2007年1月 5日 (金)

青くなって尻込みましょう

教師という仕事柄,年賀状をいただく枚数は多い方だと思う。
教え子や卒業生からも送られてくるが,
多くの教員や元教員と年賀状の遣り取りがある。

「教え子を戦場へ送るな。教育基本法・憲法改正反対」

教員仲間や先輩教員からの葉書の隅っこの方に,こんなメッセージが印刷された年賀状が届いていたのは,2,3年前からであった。

残念ながら,今年の年賀状で「教育基本法改正反対」と書いてあるものは一通もなかった。後の祭となってしまったわけだから。

「すべての人の平和を願い
戦争をしない・軍隊を持たない
こんな憲法9条を世界の宝に」
(ピース9の会)

カトリックの,ある修道会の総長をされているシスターからの年賀状の下の方には,
このような印刷がされていた。
このシスターからは,もう10年以上も年賀状をいただいているが,
昨年までは,修道会が独自に作った,いわゆる修道会的な,
(つまり,マリア様やイエス様の肖像が画かれ,キリスト教用語が必ず入った)年賀状が届いていた。これはこれでとても趣があった。
しかし,今年は,このシスター(大変国際感覚に優れた方です)から,「憲法9条を世界の宝に」というメッセージ入りの年賀状が届いた。
やっぱり世の中エラいことになってきてしまったのだと思う。

もう一つ紹介したい。

「最近の世の中の動きには不安を感じることが多くなりました。
教育に携わる者の一人として,
自分のできることに力を尽くしていきたいと思っています」

こう年賀状の真ん中に印刷してきた彼(先輩)とは,昨年,生徒を引率して,被爆地長崎を訪れた。(なお,この訪問の折には,アジア太平洋戦争における日本の加害責任についても,同行した神父様が生徒に説いてくださいました。)

続きを読む "青くなって尻込みましょう"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

「違い」

061029 イスラム圏の女性はブルカというかぶり物をまとっています。
イスラム諸国は暑い国が多いので,しばしば,
「あんなものをまとって暑かろうに。
早く自由主義やデモクラシーの時代が来れば良いのに。
そうすれば,あの女性たちも解放される」

と思ってしまいがちです。

しかし,この考えには大きな見落としがあります。
それは文化的背景の相違ということです。

ブルカはイスラムの女性にとって,単に外出着なのです。
これは単に,文化の「違い」に過ぎません。
ペシャワール会の医師中村哲氏によれば,
これを女性への抑圧だというのは,
突然やってきた外国人が,江戸時代の町を歩いている女性たちを見て,
こんなに太い布のベルトで何重にもぐるぐる巻きにするのは野蛮な習慣である
というのに等しいといいます。
(岩波ブックレットNo.673『アフガニスタンで考える』p.23参照)

私は,昨日,生活者大学校鎌倉分校が主催し,
北鎌倉の円覚寺塔頭・白雲庵で行われた
中村哲氏の現地報告会を聞きにいってきました。
その話を伺いながら次のようなことに改めて気付かされました。

私は,様々な「違い」を,善悪や優劣と考えがちではないか。

続きを読む "「違い」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

『僕たちの戦争』

いま,担当している高1ゼミナール『自分とつきあう』という講座で,V.フランクルの『夜と霧』を読んでいます。囚人となった精神科医(著者)が内部から見た強制収容所体験記としてあまりにも有名な本です。この本は,アメリカ国内で数年前に実施された「100年後にも読み継がれて欲しい本ベスト100」の中で,7位にランクされているそうです。1位はもちろん聖書ですが,心理学・精神医学医関係の本では,この本が最高位だそうです。この本を読まれた方は納得すると思います。このブログを書いているのは自宅で,テキスト(本)は学校にあるため,正確な引用はできないのですが,その本の中に,(アウシュビッツ強制収容所のような)異常な状況に置かれた場合,異常な反応を示すのが正常なことであると書かれていました。

続きを読む "『僕たちの戦争』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

100万人のキャンドルナイト

051222 勤務校は昨日(21日)が2学期終業式でした。したがって今日から冬休みです。しかし,明日(23日)「子どもの家」の子どもたちを学園に招きクリスマス会を行います。この行事への生徒の参加は任意ですが,明日は中1~高2の合計73名の生徒がボランティアとして参加してくれます。また,大勢の保護者の方もお手伝いして下さいます。朝9時頃から始まって午後3時半に終了予定です。午前中はフリータイムで,体育館,グラウンドなど校内のどこでも遊べます。マジック同好会の生徒が手品をやっている部屋などもあります。お昼ご飯は,本校のお母様方が準備して下さっています。200名分くらい用意するのですから,本当に大変です。材料等もご家庭からの寄附で募りました。午後は小講堂にて,ブラスバンド部の演奏,お母様方のハンドベル演奏,隣のカトリック女子校(ブログ『Good News Collection』の先生の勤務校)の生徒さんの出し物,「子どもの家」の子どもたちの出し物,子どもたちへのプレゼントなどが行われます。

続きを読む "100万人のキャンドルナイト"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月21日 (金)

女性政治家事情

まさかの衆議院選挙から40日あまり経つが,10月23日は参議院神奈川選挙区の補欠選挙が行われる。インターネットで選挙のことを書く場合,慎重に書かないと公職選挙法に抵触するので,ちょっと慎重に書く。尤も,公職選挙法は今日のようなインターネットの普及を前提としていないので,早く改正されることが待たれる。でないと,どこまで書いて良いのかわからない。また,匿名の掲示板などは,選挙活動,妨害活動に関して完全な無法地帯になっている。

続きを読む "女性政治家事情"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

丸形郵便ポスト・その2

051011関東地方は今日も雨降りだった。すでに1週間くらい降り続いている。「秋霖」というらしい。明日明後日は少し良いらしいが,また週末は雨だという。

さて,そんな雨の中,車を走らせていたら,また,丸形郵便ポストを見つけたので,ちょっと車を止めてシャッターを切ってみた。場所は9月26日のブログで紹介した浄智寺入口から車で2分くらいのところ。鎌倉街道を北鎌倉駅方面へ走り,駅を通り超し,数百メートルのすると,進行方向右側にある。ここは,「鎌倉小坂郵便局」の前である。写真に写っているのが鎌倉小坂郵便局。外観はこじんまりしたレストランのような作りでなかなか洒落ている。中には入ったことがない。

9月26日のブログでは,鎌倉のポストの近代化(箱形化)が進まない理由の1つとして,ポストの設置場所を提供している地域住民の意向を含まれると書いた。

さて,このポスト。郵便局の敷地内のように思われる。

続きを読む "丸形郵便ポスト・その2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

世界難民移住移動者の日

この前の日曜日。カトリック教会では「年間第26主日」だという話は、25日に書いた。
ところで、その日は全世界のカトリック教会で、「世界難民移住移動者の日」として、ミサが捧げられた日でもあった。

前教皇ヨハネ・パウロⅡ世は、2005年(今年)の「世界難民移住者の日」のテーマを「文化間の統合」と定め、生前(昨年11月24日)、バチカンから次のようなメッセージを発している。

続きを読む "世界難民移住移動者の日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

追いつめられた結果・・・

koizumi 「W杯サッカー、内親王ご誕生、日本語ブーム等、ポップで軽やかに”愛国心”を謳歌する若者。米国テロ事件、欧州極右の擡頭等、世界情勢が混迷する中、この「愛国ごっこ」の次に来るものは何か?」
これは、精神科医の香山リカさんの著『ぷちナショナリズム症候群』(中公新書ラクレ)のカバー裏表紙の記述。
本文中には、「追いつめられた状況であればあるほど、人間はシンプルな極論に飛びつきやすい」とある。
この本は2002年9月10日に書き下ろしとして発行されたのだが、ちょうど3年後、予言は的中した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)