« 奇跡の生還 | トップページ | 「教師として恥ずかしいこと」 »

2010年10月31日 (日)

罪を見過ごされる神

101031b阿部仲麻呂神父。「あべなかまろ」と読みます。
遣唐使に同行し,長安に留学し,科挙に合格した歴史上の人物・阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)と良く似たお名前ですが,二文字目が,「あべなかまろ」さんの方は「部」,歴史上の「あべのなかまろ」さんの方は「倍」です。

その阿部仲麻呂神父様は,サレジオ会という修道会の司祭であり,かつ,現代の日本を代表する神学者のお一人で,大学や大神学院で教鞭を執っておられます。
その阿部神父から,3年ほど前に,神父様自身の著書『神さまにつつまれて』をいただきました。

さて,今日のカトリック教会の第1朗読は,『知恵の書』。この書は,カトリック教会だけが正典と認めている「旧約聖書続編」の中の一つなので,聖書の中では知名度の低い文書です。
しかし,カトリック教会は,この『知恵の書』を大事にしており,今日の典礼(ミサ)でも読まれました。
読まれた箇所は11章22節~12章2節まででしたが,私はこのうち,11章23節~26節が,聖書の中でも好きな箇所の5本の指に入ります。その日の気分によっては,「一番好きな箇所」と言っても過言ではないかもしれません。
引用しますと,

全能のゆえに、あなたはすべての人を憐れみ,回心させようとして,人々の罪を見過ごされる。
あなたは存在するものすべてを愛し,お造りになったものを何一つ嫌われない。憎んでおられるのなら,造られなかったはずだ。
あなたがお望みにならないのに存続し,あなたが呼び出されないのに存在するものが果たしてあるだろうか。
命を愛される主よ,すべてはあなたのもの,あなたはすべてをいとおしまれる。
(知恵の書11:22~26)

私は,特に,罪の状態に陥りやすい私たちを憐れみ「回心させようとして,罪を見過ごされる」という点にグッとくる。
本当に何度,私は罪を見過ごされてきたことか。
しかも,大罪になる寸前で,逃れたことが何度もある。
その度に,(神さまに)「裁かれなくて良かった」という気持ちが心を過ぎる。
そして,その都度,上の聖句を思い出し,
「ああ,また回心に招かれている」と思う。
そして,しばらくはその恵みを忘れずに過ごすのだが,
また,すぐに弱さから,「見えなくなり」,罪を犯す。

その罪とは何か。
あまりに多すぎて挙げきれないが,
まず,現実的な,生活上の罪。
つまり,家族をはじめ周囲に嫌な思いをさせたり,傷つけたり・・・・・。

それから,遠藤周作が『沈黙』の中で言っている「人がもう一人の人間の人生の上を通過しながら、自分がそこに残した痕跡を忘れる」という罪。この見方でも,家族や友人の人生の上を烈しく通過していることによる罪は大きい。

そして,最後が,もっと本質な罪で,それは神さまの愛を拒否してしまう傾向。すなわち。落ちこみや諦めの気持ちのままで過ごしてしまう時間。
冒頭で紹介した阿部仲麻呂神父様はこの点に関し,著書『神さまにつつまれて』の中で,次のように教えて下さっています。

「自分はダメだ,ゆるされないんだ」---勝手に落ちこんで,何もしなくなることこそ,実は罪なのでしょう。なぜなら,行きすぎた落ちこみは,神さまのいつくしみを無視して,自分から希望の可能性を閉ざしてしまうことだからです。罪とは神さまのいつくしみから離れることであり,自ら損な状況に落ちこんでいくことです。(p.94)

う~ん。理屈はわかるけど,たとえば私の場合,落ちこむときは,神さまのいつくしみを無視しているという意識はない。「神さまのいつくしみ」という言葉(概念)さえ飛んでしまっていることが多い。
落ちこんだときには,できれば,その落ちこみが行きすぎないように,神さまからのいつくしみを「感じて」いたい。
それは,祈りによって得られるものなのか。恵みによるものなのか。
そもそも,祈れることも大きな恵みであろう。
私たちは,神からの恵みによってしか祈ることさえままならない存在なのだと思う。

その恵みが全ての人に隈無く降り注いでいる。そう,考えている。

|

« 奇跡の生還 | トップページ | 「教師として恥ずかしいこと」 »

コメント

わたしの罪も見過ごしてくれますか?

投稿: あや | 2010年11月 2日 (火) 18時09分

>>あやさん

コメントをありがとうございます。
「先に神様はゆるしてくださっている」というのが私のキリスト教理解です。

投稿: magis(管理者) | 2010年11月 2日 (火) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/49900296

この記事へのトラックバック一覧です: 罪を見過ごされる神:

« 奇跡の生還 | トップページ | 「教師として恥ずかしいこと」 »