« 「君がいなかったら・・・」 | トップページ | 「人間失格」・「ヴィヨンの妻」 »

2010年10月11日 (月)

夜空には星のないところはない

2月くらい前,勤務校の学園休業期間(世間で言うお盆休み)を利用して,
マウナ・ケアからの星空を眺めることを主な目的として,
ハワイ島に4日間行ってきました。

序でに,オアフ島にも,21年ぶりに3日間行ってきましたが,
オアフ島,特にワイキキ周辺の変わり様には,聞いてはいましたが,
がっかりして帰ってきました。
具体的には町の汚さと,交通マナーの悪さです。
ハワイ島ではレンタカーを借りてあちこちに移動しましたが,
オアフ島ではほとんどコンドミニアムから出ずにいました。
唯一,ワイキキで良かったのは,セント・アウグスティヌ教会。
平日にも関わらず,毎日ミサに参加することが出来ました。
ここの教会はビーチサイドということもあり,
さすがに水着のままではダメですが,
ビーチサンダルと,袖無し・半ズボンでミサに参加している地元の人が大勢いました。
以前,サイパンでミサに参加したとき,
皆さんが襟のあるシャツと長ズボンだったこと対照的でした。
ところ変われば,ミサに参加する服装に対する考えは違うのですね。
しかし,変わらないことは,そこに行けば,ご聖体
(信者ではない方のために,説明すると,
本来目に見えないキリストの体=命を,
教会が定めた”秘跡”という制度に従って,ウエハウスのような見える形にしたものです)
をいただけるということです。

つまり,世界中どこに行っても,カトリック教会に行けば,
そのような”秘跡”としての,キリストに,出会うことが出来るわけです。

難しい話はこの辺にして,
マウナ・ケアですが,ここはご存知のように,約4200メートルのその山頂付近には,
世界十数カ国の天文台があり,日本の国立天文台もすばる望遠鏡を設置しています。
この夏のハワイ行きはここに行くことが目的でした。
もちろん,そこから観たサンセットや雲海はきれいでした(写Hawaii_5真をクリックしてみて下さい)。

しかし,なんといっても圧巻はその星空です。
肉眼で見たのですが,お天気にも恵まれ
(一年中ほとんど晴れるそうです。だから天文台には適している),
天の川さえ,手に取るように見ることが出来ました。
そして,日本では考えてもみなかったことですが,
夜空にはどこにでも星があるということです。

更に,案内してくれた現地の星空専門のガイドさんの話を聞きながら,
ちょっと感動したことがあります。

ガイドさん「本当に日本では考えられないくらいの星の数でしょう」
私「本当にそうですね。どこを見上げても星がある」
ガイドさん「肉眼でこれだけ見えるのですからね」
私「・・・」
ガイドさん「・・・」
私「あっ,そうか」
ガイドさん「肉眼で見えない無数の星が・・・」
私「そうですね。もし全部の星が見えてしまったら,空一面,星で一杯。銀色な訳か」
ガイドさん「夜空には,いや空には星のないところはない」
私「あの黒くて何もないようなところにも,実は遠くには星がある」
ガイドさん「そうなんでしょうね。なかなか想像しがたいですが・・・」

空には星がないところはない。
夜空を見上げても星が見えない暗いところにも星がある。

僕たちの人生は夜空を見上げているようなもの。
あの暗い,星屑さえないようなところにも,
見えはしないけれど,実はきらめく星がある。

僕たちが生きているこの社会は都会の空のように,
見える星の数は少ないけれど,
見えないところにも星は隠されている。

暗闇を見つめながら,そう思う。

|

« 「君がいなかったら・・・」 | トップページ | 「人間失格」・「ヴィヨンの妻」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/49711157

この記事へのトラックバック一覧です: 夜空には星のないところはない:

« 「君がいなかったら・・・」 | トップページ | 「人間失格」・「ヴィヨンの妻」 »