2010年10月11日 (月)

夜空には星のないところはない

2月くらい前,勤務校の学園休業期間(世間で言うお盆休み)を利用して,
マウナ・ケアからの星空を眺めることを主な目的として,
ハワイ島に4日間行ってきました。

序でに,オアフ島にも,21年ぶりに3日間行ってきましたが,
オアフ島,特にワイキキ周辺の変わり様には,聞いてはいましたが,
がっかりして帰ってきました。
具体的には町の汚さと,交通マナーの悪さです。
ハワイ島ではレンタカーを借りてあちこちに移動しましたが,
オアフ島ではほとんどコンドミニアムから出ずにいました。
唯一,ワイキキで良かったのは,セント・アウグスティヌ教会。
平日にも関わらず,毎日ミサに参加することが出来ました。
ここの教会はビーチサイドということもあり,
さすがに水着のままではダメですが,
ビーチサンダルと,袖無し・半ズボンでミサに参加している地元の人が大勢いました。
以前,サイパンでミサに参加したとき,
皆さんが襟のあるシャツと長ズボンだったこと対照的でした。
ところ変われば,ミサに参加する服装に対する考えは違うのですね。
しかし,変わらないことは,そこに行けば,ご聖体
(信者ではない方のために,説明すると,
本来目に見えないキリストの体=命を,
教会が定めた”秘跡”という制度に従って,ウエハウスのような見える形にしたものです)
をいただけるということです。

つまり,世界中どこに行っても,カトリック教会に行けば,
そのような”秘跡”としての,キリストに,出会うことが出来るわけです。

難しい話はこの辺にして,
マウナ・ケアですが,ここはご存知のように,約4200メートルのその山頂付近には,
世界十数カ国の天文台があり,日本の国立天文台もすばる望遠鏡を設置しています。
この夏のハワイ行きはここに行くことが目的でした。
もちろん,そこから観たサンセットや雲海はきれいでした(写Hawaii_5真をクリックしてみて下さい)。

しかし,なんといっても圧巻はその星空です。
肉眼で見たのですが,お天気にも恵まれ
(一年中ほとんど晴れるそうです。だから天文台には適している),
天の川さえ,手に取るように見ることが出来ました。
そして,日本では考えてもみなかったことですが,
夜空にはどこにでも星があるということです。

更に,案内してくれた現地の星空専門のガイドさんの話を聞きながら,
ちょっと感動したことがあります。

ガイドさん「本当に日本では考えられないくらいの星の数でしょう」
私「本当にそうですね。どこを見上げても星がある」
ガイドさん「肉眼でこれだけ見えるのですからね」
私「・・・」
ガイドさん「・・・」
私「あっ,そうか」
ガイドさん「肉眼で見えない無数の星が・・・」
私「そうですね。もし全部の星が見えてしまったら,空一面,星で一杯。銀色な訳か」
ガイドさん「夜空には,いや空には星のないところはない」
私「あの黒くて何もないようなところにも,実は遠くには星がある」
ガイドさん「そうなんでしょうね。なかなか想像しがたいですが・・・」

空には星がないところはない。
夜空を見上げても星が見えない暗いところにも星がある。

続きを読む "夜空には星のないところはない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

「遠い空の向こうに」

”OCTOBER SKY”(邦題「遠い空の向こうに」)という映画(2004,Universal Studios)を,昨日の放課後,高1生徒の聖書研究会で,生徒と一緒に観た。
NASAのエンジニアであるホーマー・ヒッカム氏の自伝を,ジョー・ジョンストン監督が映画にしたもので,高校時代に炭鉱街に住んでいた主人公のホーマーが,3人の仲間と共に宇宙ロケット打ち上げを夢見て,失敗を繰り返しながらも,諦めずに何度もチャレンジして・・・・(これ以上,書くと映画のストーリーがわかってしまうので,この辺で・・・・・),という,非常に感動的な青春映画であった。一緒に観た高校1年生たち(4人ですが・・・)も,放課後の眠たい時間帯,”一睡もせずに”じっと,小講堂のスクリーンを観ていた。

ストーリーはこれ以上書かないが,私がこの映画の中で,最も気に入った台詞を紹介しておきたい。
この場面,主人公のホーマーは,ある事情があって,一時,ロケットづくりを諦め,高校もやめてしまい,父の仕事である炭鉱夫の仕事を自分も(継ぐつもりで)やっていた。
そんなある日,ホーマーは,高校在籍時代に,いつも味方をしてくれていたミス・ライリーという先生の元を訪ねる。ミス・ライリー(ブリーダ・ライリー)も実在した人物で,その後,31歳の若さで亡くなっている。したがって,ライリーの晩年の言葉である。

ライリー先生は,ロケット打ち上げの夢を頓挫していたホーマーにこんな風に語りかける。

「ホーマー,知ってる?時には他人の言う事を聞いてはいけないの。自分の内なる声を聞くの。あなたは炭鉱マンじゃない。別の人生を設計しているはずよ」(なお,ここで,ライリーは炭鉱マンという職業について蔑視しているのではありません。ホーマーに,”別の人生を設計していること”に気づかせたいのです)。

このライリー先生の言葉をきっかけに,ホーマーは再びロケット打ち上げへの夢へと向かって進むようになります。

もちろん,普段の生活や人間関係の中では,他人の言う事に耳を傾けることは非常に大切なことです。そうすることによって,自分の考えと異なる人とも折り合いをつけて,付き合ったり,一緒にチームを組んで仕事に当たったりします。

しかし,ミス・ライリーがホーマーに言った,「時には他人の言う事を聞いてはいけない」,「自分の内なる声を聞く」もまた,実に大切なことであると思う。

なぜなら,「他人の言う事」は,たとえそれが親しい人の言った事であっても,所詮,他人があなたの一部を知って,あなたを,有限の時間内で見て言った事に過ぎない。それに対して,「自分の内なる声」は,自分さえ知らない,深いところにいる自分。自分さえ立ち入れない,自分の奥深いところ(Still Point)を通して語りかけてくれる,自分を超えた方,超越者からのメッセージだからだ。

続きを読む "「遠い空の向こうに」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

キリスト教入門講座始めます

今日はちょっとPRです。

約1年ぶりに,カトリック雪ノ下教会にて,キリスト教入門講座を再開することとなりました。

詳しくは,ここをクリックして下さい。

私たちは日々の暮らしに流されて生きていかなければなりません。
生活の中には喜びがあり,悲しみがあり,怒りがあり,不安があり,希望があり,・・・。
こうしたもののすべてに目を留めることは不可能ですし,その必要もありません。
あるいは,そんなことをしていたら,心が破綻してしまうかもしれません。
しかし,ときには,ゆったりとした気持ちで,生活を見直し,その中で流れていった感情を拾い集め,今一度,そのときとは別の視点で捉え直してみるのも良いことだろうと思います。

その別の視点を与えてくれるのは,他人との分かち合いであり,また,聖書のみ言葉でしょう。

今回の講座では,カウンセリングにも精通したイエズス孝女会のシスター小野恭世さんが一緒に関わって下さいます。いろいろな不安を持たれている方も安心してご参加下さい。

1回のみの飛び入り参加もOKです。
お近くの方も,遠くの方も,お待ちしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

今,あなたを,愛する

13世紀,ドイツのエックハルトという神学者は,仲間達から3つの質問を受けたそうです。

(1)1日の中で一番大切な時間はいつですか?

(2)人生の中で一番大切な人は誰ですか?

(3)人生の中で一番大切なことは何ですか?

どう答えたと思われますか。

続きを読む "今,あなたを,愛する"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

そんな重荷に耐え続けることはできない

私の好きな聖書箇所の一つに

「(神さまは)あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず,試練と共に,それに耐えられるよう,逃れる道をも備えていてくださいます。」
(Ⅰコリント1:13 日本聖書協会 新共同訳聖書)

というのがあります。
この聖句は結構私の支えになっています。
特に,最後の,神さまが逃げ道を準備して下さっているという行が大好きです。

ところが人間はときとして,自分にとんでもない試練を課してしまう。
それは,人に対する怒りの停滞です。
先月も,「怒りは自分に盛る毒」という
アメリカ・インディアンの格言を引用しました
が,
今日も同じ本(エリコ・ロウ『アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉』扶桑社)
から,ほぼ同意の格言を紹介します。

続きを読む "そんな重荷に耐え続けることはできない"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

10日間連続!無事に楽しく終了!

久しぶりにブログを書く時間ができました。
この前は7月25日に書いたきりでした。
実はその翌日から,
他クラスの2泊3日(7/26~7/28)の臨海教室,
中0日で,担任をしているクラスの2泊3日(7/29~7/31)の臨海教室,
再び中0日で,3泊4日(8/1~8/4)の長崎巡礼旅行という具合に,
連続10日間,休みなしで生徒引率に出かけてていました。
幸い,どの引率でも,大きな怪我や病人もなく,
安全に,楽しく,旅行をすることができました。

そして,昨日は,友人がメインで出演した「(おとなのための)こうなん童謡コンサート」に行ってきました。
このコンサートには癒されました。

そんなわけで,なかなかブログを更新できませんが,
担任をしているクラスの臨海教室(7/29~7/31引率分)の様子を,
一緒に引率した先輩教員が,自分のサイトにアップしているので,ここをクリックしてください
(掲載されている写真に大きく写っている黒い袖なしTシャツを着た教員は私ではありません。念のため)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

『福音的視点から』

Kenpou_1 今日のブログのタイトルは,これから紹介する冊子のサブタイトルです。
その冊子とは,『憲法・教育基本法改定を考える』という一見政治色の強いタイトルのついた小冊子です。
ただし,サブタイトルとして,---福音的視点から---と付いています。
福音とは,イエス・キリストのよきメッセージですから,この小冊子では,
憲法および教育基本法の改定問題を政治的視点からではなく,
イエスが教える神の国の福音のメッセージに照らし併せて考察しようという試みがなされています。

執筆はイエズス会社会使徒職委員会内の「憲法・教育基本法改定に関するタスクチーム」の4人の神父様方です。印刷・発行はイエズス会社会司牧センターです。

この小冊子には,憲法や教育基本法改定の動きの中に現れている問題点が中心に記載されています。しかし,イエズス会内の「タスクチーム」が作成した物でありますから,日本のカトリック教会の公式見解ではありません。それどころか,小冊子「はじめに」には,イエズス会日本管区の公式見解でもないとことわられています。(p.3)

続きを読む "『福音的視点から』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

神さまの居場所

 勤務校には「愛の運動委員会」という生徒の組織があります。いわゆる,ボランティア委員会です。たとえば,昨日と今日,ジャワ島地震緊急支援募金を校門に立って行っています。
さて,この委員会の活動の中で,中心となっているものは月に一度の児童養護施設訪問です。今週末,11日の日曜日に今月は実施されますが,4月も5月も日曜日に一回ずつ実施されました。参加者は中2から高2までで,4月は21人,5月は10人でした。4月の21人は近年では最も多い参加人数でした。今月からは中1も参加できます。その中1に対して,先日,愛の運動委員の先輩が各教室に出向き,施設訪問の説明をしてくれました。説明してくれた生徒は普段から施設訪問に参加している生徒たちです。児童養護施設(子どもの家)がどういうところか,また,何をするために自分たちが子どもの家を訪問するのかをわかりやすく説明してくれました。そして,「是非,一緒に行きましょう」と誘っていました。
 私も,しばしば施設訪問に生徒と一緒に行く教員として,翌日に施設訪問について,中1生徒たちに次のように話しました。
 

続きを読む "神さまの居場所"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月31日 (水)

マリア様の月の終わりに

カトリック教会では毎年五月を「マリア様の月」と定めている。
現在勤務しているカトリック男子校では,これといって「マリア月」をアピールしていない。(かつては朝の祈りの集いがあったらしい。)
しかし,多くのカトリック女子校では,たとえば昼休みなどに,ロザリオの祈りを(全員ではないが)実施しているところが多い。
「マリア様,厭なことは私が」を校訓に掲げていた前任校でも,五月は,昼休みに聖堂でロザリオの祈りが毎日あり,連日,中学一年生であふれかえっていた。

カトリック学校としては大変嬉しいことなのであろう。

しかしなぜ中1の彼女たちがロザリオの祈りに集まってきたのかと考えてしまったことがあった。

続きを読む "マリア様の月の終わりに"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

ミスプリント

060308 数日前に,今年の夏に行う「長崎巡礼旅行」のご案内プリントを配布しました。左の写真が実物です。挨拶文のあと文面は以下のように続きます。

日頃より本校の宗教活動にご理解をいただき,あらためて感謝申し上げます。
さて,長崎巡礼旅行はここ数年の間,隔年実施が恒例化しており,その年度の中3生と高1生が参加対象となります。隔年行事ですので,参加の機会は一度です。来年度が実施年度に当たり,概ね以下の要領で計画を進めております。
ご存じの通り長崎地方は,16世紀のキリスト教伝来以降,様々な歴史を刻んでまいりました。キリシタンへの弾圧,殉教,そして潜伏信徒の発見。さらには,被爆。そうした独特の歴史を踏まえ,今日,長崎は世界に向けて平和への祈りとメッセージを発信する地となりました。このような地方を訪れ,見聞を広めることは,○○学園の土台でもあるキリスト教理解と,平和の尊さを学ぶのに大変に意義深いことであると思います。何卒,趣旨ご理解の上,ご子息を参加させていただきますよう,ご案内申し上げます。聖研に参加している生徒はもちろん,普段は聖研に参加していない生徒の参加も大いに歓迎します。(以下は,左写真をクリックして見て下さい)

ところで,このプリント中に,大ミスがありました。学校長名で出している文書ですが,校務分掌の関係で私が作成しました。印刷前に,私を含め複数教員で目を通したのですが・・・。嗚呼,恥ずかしい。

今のところ,このミスに気づいた生徒は約360名中,2名です。責任上,上司の先生3人にこのミスを報告したのですが,全員が「プッ」と吹き出した後,「まあ,いいでしょう」と許して下さっていますが・・・。なんとも笑ってしまうくらいアホなミスです。

写真をクリックしてミスを探してみて下さい。ちょっとヒントみたいなことを言いますと,間違えに気づいた生徒は,「これじゃぁ畏れおおくて申し込めないよ~」と大爆笑していました。また,ある先生は「さすが長崎巡礼,申し込み時に踏み絵を踏ませるとは」と凄いことを言っていました。

本当に生徒とご家庭の皆様(あとイエス様),ごめんなさい。でも,多くの生徒諸君の参加を望んでいます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)