2010年10月22日 (金)

「人間失格」・「ヴィヨンの妻」

Dazai_2 Project BUNGAKUという企画の芝居が,9月30日から10月10日の日程で上演されていた。
ワーサルシアターという,八幡山(京王線の上北沢と芦花公園の間の駅)にある,80名定員の芝居小屋,というか稽古場のようなところで上演された。
この企画は,若手新鋭の演出家4名が,各々持ち時間20分間で,太宰作品を一つ芝居に仕立て上演するというのもの。
4名の新進演出家各々が一つずつが選んだ作品は,「Human Lost」,「燈籠」,「ヴィヨンの妻」,「人間失格」であった。個人的には「桜桃」が入っていなかったのは惜しいが,すべて見応えがあった。
「燈籠」や「ヴィヨンの妻」などは,おそらく朗読するだけで20分で終わってほどの長さの作品である。「Human Lost」は太宰が脳病院(精神科病棟)に入れられている1ヶ月ほどの日記。「人間失格」は太宰の中では長編。それぞれ、演出家はどうやって仕立てるんだろうと思い,とにかく初日から観に行ってみた。

これが,大当たりだった。

80名定員の客席は,ちょうど満員になるくらいにチケットはさばけた様子。
4作品,それぞれ若手演出家の持ち味がよく出ていたが,何と言っても「人間失格」が傑出していたように私は思った。
演出家の谷賢一氏の構成と主人公・葉蔵役のコロさん(柿喰う客)の演技,特に葉蔵の表情づくりが素晴らしかった。
小説「人間失格」は,文庫で読むと200ページくらい(だったかな)の作品だから,僕だったら読むのに(今はやりの速読は大嫌いなので)数時間はかかる。
しかし,この芝居の上演時間はたった20分。
なのに,劇を見終わった後,原作を全部読んだのと同じ重厚感(変な言葉ですが)を感じた。
この芝居,おそらくもう上演される機会はないと思うので,本当に見て良かったと思います。
あまりにも,良かったので,楽日(この日はチケットが売り切れだったので)の前日にもう一回観に行きました。

ところで,芝居としては「人間失格」に引き込まれたけれど,印象に残った台詞は「ヴィヨンの妻」での大谷・主人公(多分太宰自身がモチーフ)と妻の遣り取り。

大谷「・・・,おそろしいのはね,この世の中の,どこかに神がいる,という事なんです。いるんでしょうね?」
妻「え?」
大谷「いるんでしょうね?」
妻「私にはわかりませんわ」
大谷「そう」

月並みですが,太宰の,神を畏れ,神を求める気持ちがストレートに表現されている箇所だと思います。

それと,小説の結末。新聞で「人非人」と酷評されている夫・大谷が,妻に対して,自分は人非人なんかではないと弁明したとき,妻が返す言葉。

「人非人でもいいじゃないの。私たちは生きていさえすればいいのよ」

なんだか,私が言われているような気になりました。
まるで,高校生のときのように。

いや,あの頃と違って,ちょっとしんみりきました。

続きを読む "「人間失格」・「ヴィヨンの妻」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

「君がいなかったら・・・」

私は教員をしています。
当たり前ですが,毎日,苦戦している生徒と関わっています。
そして,苦戦している先生方とも・・・。
そういう私も,それなりの苦戦をしています。

教師は商売柄,生徒の将来を考えます。
いま,「考えます」と書いたけれど,正確には,生徒の将来に「口出ししている」と言った方が合っているかもしれません。

特に,人間関係で苦戦している生徒や,自分との関わりに苦戦している生徒には,
教師は,その生徒の将来に口を出したくなります。
「そんなことしていたら,君は社会に出た後,通用しないぞ」といった
なんともゾッとするようなお説教を,未だに耳にすることさえあります。

しかし,苦戦している生徒には,いや,普通の生徒でも,
大人が思っているような将来など,架空の世界に過ぎません。
ところが,大人にとっては,生徒にとっての「将来」は自分が歩んできた道でしかありません。

「オマエの将来を考えろ!」と言っている大人に,私はときどき言いたくなることがなります。
あなたの言ってる将来とは,あなたが歩んできた(か歩めなかった)道なのではないかと。
生徒たちの将来なんて,僕たちに想像できるはずがない。
それを,自分たちが歩んできた過去に置き換えて話す大人(教師)がなんと多いことか。

少し前になりますが,6月30日付けの朝日新聞で,香山リカさんが,次のように言っています。

人が幸せの感覚を得るには「違うものに変身しなさい」とか「こういうものを目指しなさい」と求めるのではなく,すでに達成していることを十分評価してあげることです。

耳が痛いです。
明日こそ,自他ともに幸せな感覚を得たいものです。

続きを読む "「君がいなかったら・・・」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

何もできなかった最高の日曜日

Kayama_daiji_2 今日の日曜日は有意義でしたか?

この書き始めを読んで,「全然有意義じゃなかった。何も生産的なことはできなかった」と思われた方も多いのではないでしょうか。

週末を使ってやろうと思っていた部屋の掃除,書類の整理,手紙の返信書き,・・・・・,中には溜まりに溜まった仕事をなんとかやり終えようなんて,金曜の夜辺りには考えていた人もいるのではないでしょうか?
でも,結局,ダラダラと過ごし,ほとんど捗らなかった。あるいは,何もできなかった。
「ああ,なんだか自己嫌悪」
そんな風に考えてしまいがちですよね。
こう書いている私も,ちょっと前までは,休日にはアレをやってコレを済ませて・・・・,なんて考えていました。まあ,今でも,さすがにいろいろなこと(部屋の掃除,書類の整理,先週の仕事のやり残し,・・・・・)が溜まりすぎると,まあ,何か一つくらいは片付けたいなんて思います。でも,だいたいできません。

あるいは,せっかくの日曜日なのに,どこにも遊びに行かれなかった。
だから,有意義な休日ではなかったなどと,はやり,若干落ち込んで考えている方もおられるでしょうね。

休日の過ごし方。
最近,気になっているCMがあります。
それは,佐藤隆太さんが出ている発泡酒のCMです。
ビートルズの♪Ob-La-Di,Ob-La-Da♪がバックに流れ,
発泡酒を持った佐藤隆太さんが,さわやかに叫びます。
「湖」篇と,「草原」篇があり,
http://link.brightcove.co.jp/services/player/bcpid10249703001?bctid=off_mizuumi_15
で,見ることができます。
「湖」篇では,発泡酒を片手に元気よく登場した彼が,

「みなさん,最近堂々と,休んでますかー!」

と叫びます。
「草原」篇では,すこし,ゆったりとした調子であぐらをかいた彼が,やはり発泡酒を片手に,

「せっかくですから,頭を空っぽにしませんか?」

とテレビから語りかけてきます。

私は,このCMを見たときに,香山リカさんの『大事なことは先のばしにしなさい』(2009年,ビジネス社)という本に書かれていた,「精神科医が考える理想的な休日の過ごし方」(70ページ)を思い出しました。

この本の中で香山さんは,「貴重な休みを有意義に」という考えが頭に浮かんだ時点で,もうその休みは休みではなくなっているのだと書いています。(69ページ)

具体的には,目覚ましをかけずに寝たいだけ寝て,布団のなかでダラダラして,お腹が空いてきたらパジャマのままで,冷蔵庫のものを適当に食べて,顔を洗ったりシャワーを浴びるようなことはせず,また布団に戻るもよし,テレビをつけるもよし,ただし真剣に見入ったりはしない。メールのチェックもせず,携帯の着信にもよほどのことじゃないと出ない。
こんな,エネルギーもお金も使わない,要は1日ダラダラするのが精神科医が考える理想的な休日だと書いています。

Morotomi_kodokulesson カウンセラーの諸富祥彦さんも,10年ほど前に『孤独であるためのレッスン』(2000年,NHKブックス)という本の中で,当時流れていた「何もしない,をしよう。自分に戻る列車の旅」というJR東日本のCMのコピーを引用し,これについて,「何もしないこと」を意識的に「する」ことが,「自分に戻るため」に必要であるという論理がうまく組み込まれているとうなっています。

続きを読む "何もできなかった最高の日曜日"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

居心地の良い集団

ちょっとわかりづらいタイトルを付けてしまいました。

たとえば,会社や学校などの集団に属する場合,
居心地は悪いより良いにこしたことはないですよね。

この”集団の居心地の良さ”を研究した先生に依れば,
1.良い人間関係があるか
2.意味のある仕事(役割)ができているか
3.楽しい・おもしろいと感じるか
の3つがキーだという。

あなたの属する集団はどうですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

がんばるな!

「がんばるな!」

今日,テレビのコマーシャルから聞こえてきた台詞です。

それまで,見るともなく見ていたテレビでしたが,ハッとして,続きを見ました。

「冷たい!」と言いながら,朝の洗顔をする若い母親に,
子どもが言った台詞です。

http://www.chofu.co.jp/about/cm.html

にテレビCMのファイルがアップされています。

CMでは,その子どもは,続けて

「人間がんばりすぎると続かないものですよ。」
と母親に言います。

こういうCMがもっと流れるといいなあと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

生徒自慢(2)

昨日の話なのですが、仕事があまりにも溜まりすぎていたので、日曜日だけれども勤務校に行きました。
学校に向かう途中、昼食を買うためにコンビニに寄りました。
そこで、高校生のA君にばったり。

私 :おはよう!
A君:おはようございます。
私 :今日は部活かね?
A君:はい。試合です。公式戦です!
私 :おお、そうか!じゃあ、観に行くよ!ところで、君はなに部?
A君:サッカー部です。
私 :わかった!

A君のことは中1の頃から知っているが、彼の所属部活までは覚えていませんでした。

さて、私が出勤した目的は採点をしたり、提出された夏休みの宿題ノートを見ることでした。そこで、結構静かな校舎内でチマチマと仕事を始めました。まあまあのペースで仕事は捗りました。(しかし、まだまだ残っていますが・・・。)

しばらくして、さっきコンビニで会ったA君のことを思い出したので、慌ててサッカー場に試20080914football_3 合を観に行きました。幸い、試合は終わっておらず、生徒たちの活躍ぶりを見ることができました。勝負も4-0で勝ちました。

終了のホイッスルがなって、選手たちがベンチに引き上げてくる中、僕はサッカー場をあとにしようとしていました。すると、偶然、僕が歩いている右真横側の10mくらい向こうから、先ほどのA君が引き上げてきました。サッカー場は広くて、僕はあまり目が良くないので、A君が試合に出ていることをわからずにいましたが、A君は試合に出ていたわけです。A君も僕に気づき、ちょこっと頭を下げました。ほんの一瞬の動作だったのですが、私は本当に嬉しかったです!A君の表情と動作から、私はA君が、私にお礼の気持ちを伝えようとしていることがわかったからです。(お礼をいわれるようなことはしていないのに・・・)

私が嬉しかったのは、(お礼をいわれるようなことはしていないにも関わらず)「A君に受け入れられている」という感じがしたからだと思います。
私もA君に感謝の気持ちを込めて、軽く会釈をしてサッカー場をあとにしました。

続きを読む "生徒自慢(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

無理なら私がついてゆきます

私についてきなさい。
無理なら私がついてゆきます。

冒頭の句は,~祈りを深めるために~というホームページに書いてあります。
イエズス会司祭(私に洗礼を授けてくださった神父様)が協力者として名を連ねています。

一行目の,「私についてきなさい」というニュアンスのことを,イエス様は,熱心に弟子や人々に語っていたことを聖書は伝えています。たとえば,マタイ福音書16章24節などです。
しかし,「無理なら私がついてゆきます」に該当するような記述はないような気がします。近いものとしては,同じマタイ福音書の28章20節後半の「わたしは世の終わりまで,いつもあなたがたと共にいる」という記述でしょうか。

それにもかかわらず,私は,この2行目の「無理なら私がついてゆきます」にとても惹かれるし,私にとっての神はこんな方です。
なぜなら,私が神についてゆこうと思っても,いつも遠くにかすんでしまい,いつでも見えなくなってしまうからです。
しかし,そんなときに,「無理なら私がついてゆきます」と仰有る神が後ろにいるという。
また,ときには抱きかかえて歩いてくださるという。
これも聖書のどこを探しても書いてはない。

続きを読む "無理なら私がついてゆきます"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

もし壊れているなら・・・

実はとても疲れています。

この三連休,1日はネイチャーゲームの研修会で,
横浜市金沢区の海の公園に行きました。
冬だというのに寒すぎず,砂浜でリラックスしてきました。

あとの2日はだいたい家に居ました。
ゴロゴロしたり,壊れているPCと格闘したり・・・。

続きを読む "もし壊れているなら・・・"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

低みに立つ

061020 昨日,ちょっと用事があって,(住まいのある市の)「中央公園」に行ってきました。
そこは,周辺の池や湿地帯も含めて,思っていた以上に素晴らしい場所でした。
写真の案山子もその公園の中なのか外なのかわからない田んぼに立っていました。

さて,この案山子とは全然関係のない話なのですが・・・。

同僚と二人でこの公園を散策(実は行事の下見)していたところ,小さな子供の泣き声が聞こえました。
同僚と二人で泣き声の方を見ると,なんと,2歳くらいの赤ちゃん(?)が,かなり急な崖を四つん這いで登っている,というか,登れないで泣いているところでした。

続きを読む "低みに立つ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

「欠けている」という恵み

061017_1 左の画像の上の段の漢字。普段あまり使いませんよね。特に最近はPC入力の時代なので,これらの漢字を手書きすることは滅多にありません。左から,かいこの作る「まゆ」,なぎなたの「なぎ」,植物の「にれ」,ひんしゅくの「ひん」,そして最後は魚の「かつお」です。多くの人にとって,読めるけれど書けない漢字ばかりです。

さて,漢字を覚えるときは,私が小学生の頃は,必死に書いて覚えました。正確には覚えさせられました。国語の教科書に出てくる新出漢字を,マス目入りの国語ノート(有名なのはジャポニカ漢字帳)に10回とか,20回とか書いて覚えるわけです。多分,今でもこの覚え方が主流なのだと思います。

しかし,実は他にも覚え方があります。

続きを読む "「欠けている」という恵み"

| | コメント (8) | トラックバック (0)