていたのではないかね?

つまずいた君は,もう君を好きにはなれなかった。
なぜなら,そんな君はもうすばらしくはなかったから。

すばらしくなくなった君を,君はダメな人間だと言った。
しかし,そうかなあ。

自分に厳しいのは敏感な君の良さでもあるけれど,
君はときどき僕にも厳しい。
それは,僕も同類だけど。

世の中に,すばらしいとダメしかなかったら,大多数の人はダメ人間だね。
しかし,そうかなあ。

世の中の大多数の人は,すばらしくはない,ただ普通の人だと思うよ。
君だって普通の人さ。

「ナンバー・ワンになれなくても,オンリー・ワンを目指そう!」
世の中にもてはやされているけれど,これはホントに曲者だよ。
だって,自分だけにできることなんてそうそうないでしょう?
もしかしたら,一等賞をとること,つまり,ナンバー・ワンより,
自分だけにできることを見つけることは難しいもの。
そもそも誰がオンリー・ワンって決めるのかねえ。
それは自分が決めるものと反論されそうだけれど,
そんなに人は単純じゃあない。

ナンバー・ワンにも,オンリー・ワンにもなれない君こそ,
普通の人。けっしてダメ人間なんかじゃあない。

|

« キリスト教入門講座始めます | トップページ | こころ »

コメント

私が自分を好きな時、頑張っている時。
頑張って仕事をしたり、旅行のPLANをたてたり、税関の人と戦っている時。
だけど、いつの間にかそんな自分が嫌いになりました。
自分ひとりでなんでも頑張ろうとするから周りがどんどん離れていく。
本当は誰かに頼りたいのに頼れない自分に腹が立つようになりました。
先日magisさんの学校に足を運んでくださったアノ方に
「あやさんは良いところがたくさんある」とおっしゃっていただきました。
それがなにかわかりません。
私に良いところ?

私はワタシ。頭の中で分かっていても素敵な人になりたいです。

投稿: あや | 2009年4月 1日 (水) 08時16分

確かにオンリーワンは
最近よく聞くフレーズですね

個人的にも好きな言葉だけど
このような解釈もあるんですね

僕の解釈では
『多様性を認める』って
感じで捉えてます

『いい高校、いい大学、いい会社』
ではなくても人生色々な道がありますよ・・・
的に考えてました

捉え方によっては
プレッシャーになることもあるんですね

投稿: なすくま | 2009年4月 1日 (水) 16時29分

普通、中庸でいることって難しいですよね。
自分に「完璧でない自分」を認めてあげる、
そういう自分を許してあげることができると
気持も楽になるのでしょうが…
「あるがままの自分」でいられたらなあ、と
思います。

投稿: みちる | 2009年4月 2日 (木) 22時40分

>>あやさん

>だけど、いつの間にかそんな自分が嫌いになりました。
がんばりすぎていた自分でしょうか?

>自分ひとりでなんでも頑張ろうとするから周りがどんどん離れていく。
>本当は誰かに頼りたいのに頼れない自分に腹が立つようになりました。

人に頼るということは,実は生き抜いていく上で
大切なスキル(どうもこの言い方は好きではないのですが)なのかもしれませんね。

>「あやさんは良いところがたくさんある」とおっしゃっていただきました。
>それがなにかわかりません。

自分の良さが一番わかりづらいものですね。
人から言われてさえも,なかなか本気にできませんよね。

>私はワタシ。頭の中で分かっていても素敵な人になりたいです。
そうなれますよ!

投稿: magis(管理者) | 2009年4月 5日 (日) 18時21分

>>なすくまさん

度々コメントをありがとうございます。
そちらは桜はどうですか?
都内は昨日辺りが最高潮でしたよ。

>確かにオンリーワンは
>最近よく聞くフレーズですね

そうですね。

>個人的にも好きな言葉だけど

最初に言った人はすごいと思うけれど,
今ではなんとも陳腐な響きを,私は感じます。

>僕の解釈では
>『多様性を認める』って
>感じで捉えてます

ああ,なるほど。
それも素直な考え方ですね。
でも,それを言われる少数派って,ちょっときつかったりします。
どうも,「オンリー・ワンでいい」と言っている人は,
いつでも壇上から言っているような気がします。

道ばたで寝転んだオッチャンの口からは出てこない言葉です。

>捉え方によっては
>プレッシャーになることもあるんですね

捉え方は,その人の感情や行動を左右しませんか。


投稿: magis(管理者) | 2009年4月 5日 (日) 18時29分

>>みちるさん

お久しぶりです。
貴重なコメントをありがとうございます。
そちらのブログも見させていただきました。
大学院ご入学おめでとうございます。

投稿: magis(管理者) | 2009年4月 5日 (日) 18時33分

ご返事ありがとうございます。note
ナンバーワン より オンリーワンもとても良いお話でした。happy01
たしかに自分だけができる事も難しいかもしれませんね。。。
聖書で ヨハネの第一の手紙 4章 10節
私たちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛してくださって、わたしたちの罪のために贖いの供え物として、
御子をおつかわしになった。ここに愛がある。
神様は、こんな私でさえも愛してくださってるのだと思うと、神様の愛の大きさをしります。
ナンバーワンでもオンリーワンでもなく、そのままの私を受け止めて下さってるのでは
ないかと思ってしまっています。(/□≦、)

私は、東京か大阪か兵庫の場所で教会を探してるのですが、もしよろしければどこか紹介して頂けないでしょうか?
まだ、住む場所が定まってないので、場所がバラバラになってしまっています。

投稿: YUU | 2009年7月19日 (日) 00時25分

人間一人ひとりの持つ「タレント」を生かしていけたら・・・と思います。
コメントの内容が大それてしまうかもしれませんが、私がこの文章を読んで思ったことがあります。
実は、大学を30歳代で卒業して教諭になった初任校(カトリックの女子校)は非人道的なシスターがいました。結果を出せない教員は次々と解雇されるわ、生徒数減少で人員削減されるわで自分自身もそのような目にあってしまいました。また、シスターより「社会保険に加入しないで国保に加入しなさい」とまで言われてしまい、やむなく時間講師の身分・・・。校長として言うべきことでない理不尽な態度もショックでした。
「神様、私は教諭としてタレントのない・・・価値の低い人間でしょうか?」と祈り求めて苦しかった毎日。シスターは確かに学校では天下を張っていたかもしれません。次の学校を探そうと公募に書類を送るが20校すべて不合格。公立学校の採用試験も受験しましたが、これも不合格。私はもう教諭をやめようと思ったし、シスターを恨んで仕返ししようとまで企みもしました。こんな弱い私自身も挫折でいっぱいでどん底な毎日に何度も何度も祈り続けていました。
今年の年度途中ですが、うれしかったことにカトリックの女子校より「欠員が出たので来てほしい」と声がかかり、私は喜んで「すぐにも行きます!」と引き受けました。現在の学校は進学率も高くて、自分も結果を出せるかどうかハードル高いですが、神様がこんな弱い私を選んでくださったのか・・・と言葉にならない感謝の気持ちでいっぱいです。今回は時間講師ではないけども。
校長もシスターではなくカトリック信者の男性の先生です。最近のカトリック学校では司祭やシスターが校長しているところも減少しているようですね。カトリック学校もシスターを売りにせずに世間をよく御存じの校長が理想的です。オンリーワンで!

投稿: ロザリオビアンコ | 2011年9月26日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/44523244

この記事へのトラックバック一覧です: オンリー・ワン?:

« キリスト教入門講座始めます | トップページ | こころ »