2010年10月31日 (日)

罪を見過ごされる神

101031b阿部仲麻呂神父。「あべなかまろ」と読みます。
遣唐使に同行し,長安に留学し,科挙に合格した歴史上の人物・阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)と良く似たお名前ですが,二文字目が,「あべなかまろ」さんの方は「部」,歴史上の「あべのなかまろ」さんの方は「倍」です。

その阿部仲麻呂神父様は,サレジオ会という修道会の司祭であり,かつ,現代の日本を代表する神学者のお一人で,大学や大神学院で教鞭を執っておられます。
その阿部神父から,3年ほど前に,神父様自身の著書『神さまにつつまれて』をいただきました。

さて,今日のカトリック教会の第1朗読は,『知恵の書』。この書は,カトリック教会だけが正典と認めている「旧約聖書続編」の中の一つなので,聖書の中では知名度の低い文書です。
しかし,カトリック教会は,この『知恵の書』を大事にしており,今日の典礼(ミサ)でも読まれました。
読まれた箇所は11章22節~12章2節まででしたが,私はこのうち,11章23節~26節が,聖書の中でも好きな箇所の5本の指に入ります。その日の気分によっては,「一番好きな箇所」と言っても過言ではないかもしれません。
引用しますと,

全能のゆえに、あなたはすべての人を憐れみ,回心させようとして,人々の罪を見過ごされる。
あなたは存在するものすべてを愛し,お造りになったものを何一つ嫌われない。憎んでおられるのなら,造られなかったはずだ。
あなたがお望みにならないのに存続し,あなたが呼び出されないのに存在するものが果たしてあるだろうか。
命を愛される主よ,すべてはあなたのもの,あなたはすべてをいとおしまれる。
(知恵の書11:22~26)

私は,特に,罪の状態に陥りやすい私たちを憐れみ「回心させようとして,罪を見過ごされる」という点にグッとくる。
本当に何度,私は罪を見過ごされてきたことか。
しかも,大罪になる寸前で,逃れたことが何度もある。
その度に,(神さまに)「裁かれなくて良かった」という気持ちが心を過ぎる。
そして,その都度,上の聖句を思い出し,
「ああ,また回心に招かれている」と思う。
そして,しばらくはその恵みを忘れずに過ごすのだが,
また,すぐに弱さから,「見えなくなり」,罪を犯す。

その罪とは何か。
あまりに多すぎて挙げきれないが,
まず,現実的な,生活上の罪。
つまり,家族をはじめ周囲に嫌な思いをさせたり,傷つけたり・・・・・。

それから,遠藤周作が『沈黙』の中で言っている「人がもう一人の人間の人生の上を通過しながら、自分がそこに残した痕跡を忘れる」という罪。この見方でも,家族や友人の人生の上を烈しく通過していることによる罪は大きい。

続きを読む "罪を見過ごされる神"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

奇跡の生還

昨日(10/24)に放映されたNHKスペシャル『奇跡の生還』は,チリの鉱山落磐事故によって地底深くに70日間閉じ込められた人々がどう生活をしていたか,また,それを救出するために地上ではどんな人たちがどんな思いでどのように働いていたかを伝える速報番組であった。

番組は前者(地下での生活)に重きがおかれていたが,私は後者(救出にたずさわった人々)の姿が,聖書の「中風の人をいやす」場面の「四人の男」に重なって見えた。
四人の男は,次の引用の四人の男である。

数日後,イエスが再びカファルナウムに来られると,家におられることが知れ渡り,大勢の人が集まったので,戸口の辺りまですきまもないほどになった。イエスが御言葉を語っておられると,四人の男が中風の人を運んで来た。しかし,群衆に阻まれて,イエスのもとに連れて行くことができなかったので,イエスがおられる辺りの屋根をはがして穴をあけ,病人の寝ている床をつり降ろした。イエスはその人たち信仰を見て,中風の人に,「子よ、あなたの罪は赦される」と言われた。その人は起き上がり,すぐに床を担いで,皆の見ている前を出て行った。(マルコ2:1~2,12a)

この奇跡物語は,聖書の中では,いわゆる「癒しの奇跡」に分類される。「癒しの奇跡」で救われる人は,こぞって,「あなたの信仰があなたを救った」とイエスに言われる。
しかし,この「中風の人のいやし」はちょっとだけ違う。この中風の人は,自分でイエスのところにやってきたのではなく,四人の男に「運ばれて」イエスのところにやってきた。ところが,大勢の人に阻まれて,イエスのいる家に入ること出来なかった。すると,四人の男たちは,中風の人を連れたまま,屋根に登り,穴をあけて,イエスのいる前に担架に載せたままの中風の人を吊り下げたのだ。それを見たイエスは,屋根に穴をあけた四人の男の信仰を見て,中風の人を救った。

続きを読む "奇跡の生還"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

命から命へ

一粒の麦は,地に落ちて死ななければ,一粒のままである。だが,死ねば,多くの実を結ぶ。自分の命を愛する者は,それを失うが,この世で自分の命を憎む人は,それを保って永遠の命に至る。(ヨハネ福音書12章24・25節)

 101024lj_3 若い頃,長い間悩んでいたとき,この聖書の一文を読んで,ハッとしたことを今でも鮮明に覚えている。
  その頃,大学一年生だった私は,まだキリスト教のことはほとんど何も知らなかった。聖書も持っていなかった。だから,上述の聖書箇所も,ある本の中で読んだ。その本は,大学の一般教養で「美術史」という科目を担当していたジョセフ・ラブ(本名)という名前の教授が書いた『教えるヒント学ぶヒント』(新潮選書)という本の中に書いてあった。私はこの科目を履修していて,その先生から直接,この本を購入した。
 先生のことは,「ラブさん」と呼んでいた。優しい先生だったが,レポートの評価は厳しかった。その後,大学を辞められて,現代画家としての創作活動に専念したとうかがっている。

 あの頃の私は,何かにしがみつき,あるいは,過去に囚われ,前進できずにいた。そんな精神状態で読んだ「一粒の麦は,地に落ちて死ななければ,一粒のままである」は,まるで自分自身を指しているように思えた。何の生産性もない日々を何年間も過ごしてきたからだ。 

続きを読む "命から命へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

「人間失格」・「ヴィヨンの妻」

Dazai_2 Project BUNGAKUという企画の芝居が,9月30日から10月10日の日程で上演されていた。
ワーサルシアターという,八幡山(京王線の上北沢と芦花公園の間の駅)にある,80名定員の芝居小屋,というか稽古場のようなところで上演された。
この企画は,若手新鋭の演出家4名が,各々持ち時間20分間で,太宰作品を一つ芝居に仕立て上演するというのもの。
4名の新進演出家各々が一つずつが選んだ作品は,「Human Lost」,「燈籠」,「ヴィヨンの妻」,「人間失格」であった。個人的には「桜桃」が入っていなかったのは惜しいが,すべて見応えがあった。
「燈籠」や「ヴィヨンの妻」などは,おそらく朗読するだけで20分で終わってほどの長さの作品である。「Human Lost」は太宰が脳病院(精神科病棟)に入れられている1ヶ月ほどの日記。「人間失格」は太宰の中では長編。それぞれ、演出家はどうやって仕立てるんだろうと思い,とにかく初日から観に行ってみた。

これが,大当たりだった。

80名定員の客席は,ちょうど満員になるくらいにチケットはさばけた様子。
4作品,それぞれ若手演出家の持ち味がよく出ていたが,何と言っても「人間失格」が傑出していたように私は思った。
演出家の谷賢一氏の構成と主人公・葉蔵役のコロさん(柿喰う客)の演技,特に葉蔵の表情づくりが素晴らしかった。
小説「人間失格」は,文庫で読むと200ページくらい(だったかな)の作品だから,僕だったら読むのに(今はやりの速読は大嫌いなので)数時間はかかる。
しかし,この芝居の上演時間はたった20分。
なのに,劇を見終わった後,原作を全部読んだのと同じ重厚感(変な言葉ですが)を感じた。
この芝居,おそらくもう上演される機会はないと思うので,本当に見て良かったと思います。
あまりにも,良かったので,楽日(この日はチケットが売り切れだったので)の前日にもう一回観に行きました。

ところで,芝居としては「人間失格」に引き込まれたけれど,印象に残った台詞は「ヴィヨンの妻」での大谷・主人公(多分太宰自身がモチーフ)と妻の遣り取り。

大谷「・・・,おそろしいのはね,この世の中の,どこかに神がいる,という事なんです。いるんでしょうね?」
妻「え?」
大谷「いるんでしょうね?」
妻「私にはわかりませんわ」
大谷「そう」

月並みですが,太宰の,神を畏れ,神を求める気持ちがストレートに表現されている箇所だと思います。

それと,小説の結末。新聞で「人非人」と酷評されている夫・大谷が,妻に対して,自分は人非人なんかではないと弁明したとき,妻が返す言葉。

「人非人でもいいじゃないの。私たちは生きていさえすればいいのよ」

なんだか,私が言われているような気になりました。
まるで,高校生のときのように。

いや,あの頃と違って,ちょっとしんみりきました。

続きを読む "「人間失格」・「ヴィヨンの妻」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

「遠い空の向こうに」

”OCTOBER SKY”(邦題「遠い空の向こうに」)という映画(2004,Universal Studios)を,昨日の放課後,高1生徒の聖書研究会で,生徒と一緒に観た。
NASAのエンジニアであるホーマー・ヒッカム氏の自伝を,ジョー・ジョンストン監督が映画にしたもので,高校時代に炭鉱街に住んでいた主人公のホーマーが,3人の仲間と共に宇宙ロケット打ち上げを夢見て,失敗を繰り返しながらも,諦めずに何度もチャレンジして・・・・(これ以上,書くと映画のストーリーがわかってしまうので,この辺で・・・・・),という,非常に感動的な青春映画であった。一緒に観た高校1年生たち(4人ですが・・・)も,放課後の眠たい時間帯,”一睡もせずに”じっと,小講堂のスクリーンを観ていた。

ストーリーはこれ以上書かないが,私がこの映画の中で,最も気に入った台詞を紹介しておきたい。
この場面,主人公のホーマーは,ある事情があって,一時,ロケットづくりを諦め,高校もやめてしまい,父の仕事である炭鉱夫の仕事を自分も(継ぐつもりで)やっていた。
そんなある日,ホーマーは,高校在籍時代に,いつも味方をしてくれていたミス・ライリーという先生の元を訪ねる。ミス・ライリー(ブリーダ・ライリー)も実在した人物で,その後,31歳の若さで亡くなっている。したがって,ライリーの晩年の言葉である。

ライリー先生は,ロケット打ち上げの夢を頓挫していたホーマーにこんな風に語りかける。

「ホーマー,知ってる?時には他人の言う事を聞いてはいけないの。自分の内なる声を聞くの。あなたは炭鉱マンじゃない。別の人生を設計しているはずよ」(なお,ここで,ライリーは炭鉱マンという職業について蔑視しているのではありません。ホーマーに,”別の人生を設計していること”に気づかせたいのです)。

このライリー先生の言葉をきっかけに,ホーマーは再びロケット打ち上げへの夢へと向かって進むようになります。

もちろん,普段の生活や人間関係の中では,他人の言う事に耳を傾けることは非常に大切なことです。そうすることによって,自分の考えと異なる人とも折り合いをつけて,付き合ったり,一緒にチームを組んで仕事に当たったりします。

しかし,ミス・ライリーがホーマーに言った,「時には他人の言う事を聞いてはいけない」,「自分の内なる声を聞く」もまた,実に大切なことであると思う。

なぜなら,「他人の言う事」は,たとえそれが親しい人の言った事であっても,所詮,他人があなたの一部を知って,あなたを,有限の時間内で見て言った事に過ぎない。それに対して,「自分の内なる声」は,自分さえ知らない,深いところにいる自分。自分さえ立ち入れない,自分の奥深いところ(Still Point)を通して語りかけてくれる,自分を超えた方,超越者からのメッセージだからだ。

続きを読む "「遠い空の向こうに」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

キリスト教入門講座始めます

今日はちょっとPRです。

約1年ぶりに,カトリック雪ノ下教会にて,キリスト教入門講座を再開することとなりました。

詳しくは,ここをクリックして下さい。

私たちは日々の暮らしに流されて生きていかなければなりません。
生活の中には喜びがあり,悲しみがあり,怒りがあり,不安があり,希望があり,・・・。
こうしたもののすべてに目を留めることは不可能ですし,その必要もありません。
あるいは,そんなことをしていたら,心が破綻してしまうかもしれません。
しかし,ときには,ゆったりとした気持ちで,生活を見直し,その中で流れていった感情を拾い集め,今一度,そのときとは別の視点で捉え直してみるのも良いことだろうと思います。

その別の視点を与えてくれるのは,他人との分かち合いであり,また,聖書のみ言葉でしょう。

今回の講座では,カウンセリングにも精通したイエズス孝女会のシスター小野恭世さんが一緒に関わって下さいます。いろいろな不安を持たれている方も安心してご参加下さい。

1回のみの飛び入り参加もOKです。
お近くの方も,遠くの方も,お待ちしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

今,あなたを,愛する

13世紀,ドイツのエックハルトという神学者は,仲間達から3つの質問を受けたそうです。

(1)1日の中で一番大切な時間はいつですか?

(2)人生の中で一番大切な人は誰ですか?

(3)人生の中で一番大切なことは何ですか?

どう答えたと思われますか。

続きを読む "今,あなたを,愛する"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

嘆きの淵にある時も

♪春に枯れ葉は舞い踊らず
秋に緑の芽は吹かない
夏に裸の梢を知らず
冬に花びら咲くこともない♪
(岡林信康『嘆きの縁にある時にも』)

カトリック教会では,今日は年間第25主日(A年)。読まれた福音箇所『私の気前のよさをねたむのか』については先日も書きましたし,3年前にも触れています。

ところで,旧約聖書の朗読箇所である『イザヤの預言』55.6~9についてですが,こちらの方についても,すでに何度か触れています

それにしても,

わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり
わたしの道はあなたたちの道と異なると 主は言われる。
天が地を高く超えているように わたしの道は、あなたたちの道を
わたしの思いは あなたたちの思いを、高く超えている。
(イザヤ55:8)

という聖句はなんと救いに満ちた響きを持った言葉でしょう。
この聖句の主語「わたし」は神様で,「あなた」は私たち人間一人ひとりを指します。

続きを読む "嘆きの淵にある時も"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

風詩

私は一週間の半分くらいはマイカー通勤で、残りの半分は江ノ電バスか、JRと徒歩で通勤している。
帰りは、下りホームはほぼ無人駅に近い北鎌倉駅で降りて、山の上の我が家に向かう。
明月院の横の坂を頂上まで登ると、家と同じ標高に達する。

さて、この帰り道、特に明月院(俗にいう紫陽花寺)の横を通るときは、
今は、秋の虫が大合唱だ。
この秋の虫の大合唱を聞くと、必ず思い出す歌がある。
岡林信康さんの『風詩』という歌。

♪秋の終わりに 鳴く虫の音は
そばにお前が 居るのに淋し♪

という歌い出しを、つい小声で口ずさんでしまう。
因みにいつも一人で歩くので、そばに「お前」は居ないのだが。

全部歌詞を載せたいところだが、著作権の問題があるので、
抜粋して紹介したい。

♪あの世この世を 幾度も往くは
もっと愛して 惚れるがためよ♪

この辺りって、絵本の『100万回生きたねこ』(佐野洋子、講談社、1977080917年)を思い出します。
それまで、どの飼い主も好きになれなかったねこは、
死んでも死んでも、また別の飼い主のねことなって、生き返ります。しかし、最後に、たった一人(一匹)の白いねこを好きになったあとで、死んだら、もうその主人公のねこは2度と生き返ることはなかったというお話です。

僕たちがなかなかあの世に入れないのは、まだまだ愛したり、惚れたりすることが足りないから?

続きを読む "風詩"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

戦争する脳

『戦争する脳---破局への病理』(平凡社新書)という本を,数ヶ月前に読みました。 20080905_19  
著者の計見一雄氏は精神科救急医療(これ自体,まだまだ発展途上の医療分野ですが)の第一人者です。

内容を一言で言えば,脳科学的にみると日常と戦争は地繋がりであり,現在の日常と戦争は接近している,というようなことが書いてある本です。

この本の全体像はさておき,次の記述にとても興味を持ちました。

「ヒトの脳は宇宙で一番良くできた思考機械であるが,重大な弱点が三つある。一つは,一日七~八時間の睡眠を取らないとちゃんと働かないこと。四八時間完全に断眠した脳は全く当てにならない。二番目の欠点というか,取説上の注意点とでもいうべき特徴は,連続して単独運転させるなという点である。(中略)最後の三番目は、脳だけじゃ考えることも、感じることもできないという、当たり前の真実。」

続きを読む "戦争する脳"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧