2010年10月31日 (日)

罪を見過ごされる神

101031b阿部仲麻呂神父。「あべなかまろ」と読みます。
遣唐使に同行し,長安に留学し,科挙に合格した歴史上の人物・阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)と良く似たお名前ですが,二文字目が,「あべなかまろ」さんの方は「部」,歴史上の「あべのなかまろ」さんの方は「倍」です。

その阿部仲麻呂神父様は,サレジオ会という修道会の司祭であり,かつ,現代の日本を代表する神学者のお一人で,大学や大神学院で教鞭を執っておられます。
その阿部神父から,3年ほど前に,神父様自身の著書『神さまにつつまれて』をいただきました。

さて,今日のカトリック教会の第1朗読は,『知恵の書』。この書は,カトリック教会だけが正典と認めている「旧約聖書続編」の中の一つなので,聖書の中では知名度の低い文書です。
しかし,カトリック教会は,この『知恵の書』を大事にしており,今日の典礼(ミサ)でも読まれました。
読まれた箇所は11章22節~12章2節まででしたが,私はこのうち,11章23節~26節が,聖書の中でも好きな箇所の5本の指に入ります。その日の気分によっては,「一番好きな箇所」と言っても過言ではないかもしれません。
引用しますと,

全能のゆえに、あなたはすべての人を憐れみ,回心させようとして,人々の罪を見過ごされる。
あなたは存在するものすべてを愛し,お造りになったものを何一つ嫌われない。憎んでおられるのなら,造られなかったはずだ。
あなたがお望みにならないのに存続し,あなたが呼び出されないのに存在するものが果たしてあるだろうか。
命を愛される主よ,すべてはあなたのもの,あなたはすべてをいとおしまれる。
(知恵の書11:22~26)

私は,特に,罪の状態に陥りやすい私たちを憐れみ「回心させようとして,罪を見過ごされる」という点にグッとくる。
本当に何度,私は罪を見過ごされてきたことか。
しかも,大罪になる寸前で,逃れたことが何度もある。
その度に,(神さまに)「裁かれなくて良かった」という気持ちが心を過ぎる。
そして,その都度,上の聖句を思い出し,
「ああ,また回心に招かれている」と思う。
そして,しばらくはその恵みを忘れずに過ごすのだが,
また,すぐに弱さから,「見えなくなり」,罪を犯す。

その罪とは何か。
あまりに多すぎて挙げきれないが,
まず,現実的な,生活上の罪。
つまり,家族をはじめ周囲に嫌な思いをさせたり,傷つけたり・・・・・。

それから,遠藤周作が『沈黙』の中で言っている「人がもう一人の人間の人生の上を通過しながら、自分がそこに残した痕跡を忘れる」という罪。この見方でも,家族や友人の人生の上を烈しく通過していることによる罪は大きい。

続きを読む "罪を見過ごされる神"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

命から命へ

一粒の麦は,地に落ちて死ななければ,一粒のままである。だが,死ねば,多くの実を結ぶ。自分の命を愛する者は,それを失うが,この世で自分の命を憎む人は,それを保って永遠の命に至る。(ヨハネ福音書12章24・25節)

 101024lj_3 若い頃,長い間悩んでいたとき,この聖書の一文を読んで,ハッとしたことを今でも鮮明に覚えている。
  その頃,大学一年生だった私は,まだキリスト教のことはほとんど何も知らなかった。聖書も持っていなかった。だから,上述の聖書箇所も,ある本の中で読んだ。その本は,大学の一般教養で「美術史」という科目を担当していたジョセフ・ラブ(本名)という名前の教授が書いた『教えるヒント学ぶヒント』(新潮選書)という本の中に書いてあった。私はこの科目を履修していて,その先生から直接,この本を購入した。
 先生のことは,「ラブさん」と呼んでいた。優しい先生だったが,レポートの評価は厳しかった。その後,大学を辞められて,現代画家としての創作活動に専念したとうかがっている。

 あの頃の私は,何かにしがみつき,あるいは,過去に囚われ,前進できずにいた。そんな精神状態で読んだ「一粒の麦は,地に落ちて死ななければ,一粒のままである」は,まるで自分自身を指しているように思えた。何の生産性もない日々を何年間も過ごしてきたからだ。 

続きを読む "命から命へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

夜空には星のないところはない

2月くらい前,勤務校の学園休業期間(世間で言うお盆休み)を利用して,
マウナ・ケアからの星空を眺めることを主な目的として,
ハワイ島に4日間行ってきました。

序でに,オアフ島にも,21年ぶりに3日間行ってきましたが,
オアフ島,特にワイキキ周辺の変わり様には,聞いてはいましたが,
がっかりして帰ってきました。
具体的には町の汚さと,交通マナーの悪さです。
ハワイ島ではレンタカーを借りてあちこちに移動しましたが,
オアフ島ではほとんどコンドミニアムから出ずにいました。
唯一,ワイキキで良かったのは,セント・アウグスティヌ教会。
平日にも関わらず,毎日ミサに参加することが出来ました。
ここの教会はビーチサイドということもあり,
さすがに水着のままではダメですが,
ビーチサンダルと,袖無し・半ズボンでミサに参加している地元の人が大勢いました。
以前,サイパンでミサに参加したとき,
皆さんが襟のあるシャツと長ズボンだったこと対照的でした。
ところ変われば,ミサに参加する服装に対する考えは違うのですね。
しかし,変わらないことは,そこに行けば,ご聖体
(信者ではない方のために,説明すると,
本来目に見えないキリストの体=命を,
教会が定めた”秘跡”という制度に従って,ウエハウスのような見える形にしたものです)
をいただけるということです。

つまり,世界中どこに行っても,カトリック教会に行けば,
そのような”秘跡”としての,キリストに,出会うことが出来るわけです。

難しい話はこの辺にして,
マウナ・ケアですが,ここはご存知のように,約4200メートルのその山頂付近には,
世界十数カ国の天文台があり,日本の国立天文台もすばる望遠鏡を設置しています。
この夏のハワイ行きはここに行くことが目的でした。
もちろん,そこから観たサンセットや雲海はきれいでした(写Hawaii_5真をクリックしてみて下さい)。

しかし,なんといっても圧巻はその星空です。
肉眼で見たのですが,お天気にも恵まれ
(一年中ほとんど晴れるそうです。だから天文台には適している),
天の川さえ,手に取るように見ることが出来ました。
そして,日本では考えてもみなかったことですが,
夜空にはどこにでも星があるということです。

更に,案内してくれた現地の星空専門のガイドさんの話を聞きながら,
ちょっと感動したことがあります。

ガイドさん「本当に日本では考えられないくらいの星の数でしょう」
私「本当にそうですね。どこを見上げても星がある」
ガイドさん「肉眼でこれだけ見えるのですからね」
私「・・・」
ガイドさん「・・・」
私「あっ,そうか」
ガイドさん「肉眼で見えない無数の星が・・・」
私「そうですね。もし全部の星が見えてしまったら,空一面,星で一杯。銀色な訳か」
ガイドさん「夜空には,いや空には星のないところはない」
私「あの黒くて何もないようなところにも,実は遠くには星がある」
ガイドさん「そうなんでしょうね。なかなか想像しがたいですが・・・」

空には星がないところはない。
夜空を見上げても星が見えない暗いところにも星がある。

続きを読む "夜空には星のないところはない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

何もできなかった最高の日曜日

Kayama_daiji_2 今日の日曜日は有意義でしたか?

この書き始めを読んで,「全然有意義じゃなかった。何も生産的なことはできなかった」と思われた方も多いのではないでしょうか。

週末を使ってやろうと思っていた部屋の掃除,書類の整理,手紙の返信書き,・・・・・,中には溜まりに溜まった仕事をなんとかやり終えようなんて,金曜の夜辺りには考えていた人もいるのではないでしょうか?
でも,結局,ダラダラと過ごし,ほとんど捗らなかった。あるいは,何もできなかった。
「ああ,なんだか自己嫌悪」
そんな風に考えてしまいがちですよね。
こう書いている私も,ちょっと前までは,休日にはアレをやってコレを済ませて・・・・,なんて考えていました。まあ,今でも,さすがにいろいろなこと(部屋の掃除,書類の整理,先週の仕事のやり残し,・・・・・)が溜まりすぎると,まあ,何か一つくらいは片付けたいなんて思います。でも,だいたいできません。

あるいは,せっかくの日曜日なのに,どこにも遊びに行かれなかった。
だから,有意義な休日ではなかったなどと,はやり,若干落ち込んで考えている方もおられるでしょうね。

休日の過ごし方。
最近,気になっているCMがあります。
それは,佐藤隆太さんが出ている発泡酒のCMです。
ビートルズの♪Ob-La-Di,Ob-La-Da♪がバックに流れ,
発泡酒を持った佐藤隆太さんが,さわやかに叫びます。
「湖」篇と,「草原」篇があり,
http://link.brightcove.co.jp/services/player/bcpid10249703001?bctid=off_mizuumi_15
で,見ることができます。
「湖」篇では,発泡酒を片手に元気よく登場した彼が,

「みなさん,最近堂々と,休んでますかー!」

と叫びます。
「草原」篇では,すこし,ゆったりとした調子であぐらをかいた彼が,やはり発泡酒を片手に,

「せっかくですから,頭を空っぽにしませんか?」

とテレビから語りかけてきます。

私は,このCMを見たときに,香山リカさんの『大事なことは先のばしにしなさい』(2009年,ビジネス社)という本に書かれていた,「精神科医が考える理想的な休日の過ごし方」(70ページ)を思い出しました。

この本の中で香山さんは,「貴重な休みを有意義に」という考えが頭に浮かんだ時点で,もうその休みは休みではなくなっているのだと書いています。(69ページ)

具体的には,目覚ましをかけずに寝たいだけ寝て,布団のなかでダラダラして,お腹が空いてきたらパジャマのままで,冷蔵庫のものを適当に食べて,顔を洗ったりシャワーを浴びるようなことはせず,また布団に戻るもよし,テレビをつけるもよし,ただし真剣に見入ったりはしない。メールのチェックもせず,携帯の着信にもよほどのことじゃないと出ない。
こんな,エネルギーもお金も使わない,要は1日ダラダラするのが精神科医が考える理想的な休日だと書いています。

Morotomi_kodokulesson カウンセラーの諸富祥彦さんも,10年ほど前に『孤独であるためのレッスン』(2000年,NHKブックス)という本の中で,当時流れていた「何もしない,をしよう。自分に戻る列車の旅」というJR東日本のCMのコピーを引用し,これについて,「何もしないこと」を意識的に「する」ことが,「自分に戻るため」に必要であるという論理がうまく組み込まれているとうなっています。

続きを読む "何もできなかった最高の日曜日"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

「遠い空の向こうに」

”OCTOBER SKY”(邦題「遠い空の向こうに」)という映画(2004,Universal Studios)を,昨日の放課後,高1生徒の聖書研究会で,生徒と一緒に観た。
NASAのエンジニアであるホーマー・ヒッカム氏の自伝を,ジョー・ジョンストン監督が映画にしたもので,高校時代に炭鉱街に住んでいた主人公のホーマーが,3人の仲間と共に宇宙ロケット打ち上げを夢見て,失敗を繰り返しながらも,諦めずに何度もチャレンジして・・・・(これ以上,書くと映画のストーリーがわかってしまうので,この辺で・・・・・),という,非常に感動的な青春映画であった。一緒に観た高校1年生たち(4人ですが・・・)も,放課後の眠たい時間帯,”一睡もせずに”じっと,小講堂のスクリーンを観ていた。

ストーリーはこれ以上書かないが,私がこの映画の中で,最も気に入った台詞を紹介しておきたい。
この場面,主人公のホーマーは,ある事情があって,一時,ロケットづくりを諦め,高校もやめてしまい,父の仕事である炭鉱夫の仕事を自分も(継ぐつもりで)やっていた。
そんなある日,ホーマーは,高校在籍時代に,いつも味方をしてくれていたミス・ライリーという先生の元を訪ねる。ミス・ライリー(ブリーダ・ライリー)も実在した人物で,その後,31歳の若さで亡くなっている。したがって,ライリーの晩年の言葉である。

ライリー先生は,ロケット打ち上げの夢を頓挫していたホーマーにこんな風に語りかける。

「ホーマー,知ってる?時には他人の言う事を聞いてはいけないの。自分の内なる声を聞くの。あなたは炭鉱マンじゃない。別の人生を設計しているはずよ」(なお,ここで,ライリーは炭鉱マンという職業について蔑視しているのではありません。ホーマーに,”別の人生を設計していること”に気づかせたいのです)。

このライリー先生の言葉をきっかけに,ホーマーは再びロケット打ち上げへの夢へと向かって進むようになります。

もちろん,普段の生活や人間関係の中では,他人の言う事に耳を傾けることは非常に大切なことです。そうすることによって,自分の考えと異なる人とも折り合いをつけて,付き合ったり,一緒にチームを組んで仕事に当たったりします。

しかし,ミス・ライリーがホーマーに言った,「時には他人の言う事を聞いてはいけない」,「自分の内なる声を聞く」もまた,実に大切なことであると思う。

なぜなら,「他人の言う事」は,たとえそれが親しい人の言った事であっても,所詮,他人があなたの一部を知って,あなたを,有限の時間内で見て言った事に過ぎない。それに対して,「自分の内なる声」は,自分さえ知らない,深いところにいる自分。自分さえ立ち入れない,自分の奥深いところ(Still Point)を通して語りかけてくれる,自分を超えた方,超越者からのメッセージだからだ。

続きを読む "「遠い空の向こうに」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

チームの時代

チームの時代だと思う。
日本人は,人に迷惑をかけないことを美徳とする余り,
あるいは,一匹狼的な仕事の仕方に寛容(どころか格好良いと思ってしまう)であるため,
昔からチームを組むのがあまり得意ではない。
若干関連するけれど,日本人の会議の下手さも国際的には有名らしい。

1982年のホテル・ニュージャパン火災において,レスキュー隊長として,救出劇の中心となった東京消防庁の高野甲子雄氏(以前,NHKのプロジェクトXで取り上げられた)に依れば,
良いチームを組む秘訣は

(1)普段からチームで動くこと
(2)緊急時には,そこにいるメンバーで動くこと

だという。

私は教員という仕事をしているが,このことは実に身に染みる。

普段からチームで動いているだろうか?
・・・。
緊急時にならないと,チームを組もうとしてはいないか?

さらに,緊急事態が起こったとき。
そこにいるメンバーで動こうとしているか?
ついつい,そこにはいない豪腕のメンバーを求めたりはしていないか?
「あの人がいてくれたら・・・」なんて思ってしまう。

続きを読む "チームの時代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月31日 (火)

オンリー・ワン?

君が君を好きだったとき,
もしかして君は自分のことをすばらしい,優秀だ,人より何でも早くできる。
そう思っていたのではないかね?

つまずいた君は,もう君を好きにはなれなかった。
なぜなら,そんな君はもうすばらしくはなかったから。

すばらしくなくなった君を,君はダメな人間だと言った。
しかし,そうかなあ。

自分に厳しいのは敏感な君の良さでもあるけれど,
君はときどき僕にも厳しい。
それは,僕も同類だけど。

世の中に,すばらしいとダメしかなかったら,大多数の人はダメ人間だね。
しかし,そうかなあ。

世の中の大多数の人は,すばらしくはない,ただ普通の人だと思うよ。
君だって普通の人さ。

「ナンバー・ワンになれなくても,オンリー・ワンを目指そう!」
世の中にもてはやされているけれど,これはホントに曲者だよ。
だって,自分だけにできることなんてそうそうないでしょう?
もしかしたら,一等賞をとること,つまり,ナンバー・ワンより,
自分だけにできることを見つけることは難しいもの。
そもそも誰がオンリー・ワンって決めるのかねえ。
それは自分が決めるものと反論されそうだけれど,
そんなに人は単純じゃあない。

ナンバー・ワンにも,オンリー・ワンにもなれない君こそ,
普通の人。けっしてダメ人間なんかじゃあない。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

キリスト教入門講座始めます

今日はちょっとPRです。

約1年ぶりに,カトリック雪ノ下教会にて,キリスト教入門講座を再開することとなりました。

詳しくは,ここをクリックして下さい。

私たちは日々の暮らしに流されて生きていかなければなりません。
生活の中には喜びがあり,悲しみがあり,怒りがあり,不安があり,希望があり,・・・。
こうしたもののすべてに目を留めることは不可能ですし,その必要もありません。
あるいは,そんなことをしていたら,心が破綻してしまうかもしれません。
しかし,ときには,ゆったりとした気持ちで,生活を見直し,その中で流れていった感情を拾い集め,今一度,そのときとは別の視点で捉え直してみるのも良いことだろうと思います。

その別の視点を与えてくれるのは,他人との分かち合いであり,また,聖書のみ言葉でしょう。

今回の講座では,カウンセリングにも精通したイエズス孝女会のシスター小野恭世さんが一緒に関わって下さいます。いろいろな不安を持たれている方も安心してご参加下さい。

1回のみの飛び入り参加もOKです。
お近くの方も,遠くの方も,お待ちしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

今,あなたを,愛する

13世紀,ドイツのエックハルトという神学者は,仲間達から3つの質問を受けたそうです。

(1)1日の中で一番大切な時間はいつですか?

(2)人生の中で一番大切な人は誰ですか?

(3)人生の中で一番大切なことは何ですか?

どう答えたと思われますか。

続きを読む "今,あなたを,愛する"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

近道はただそれだけのこと

僕の勤務している学校では週6日制(週休2日じゃないということ)で,生徒朝礼は半分の週3回が教室朝礼で,残りの週3回は,学年をまたいでの外朝礼となる。

この外朝礼が曲者で,毎回校長先生の話なら,僕たち普通の(?)教員には気が楽なのだが,ローテイションで全教員に講話が割り振られる。

僕の場合,ほとんど,その日の朝に出勤してから,自分が当番であることを担当の同僚教員から告げられ,「え~っ,ホントですか~。知りませんでした~」と言いながら,しょうがないから,思いついたことを,目一杯生徒に話す。

「戦争はしちゃあいけないよ」

「僕より先に死んではいけないよ」

「沈黙してごらん。何が聞こえる?」

なんて,思い立ったままのことを話す。

さて,ところで,最近,この外朝礼で,同僚が生徒に話したことで,心に沁みたのがタイトルの言葉。

劇作家・山田太一氏の座右の銘として,その同僚は生徒に紹介したのだが,僕は妙に共感してしまった。

そう,近道はただそれだけのことさ!

しかし,だからと言って,「遠回りしたからと言って,必ずしも何かが見つかるとも限らないのですが」と言うあたりが,K先生(その話をされた同僚)らしいなあと思った。

僕たちは自分が道を選ぶのではなく,用意された道をめいっぱい歩むだけなのではないだろうか。

だからこそ,僕は君の歩を応援しているし,僕も君の助けを必要としている。

続きを読む "近道はただそれだけのこと"

| | コメント (8) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧