2010年7月 4日 (日)

何もできなかった最高の日曜日

Kayama_daiji_2 今日の日曜日は有意義でしたか?

この書き始めを読んで,「全然有意義じゃなかった。何も生産的なことはできなかった」と思われた方も多いのではないでしょうか。

週末を使ってやろうと思っていた部屋の掃除,書類の整理,手紙の返信書き,・・・・・,中には溜まりに溜まった仕事をなんとかやり終えようなんて,金曜の夜辺りには考えていた人もいるのではないでしょうか?
でも,結局,ダラダラと過ごし,ほとんど捗らなかった。あるいは,何もできなかった。
「ああ,なんだか自己嫌悪」
そんな風に考えてしまいがちですよね。
こう書いている私も,ちょっと前までは,休日にはアレをやってコレを済ませて・・・・,なんて考えていました。まあ,今でも,さすがにいろいろなこと(部屋の掃除,書類の整理,先週の仕事のやり残し,・・・・・)が溜まりすぎると,まあ,何か一つくらいは片付けたいなんて思います。でも,だいたいできません。

あるいは,せっかくの日曜日なのに,どこにも遊びに行かれなかった。
だから,有意義な休日ではなかったなどと,はやり,若干落ち込んで考えている方もおられるでしょうね。

休日の過ごし方。
最近,気になっているCMがあります。
それは,佐藤隆太さんが出ている発泡酒のCMです。
ビートルズの♪Ob-La-Di,Ob-La-Da♪がバックに流れ,
発泡酒を持った佐藤隆太さんが,さわやかに叫びます。
「湖」篇と,「草原」篇があり,
http://link.brightcove.co.jp/services/player/bcpid10249703001?bctid=off_mizuumi_15
で,見ることができます。
「湖」篇では,発泡酒を片手に元気よく登場した彼が,

「みなさん,最近堂々と,休んでますかー!」

と叫びます。
「草原」篇では,すこし,ゆったりとした調子であぐらをかいた彼が,やはり発泡酒を片手に,

「せっかくですから,頭を空っぽにしませんか?」

とテレビから語りかけてきます。

私は,このCMを見たときに,香山リカさんの『大事なことは先のばしにしなさい』(2009年,ビジネス社)という本に書かれていた,「精神科医が考える理想的な休日の過ごし方」(70ページ)を思い出しました。

この本の中で香山さんは,「貴重な休みを有意義に」という考えが頭に浮かんだ時点で,もうその休みは休みではなくなっているのだと書いています。(69ページ)

具体的には,目覚ましをかけずに寝たいだけ寝て,布団のなかでダラダラして,お腹が空いてきたらパジャマのままで,冷蔵庫のものを適当に食べて,顔を洗ったりシャワーを浴びるようなことはせず,また布団に戻るもよし,テレビをつけるもよし,ただし真剣に見入ったりはしない。メールのチェックもせず,携帯の着信にもよほどのことじゃないと出ない。
こんな,エネルギーもお金も使わない,要は1日ダラダラするのが精神科医が考える理想的な休日だと書いています。

Morotomi_kodokulesson カウンセラーの諸富祥彦さんも,10年ほど前に『孤独であるためのレッスン』(2000年,NHKブックス)という本の中で,当時流れていた「何もしない,をしよう。自分に戻る列車の旅」というJR東日本のCMのコピーを引用し,これについて,「何もしないこと」を意識的に「する」ことが,「自分に戻るため」に必要であるという論理がうまく組み込まれているとうなっています。

続きを読む "何もできなかった最高の日曜日"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

これでおしまい!

中島みゆきさんの「恋唄」という歌の中に,

ありがとうって意味が 
これきりっていう意味だと
最後まで 気がつかなかった

という歌詞がある。とてもせつない歌です。

恋愛をして,最後の別れ話の最中に,「ありがとう」って言われると,「ああ,本当にもうこの人は僕と別れるつもりなんだ」と一気に心に穴が空く。

「ありがとう」って言葉は,普通は言われると嬉しい言葉なのに,恋人の最後の言葉として,聞くのは辛い。感謝の言葉であることには違いないのだが,昨日まで言われていた「ありがとう」とは決定的な違いがある。これまでのことを全部ありがとうという意味。これが最後という意味。これからは,もう,言えなくなりますという意味。

「お礼なんかいいから,そんなことよりも,これからも付き合ってほしい」

そんなふうに思う。
でも,「ありがとう」って言葉で,もうダメなんだってことがわかる。

さて,恋愛場面ではなく(それも含むが),日常場面で,使われる「がんばって」という言葉にも似たような側面がある。

最近はこの言葉「がんばって」を,うつの人に言ってはいけない(一般的にはその通りだけれど,絶対に言ってはいけないわけではない。場合によっては,言ってあげることが必要な場合もある)ということばかりが新聞などによく書いてあるが,うつの人ばかりではなく,普通の日常会話の中でも,別の意味を持っていることに気づく。

何気ない会話の最後にも,「じゃあ,がんばってね」と言って別れることがありますよね。

生徒も「がんばって」と言われると,「あっ,もうこの話,終わりにしなければいけないんだ」と思うらしい。

僕たち教員は,「がんばって」といいながら,知らず知らずに,生徒に対して,「この話は終了」というサインを送っている。

続きを読む "これでおしまい!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

チームの時代

チームの時代だと思う。
日本人は,人に迷惑をかけないことを美徳とする余り,
あるいは,一匹狼的な仕事の仕方に寛容(どころか格好良いと思ってしまう)であるため,
昔からチームを組むのがあまり得意ではない。
若干関連するけれど,日本人の会議の下手さも国際的には有名らしい。

1982年のホテル・ニュージャパン火災において,レスキュー隊長として,救出劇の中心となった東京消防庁の高野甲子雄氏(以前,NHKのプロジェクトXで取り上げられた)に依れば,
良いチームを組む秘訣は

(1)普段からチームで動くこと
(2)緊急時には,そこにいるメンバーで動くこと

だという。

私は教員という仕事をしているが,このことは実に身に染みる。

普段からチームで動いているだろうか?
・・・。
緊急時にならないと,チームを組もうとしてはいないか?

さらに,緊急事態が起こったとき。
そこにいるメンバーで動こうとしているか?
ついつい,そこにはいない豪腕のメンバーを求めたりはしていないか?
「あの人がいてくれたら・・・」なんて思ってしまう。

続きを読む "チームの時代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

こころ

Imgkokoro006_2 大月書店が刊行中の考える絵本(全10巻)の1巻は,『こころ』(文・香山リカ,絵・益田ミリ)。絵本といっても,”「かわいい絵本」でも「笑える絵本」でもなく,「考える絵本」”(あとがきより)なので,大人が読んでも読み応えがある。たった30ページほどなので,数分で読めるが,読後,ずいぶんと考えさせられた。まさに,「考える絵本」だった。読んでいる最中も頷く,というか,「う~ん」(肯定の意味)と唸りながら読んだ。

絵本なので,文章は,多分1500字程度しかないと思うので,最初から最後までを要約するのは容易だが,それでは,この絵本のよさは伝わらない。

しかし,この本のよさを伝えたいので,1箇所だけ,僕が一番,「そう,そう」と思った箇所を引用しておきます。

こころって,ほんとうのことを言えないと,キズついちゃうんだな。

僕たちは,職場や学校で,あるいは,家庭でも,いろいろと人から言われることによって,傷つく。こころが。
そして,「今の一言は傷ついた」なんて思ったり,言ったりもする。

でも,実は,言われることだけでなく,自分がほんとうのことを言えないことでも,こころは傷つくと,この絵本は教えている。「ストレスがたまる」という言い方でいわれているものに近い気もするが,ほんとうのことを言えずに過ごす毎日は・・・・・,やはり,こころが傷つく。

じゃあ,何でもかんでもほんとうのことを,言えるようになればいいのかというと,これは全然違うし,社会生活を営んでいく上では困難。やっぱり,ほんとうのことは言えずに過ごすことの方が多い。

続きを読む "こころ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

居心地の良い集団

ちょっとわかりづらいタイトルを付けてしまいました。

たとえば,会社や学校などの集団に属する場合,
居心地は悪いより良いにこしたことはないですよね。

この”集団の居心地の良さ”を研究した先生に依れば,
1.良い人間関係があるか
2.意味のある仕事(役割)ができているか
3.楽しい・おもしろいと感じるか
の3つがキーだという。

あなたの属する集団はどうですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

がんばるな!

「がんばるな!」

今日,テレビのコマーシャルから聞こえてきた台詞です。

それまで,見るともなく見ていたテレビでしたが,ハッとして,続きを見ました。

「冷たい!」と言いながら,朝の洗顔をする若い母親に,
子どもが言った台詞です。

http://www.chofu.co.jp/about/cm.html

にテレビCMのファイルがアップされています。

CMでは,その子どもは,続けて

「人間がんばりすぎると続かないものですよ。」
と母親に言います。

こういうCMがもっと流れるといいなあと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

戦争する脳

『戦争する脳---破局への病理』(平凡社新書)という本を,数ヶ月前に読みました。 20080905_19  
著者の計見一雄氏は精神科救急医療(これ自体,まだまだ発展途上の医療分野ですが)の第一人者です。

内容を一言で言えば,脳科学的にみると日常と戦争は地繋がりであり,現在の日常と戦争は接近している,というようなことが書いてある本です。

この本の全体像はさておき,次の記述にとても興味を持ちました。

「ヒトの脳は宇宙で一番良くできた思考機械であるが,重大な弱点が三つある。一つは,一日七~八時間の睡眠を取らないとちゃんと働かないこと。四八時間完全に断眠した脳は全く当てにならない。二番目の欠点というか,取説上の注意点とでもいうべき特徴は,連続して単独運転させるなという点である。(中略)最後の三番目は、脳だけじゃ考えることも、感じることもできないという、当たり前の真実。」

続きを読む "戦争する脳"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

マリアのように,マルタのように

生きにくい時代になってきた。

強者による不正が日常化し,不信感が漂う社会を見て育つ子供や若者は,自己効力感を持てず,将来に希望を見つけにくい。学校を出てからずっと,身を粉にして働いてきた中高年世代も,思わぬ倒産やリストラにあう。働き盛りの人たちも辛い。職場の最前線で働く彼(彼女)たちは忙しすぎて休みも取れない。いつしかドクターストップがかかり,長期休養や入院が必要になる場合もある。うつ病患者の数は増加の一途だという。うつの他にパニック障害やさまざまな神経症に悩む人々が増えている。これらの人々は,性格的にきちんとした人が多い。悩みや仕事を一人で抱え込んでしまい,人にまかせたり相談したりすることが苦手。このような真面目な人ほど落ち込みやすい。情報にも敏感に反応してしまう。

しかし,この時代の情報量の多さは,本当に必要なものを見えなくする。

「必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」(ルカ福音書10章42節)

続きを読む "マリアのように,マルタのように"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

答なんか・・・

勤務校では,高1対象に「ゼミ」という授業が時間割の中にあります。
今は,文部科学省学習指導要領の『総合的学習の時間』の単位にカウントされていますが,
勤務校では,文部科学省が『総合的学習の時間』なんて言い出す前から,実施しています。
私は数学教師ですが,『自分とつきあう』という,なんだか怪しげ(?)なゼミを担当しています。
それはさておき,
それらのゼミの中に『社会のしくみを考える』という,またまた怪しげ(=面白そう!?)な講座があります。
このゼミの一大特徴は,1年間,毎回講師が変わるということです。
講師は卒業生が務めるのですが,原則として,41歳年上のOBが講師としてやってきます。
でもって,今日はたまたま数学の先生がやってきました。
実は私も数学教師なのですが,今日の数学の先生はすごかったです。
何がすごいって数学へののめり込み具合がすごいのです。
なんでそんなことを知っている(同じ時間帯の裏番組授業なのに)のかというと,
この『社会のしくみを考える』という講座だけは,
放課後に,ほぼ同一内容で,中一から高三まで自由参加のオプションコースがあるのです。
通称『OBゼミ』といいます。
私は今日,それに出てきたのです。

さて,そこで講師の先生がこんなことを言っていました。

「正しいとわかっていることを学ぶのはつまらない。
寧ろ,正しいかどうかわからないことを考えるのが面白い。

つまり,正しいことが証明できるのか,
それとも,正しくないことを立証する例(反例といいます)があるのかを探ることが面白い」

続きを読む "答なんか・・・"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年2月13日 (火)

もし壊れているなら・・・

実はとても疲れています。

この三連休,1日はネイチャーゲームの研修会で,
横浜市金沢区の海の公園に行きました。
冬だというのに寒すぎず,砂浜でリラックスしてきました。

あとの2日はだいたい家に居ました。
ゴロゴロしたり,壊れているPCと格闘したり・・・。

続きを読む "もし壊れているなら・・・"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧