« これでおしまい! | トップページ | 何もできなかった最高の日曜日 »

2010年6月19日 (土)

「遠い空の向こうに」

”OCTOBER SKY”(邦題「遠い空の向こうに」)という映画(2004,Universal Studios)を,昨日の放課後,高1生徒の聖書研究会で,生徒と一緒に観た。
NASAのエンジニアであるホーマー・ヒッカム氏の自伝を,ジョー・ジョンストン監督が映画にしたもので,高校時代に炭鉱街に住んでいた主人公のホーマーが,3人の仲間と共に宇宙ロケット打ち上げを夢見て,失敗を繰り返しながらも,諦めずに何度もチャレンジして・・・・(これ以上,書くと映画のストーリーがわかってしまうので,この辺で・・・・・),という,非常に感動的な青春映画であった。一緒に観た高校1年生たち(4人ですが・・・)も,放課後の眠たい時間帯,”一睡もせずに”じっと,小講堂のスクリーンを観ていた。

ストーリーはこれ以上書かないが,私がこの映画の中で,最も気に入った台詞を紹介しておきたい。
この場面,主人公のホーマーは,ある事情があって,一時,ロケットづくりを諦め,高校もやめてしまい,父の仕事である炭鉱夫の仕事を自分も(継ぐつもりで)やっていた。
そんなある日,ホーマーは,高校在籍時代に,いつも味方をしてくれていたミス・ライリーという先生の元を訪ねる。ミス・ライリー(ブリーダ・ライリー)も実在した人物で,その後,31歳の若さで亡くなっている。したがって,ライリーの晩年の言葉である。

ライリー先生は,ロケット打ち上げの夢を頓挫していたホーマーにこんな風に語りかける。

「ホーマー,知ってる?時には他人の言う事を聞いてはいけないの。自分の内なる声を聞くの。あなたは炭鉱マンじゃない。別の人生を設計しているはずよ」(なお,ここで,ライリーは炭鉱マンという職業について蔑視しているのではありません。ホーマーに,”別の人生を設計していること”に気づかせたいのです)。

このライリー先生の言葉をきっかけに,ホーマーは再びロケット打ち上げへの夢へと向かって進むようになります。

もちろん,普段の生活や人間関係の中では,他人の言う事に耳を傾けることは非常に大切なことです。そうすることによって,自分の考えと異なる人とも折り合いをつけて,付き合ったり,一緒にチームを組んで仕事に当たったりします。

しかし,ミス・ライリーがホーマーに言った,「時には他人の言う事を聞いてはいけない」,「自分の内なる声を聞く」もまた,実に大切なことであると思う。

なぜなら,「他人の言う事」は,たとえそれが親しい人の言った事であっても,所詮,他人があなたの一部を知って,あなたを,有限の時間内で見て言った事に過ぎない。それに対して,「自分の内なる声」は,自分さえ知らない,深いところにいる自分。自分さえ立ち入れない,自分の奥深いところ(Still Point)を通して語りかけてくれる,自分を超えた方,超越者からのメッセージだからだ。

このメッセージが,「愛」そのものであることを,キリスト者は知っている。

この映画は,聖書研究会で観るのにも,いいセレクトであった。この映画を紹介して下さった同僚のO先生,感謝です!

映画のタイトルは「遠い空の向こうに」だったが,
遠い空の向こうは,人の心の奥深くと繋がっているような気もする。
そこには,大きな愛があるのだと確信している。

現代人は,大人も子どももピア・プレッシャーに押しつぶされそうになって,疲れ切った毎日を送っている。
だからこそ,時には,人の話を遮断して,内なる自分の声に耳を傾ける時間を持ちたい。

|

« これでおしまい! | トップページ | 何もできなかった最高の日曜日 »

コメント

お久しぶりです!
久々のコメントです♪

自分の内なる声・・・
確かに、私はいつも周りの声に刺激を受け、それがよい刺激となることもあれば、自分の信念を揺るがすものとなったりしています。
時には他人の言う事をきいてはいけないこともあるのですね。
「人の言う事をよく聞きなさい。人から学ぶことはたくさんある」と言われて育ってきた私ですが、なんでも聞きいれてしまうのではなく、取捨選択して受け入れることが大切だなと思いました。

投稿: ぴかん(Go!Cardinals!) | 2010年6月19日 (土) 08時03分

「遠い空の向こうに」タイトルだけ聞くと2月のカナダと日本の空の元でのお祈りを思い出します。
わたしにも内なる声があるのでしょうか?
いまは…いままでも主治医や先生、親の意見にしか耳を傾けてこなかったので
少々自信がありません。
自分の声、自信を持って従える日が来るといいです。

投稿: らける | 2010年6月19日 (土) 09時53分

>>ぴかん(Go!Cardinals!) さん

お久しぶりです。
mixiの日記によると,ここ数年,いろいろと新しいことを始められているご様子ですね。
大事な決断をされたとき,きっと,内なる声が聞こえたのではないでしょうか。
コメントをありがとうございました。

投稿: magis(管理者) | 2010年6月19日 (土) 23時17分

>>らけるさん

コメントをありがとう。

>「遠い空の向こうに」タイトルだけ聞くと2月のカナダと日本の空の元でのお祈りを思い出します。
ああ,そうでしたね。バンクーバー五輪から,まだ4ヶ月ですが,
ずいぶん昔のような気がします。

>いまは…いままでも主治医や先生、親の意見にしか耳を傾けてこなかったので
?!
しかし,バンクーバーには行ってしまった!

>わたしにも内なる声があるのでしょうか?
神様は例外なく人に語りかけて下さっていると思います。

>自分の声、自信を持って従える日が来るといいです。
いいですね。


投稿: magis(管理者) | 2010年6月19日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/48663517

この記事へのトラックバック一覧です: 「遠い空の向こうに」:

« これでおしまい! | トップページ | 何もできなかった最高の日曜日 »