« 命から命へ | トップページ | 罪を見過ごされる神 »

2010年10月25日 (月)

奇跡の生還

昨日(10/24)に放映されたNHKスペシャル『奇跡の生還』は,チリの鉱山落磐事故によって地底深くに70日間閉じ込められた人々がどう生活をしていたか,また,それを救出するために地上ではどんな人たちがどんな思いでどのように働いていたかを伝える速報番組であった。

番組は前者(地下での生活)に重きがおかれていたが,私は後者(救出にたずさわった人々)の姿が,聖書の「中風の人をいやす」場面の「四人の男」に重なって見えた。
四人の男は,次の引用の四人の男である。

数日後,イエスが再びカファルナウムに来られると,家におられることが知れ渡り,大勢の人が集まったので,戸口の辺りまですきまもないほどになった。イエスが御言葉を語っておられると,四人の男が中風の人を運んで来た。しかし,群衆に阻まれて,イエスのもとに連れて行くことができなかったので,イエスがおられる辺りの屋根をはがして穴をあけ,病人の寝ている床をつり降ろした。イエスはその人たち信仰を見て,中風の人に,「子よ、あなたの罪は赦される」と言われた。その人は起き上がり,すぐに床を担いで,皆の見ている前を出て行った。(マルコ2:1~2,12a)

この奇跡物語は,聖書の中では,いわゆる「癒しの奇跡」に分類される。「癒しの奇跡」で救われる人は,こぞって,「あなたの信仰があなたを救った」とイエスに言われる。
しかし,この「中風の人のいやし」はちょっとだけ違う。この中風の人は,自分でイエスのところにやってきたのではなく,四人の男に「運ばれて」イエスのところにやってきた。ところが,大勢の人に阻まれて,イエスのいる家に入ること出来なかった。すると,四人の男たちは,中風の人を連れたまま,屋根に登り,穴をあけて,イエスのいる前に担架に載せたままの中風の人を吊り下げたのだ。それを見たイエスは,屋根に穴をあけた四人の男の信仰を見て,中風の人を救った。

報道によれば,今回の救出劇でも,カプセルで次々と作業員が救出される前に,まずは同じカプセルに乗り込んで,地上から四人(途中から六人に増員)の救助隊員が,救助を求めている地下に送られたという。私にはこの四人が,中風の人を救うために,イエスのいる家の屋根に穴をあけた四人に重なるように思えた。
いや,この四人だけではなく,地上でさまざまな働きをした多数の人々をはじめ,33人の作業員の救出を祈り,見守った世界中の人々が,聖書の中で語られている,中風の人を救ってもらおうと屋根に穴をあけた四人の男のように思えた。

地下での生活の様子を伝えるビデオには,閉じ込められた33人が心を合わせて祈っている姿がハッキリと収められていた。

全世界の”四人の男”も心を合わせ,救いを求める33人も心を合わせた。そして,行動した。

だから奇跡が起こったのだった。

(大矢正則)

|

« 命から命へ | トップページ | 罪を見過ごされる神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136539/49845483

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の生還:

« 命から命へ | トップページ | 罪を見過ごされる神 »