2010年6月17日 (木)

これでおしまい!

中島みゆきさんの「恋唄」という歌の中に,

ありがとうって意味が 
これきりっていう意味だと
最後まで 気がつかなかった

という歌詞がある。とてもせつない歌です。

恋愛をして,最後の別れ話の最中に,「ありがとう」って言われると,「ああ,本当にもうこの人は僕と別れるつもりなんだ」と一気に心に穴が空く。

「ありがとう」って言葉は,普通は言われると嬉しい言葉なのに,恋人の最後の言葉として,聞くのは辛い。感謝の言葉であることには違いないのだが,昨日まで言われていた「ありがとう」とは決定的な違いがある。これまでのことを全部ありがとうという意味。これが最後という意味。これからは,もう,言えなくなりますという意味。

「お礼なんかいいから,そんなことよりも,これからも付き合ってほしい」

そんなふうに思う。
でも,「ありがとう」って言葉で,もうダメなんだってことがわかる。

さて,恋愛場面ではなく(それも含むが),日常場面で,使われる「がんばって」という言葉にも似たような側面がある。

最近はこの言葉「がんばって」を,うつの人に言ってはいけない(一般的にはその通りだけれど,絶対に言ってはいけないわけではない。場合によっては,言ってあげることが必要な場合もある)ということばかりが新聞などによく書いてあるが,うつの人ばかりではなく,普通の日常会話の中でも,別の意味を持っていることに気づく。

何気ない会話の最後にも,「じゃあ,がんばってね」と言って別れることがありますよね。

生徒も「がんばって」と言われると,「あっ,もうこの話,終わりにしなければいけないんだ」と思うらしい。

僕たち教員は,「がんばって」といいながら,知らず知らずに,生徒に対して,「この話は終了」というサインを送っている。

続きを読む "これでおしまい!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)