2010年11月11日 (木)

インクルージョン(11/11改)

先日『フィンランドにおける特別ニーズ教育』という演題の研修会(講師:成蹊大学教授 牟田悦子先生)に参加しました。

フィンランドというと,私が連想することは,映画『かもめ食堂』と白夜くらいだったのですが,この国は実は,教育先進国だったのですね。

たとえば,3年に1回実施されているPISA(世界規模で実施されている義務教育終了段階の生徒の学力テスト)の結果は,過去3回連続世界一です。

フィンランドでは,教師は大変に尊敬される人気の高い職業で,小学校以上の教師になるためには,修士資格が必要。すなわち,教師は研究者でもあるわけです。

隣接するスウェーデンやロシアに支配された時代もあるのですが,1917年に独立しています。そして,なんと,国際経済競争力は世界第1位なんです。古くから行われている林業は有名ですが,最近では,携帯端末機の世界シェア1位を誇るノキア社がフィンランドの法人です。

あと,学校教育の中に「部活動」という概念がないことは日本では考えられないことです。尤も先生は研究者ですから,当たり前といえば当たり前。職員室というのは,お茶飲み場程度のものであり,授業時以外の時間,先生方は,各自に与えられた個人研究室に籠もって教材研究や自分の研究を進めています。

そして,国民性として平等を重視するわけです。これは約8割のプロテスタント(と1割強のカトリック)の影響があるのかもしれません。そして,この国の(特別支援教育を含む)教育の原則は,『インクルージョン』(障碍のある人もない人も同じ教育を受けるという意味)なのですが,この『インクルージョン』が本物のインクルージョンを実践しているらしいのです。

続きを読む "インクルージョン(11/11改)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

「教師として恥ずかしいこと」

大矢正則 記
今日は,都内で行われた『緊急「国資格・心理士」公開シンポジウム』に,学校心理士の立場で参加してきました。
心理士(あるいは心理師)の国家資格問題に関しては,ここ数年間の政局がらみ等々(他にも原因はありますが省略)によって,臨床心理士・医療心理師の「2資格1法案」化が頓挫しました。
その後,日本心理諸学会連合を中心にいろいろと連絡・調整をしており,少~しずつ,問題点や目指すべき姿が見えつつあります。
しかし,たとえば,最大多数派である臨床心理士(個人ではなく,養成課程等の専門性の問題他)が医師会から「よし」とされていないなどの問題があるため,心理士(心理師)の国家資格化の議論は,なかなか進まないのが現状です。

こういう話を,専門的に心理や臨床心理にたずさわっている方々以外にお知らせしても興味がないかもしれません。

しかし,そのシンポジウムの基調講演で,ハッとする発言を聴きました。

その基調講演は,学芸大の名誉教授でもあり,日本LD学会会長でもある上野一彦先生がなさったのですが,それはそれは中身の濃い凝縮されたものでした。

10個くらいのタイトルをつけて,10回のブログに分けて説明したいところです。しかし,いろいろな制約があるため,それは叶わないことなので,一つだけ,先生のご講演の中から,私にとって,とても衝撃的だった言葉を紹介します。

かつて,教師は,手のかかる生徒を受け持つことに意義を感じたものです。
しかし今では,教師が「私は教えやすい生徒を教えたい」と発言することが恥ずかしいことではなくなってきている。

続きを読む "「教師として恥ずかしいこと」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)