2006年12月 8日 (金)

焼きいも大将

St310020_3 St310021_1 St310019_2St310027_4 St310023_2St310022 12月5日は,今年最後のホームルームでした。で,行った企画は「焼きいも」。
(即アップしたかったのですが,ココログ53時間メンテナンスの関係でアップが今日になっちゃいました)
校内にある側溝を利用して,学年180人で行いました。
焼いたものは,各自が家から持ってきたいも。
さつまいもでもじゃがいもでも良しとしました。
また,肉や魚などのような腐るもの以外なら何でも良しとしたので,
中には,バナナ,リンゴ,トウモロコシ,餅,マシュマロなどを持ってきて焼いている生徒もいました。

続きを読む "焼きいも大将"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

家族でネイチャーゲーム「わたしの木」

昨日は,部活に行った三女以外の家族4人で紅葉狩りに行きました。
天気予報では一日中雨だったのですが,
雨の降り出しは思いの外おそく,日中はなんとか曇りの天気が持ちました。

行き先は西丹沢で家から2時間半くらいのところまで行って帰ってきました。
東名の大井松田で降りて,246を下り,洒水の滝の横を通り過ぎ,
清水橋というT字路を右折すると,あとは西丹沢への一本道です。
途中,春にも行った信玄の隠し湯・中川温泉を通り過ぎ,
樹齢2000年(イエス・キリストの頃です!)の箒杉も通り過ぎ,
西丹沢ビジターセンターに車を駐め,河原に降りました。
気温は8度,水温は2度と表示されていました。

しばらくみんなで河原で遊んだ後,家族からちょっと離れ,木を見ていたら,
家族と一緒にネイチャーゲームの「わたしの木」をやりたくなりました。

そこで,河原で遊んでいた家族三人に,
「ねえ,パパとゲームをやろう」と誘ってみました。
三人は,「こんなところでなんのゲームをやるんだろう」という顔をしながらも,
誘いに乗って,わたしの方に来ました。

ジョセフ・コーネル氏が考案した”Meet a Tree”(柏書房『ネイチャーゲーム』1 p.30)は,こんなゲームです。
ただし,以下に紹介するのはオリジナル版ではなく,「マジス家バージョン」です。061124_2

  1. まず,たくさん木がある場所へ行く。
  2. 家族の一人に目隠しをしてもらう。最初は妻に目隠しをしてもらいました。目隠しとして使ったのはわたしのハンカチです。
  3. 他の家族は,その目隠した妻(ママ)に紹介したい木を探す。その木は,妻が待っている位置から10mくらいのところにする。ただし,その木の周りにも似たような木が生えていないと面白くない。(右の写真のように)
  4. 木が決まったら,家族は目隠しをしたままの妻(ママ)をその木のところに連れて行く。そのとき,妻(ママ)がこわがらないように,両方から支えながらゆっくりと歩く。「足下にちょっと石があるから気をつけて」なんて言いながら。
  5. 3で決めた木の前に着いたら,妻には目隠しをしたまま,触覚や嗅覚を使ってもらって,他の家族はその木を紹介する。「右の手をもう少し伸ばすと何かあるでしょう」とか「座ってみて,木の生えている根元にさわってごらん」,「顔をもう少し近づけて木の匂いを嗅いでみて」なんて具合。
  6. だいたいその木を感じてもらったら,目隠しをしたまま,元の場所まで戻る。このときも家族で妻(ママ)をエスコートする。
  7. 元の位置に戻ったら,妻(ママ)には目隠しを取ってもらい,さきほど家族が紹介した木を探しに行ってもらう。

こんなゲームです。
最初に目隠しをしたは妻。第2回目は長女。そして最後に次女が目隠しをして木の感触を味わいました。

ところで,目隠しをとった後,木を探しに行ったとき,すぐに当たったと思いますか?それともわからなかったと思いますか?

続きを読む "家族でネイチャーゲーム「わたしの木」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

山と蟻の中間として生きる

061116_2 061116_3_1 先日,担当している中一生徒諸君と遠足に行きました。
行った場所は鎌倉中央公園。
この公園は,一部,人工的に整備されているものの,
大部分は公園になる前のままの自然が保存されている素晴らしい公園です。

生徒達は大喜びで泥だらけになって,缶蹴りや隠れんぼをして遊んでいました。
学校も自然環境に恵まれているのですが,
ここには「校舎」という人工物がありませんから,
生徒はより童心に帰って楽しめたと思います。

また,往きは住宅街を中心とした舗装道を通って歩いて行きましたが,
帰りは,崖を登ったり,沼の横の湿地帯を歩いたりと,
歩くだけで自然を感じられる道を選んで歩きました。

さて,冒頭の写真ですが,これらは,『カモフラージュ』という
シェアリング・ネイチャー(日本ではネイチャーゲームと言います)をやって最中の生徒の様子です。

これは,次のようなアクティビティです。

  1. 事前に20メートルくらいのコースを決め,リーダー(教員)がコース内に「人工物」(後述)をセットしておきます。コースにはわかるようにロープを張っておき,一端をスタートともう片方をゴールと決めておきます。
  2. 生徒をロープから少し離れたところに集め,次のようにルールを説明します。
  3. 「ロープのそばに,本来はここ(公園の藪)にあるはずのない人工物がいくつか置いてあります。それらはだいたいロープの向こう側でそんなに遠くないところにあり,高さは地面からだいたいみんなの身長くらいの高さまでの範囲にあります。これから一人一人ロープにそって歩きながら,それらを探して下さい。そしてゴール地点に先生がいますから,他人に聞かれないようにそっと何個あったか教えて下さい。そうしたら,当たっているとか,まだ足りないとか,何らかのコメントをします」
  4. さらに,次のことを強調します。「これはゲームですから,次のルールを守って下さい。①ゲームの最初から最後までしゃべらない。②見つかっても他人に気付かれないようにする。つまり,見つかったものを指さしたりしない。③ロープの向こう側,つまり人工物が置いてある側に手を出さない。触らない。④スタートは一人一人の間隔を開けて行うが,自分のペースに合わせて歩いて良い,つまり,前の人を抜かしても構わない。しかし,後戻りはしてはいけない(経験上,後戻りすると何個あったかわからなくなってしまう)」

続きを読む "山と蟻の中間として生きる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

低みに立つ

061020 昨日,ちょっと用事があって,(住まいのある市の)「中央公園」に行ってきました。
そこは,周辺の池や湿地帯も含めて,思っていた以上に素晴らしい場所でした。
写真の案山子もその公園の中なのか外なのかわからない田んぼに立っていました。

さて,この案山子とは全然関係のない話なのですが・・・。

同僚と二人でこの公園を散策(実は行事の下見)していたところ,小さな子供の泣き声が聞こえました。
同僚と二人で泣き声の方を見ると,なんと,2歳くらいの赤ちゃん(?)が,かなり急な崖を四つん這いで登っている,というか,登れないで泣いているところでした。

続きを読む "低みに立つ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

ノーズ

数日前に,海キャン1日目のシェアリング・ネイチャー『キャッチャー・イン・ザ・ダーク』の話を書きましたので,今回から2日目の『ハビタット』の報告を書きます。

ハビタット(habitat)とは,生息地という意味です。
生き物の生息地は種類によって異なるわけで,たとえば魚だったら川や海,ペンギンだったら南半球の寒いところ,パンダだったら中国の山中などです。そこに棲む生き物や環境をグループで演じることによって,ある一つの生息地を表現しようという試みが,この『ハビタット』という活動です。発案者はジョセフ・コーネル氏で,『ネイチャーゲーム2』(柏書房 1991年)の79ページから81ページに原案が載っています。活動のねらいは,

  • 生態系について学ぶ
  • 動植物の生息地や生物と環境の相互依存について学ぶ
  • 環境のつながりについて理解する

ということです。

ねらいはすばらしいのですが,これはグループで「演じる」,しかも生息地を演じるわけですからかなり高度のグループ活動となります。グループによる劇やお話作りは,昔から学校教育では,個人の気づきや集団形成に有益であるとされ,実施されてきました。今日でも,一部の,著名な大学の先生の著書には,そうした活動の有益生が書かれています。(あえて具体的には挙げません。)しかし,研究会で会う同業者(学校の教師であったり,ファシリテーターであったり)や同僚に聞いても,今日,お話作りや劇の作成を教育現場でやることは大変困難な状況になっています。何のしかけも作らないと,大概が,チャンバラごっこになったり,誰々が死んでしまいましたチャンチャンとなって終わってしまいます。それでも,やはりお話や劇を作って話したり演じることは,捨てがたい教育活動です。そこで,それをねらい通りに,つまりチャンバラや殺人ドラマにしないためには,それなりのしかけ,下準備が必要です。
そんなわけで,環境劇『ハビタット』をするために,私は段階的に3つの活動を組んで実施してみました。

続きを読む "ノーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

キャッチャー・イン・ザ・ダーク

7/29~7/31にクラスの生徒45人を引率して『海のキャンプ』(通称:海キャン)に行きました。
勤務校の海キャンは三浦半島にある勤務校専用の施設である臨海教室で毎年行われています。
臨海教室はぎゅうぎゅうに詰め込めば100人くらいは収容できるのですが,
昨今は安全面に配慮して,クラスごとに(つまり45人ずつ)実施します。
引率教員は十数名です。他にライフセイバーの方も参加してくださいます。

この海キャン。
昔は泳力育成が主なる目的だったそうですが,
時の流れの中で,今日では,安全に海を楽しむことの方に主眼が移されてきました。

もちろん,水泳を選ぶこともできますが,これは必須ではなく,
全員にやってもらうのは,ライフ・セイヴィングの基本的な練習だけです。
他に磯観察,シュノーケリング,釣りが用意されています。
なお,水泳を選択した場合でも,海に出ず,施設内の深さ130cmのプールで
泳ぎの練習や水球等を楽しむこともできます。

また,夜は夜でお楽しみプログラムが用意されています。
せっかくのクラス単位の宿泊行事ですから,担任は趣向を凝らしていろいろやります。
それで,私のクラスの場合,
この海キャンの目的を
(1)まず,自然と出会おう
(2)自然との出会いを通して,他の何かと出会おう
としていましたので,夜もそれに沿ってプログラムを組んでみました。

今日は第一日目の夜に実施した『キャッチャー・イン・ザ・ダーク』の報告をします。

続きを読む "キャッチャー・イン・ザ・ダーク"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

ネイチャーゲームat聖園子供の家(下見編)

6日ほど前になりますが,聖園子供の家に行ってきました。
聖園子供の家は,いわゆる児童養護施設です。
勤務校の生徒一緒に毎月一回遊びに行っているところです。

さて,今回行った目的は,遊びに行ったのではありませんでした。

ここの児童養護施設で,ネイチャーゲームを実施する計画を立てているのですが,
その下見です。

ネイチャーゲームは,本来,創始者のジョセフ・コーネル氏はシェアリング・ネイチャー・ウィズ・チルドレンと呼んでいたもので,まさしく,「子供と一緒に自然を分かち合う」ということです。そして,この自然の「分かち合い」は換言すれば,参加者同士(この場合,子どもたち)が,自然の中で,一緒に何かを発見するという体験と喜びを共有することとなりますから,これは,よりよい人間関係,友だちづくりに大変有効です。

続きを読む "ネイチャーゲームat聖園子供の家(下見編) "

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

高1ゼミ『自分とつきあう』ネイチャーゲーム編

今週の高1ゼミ『自分とつきあう』は,教室を出て,野外で行った。
勤務校は敷地が大変広く,また,自然にも恵まれている。
だからだと思うが,生徒は全体的に外で体を動かすことが大好きだ。
前回はエゴグラムをやったのでだいぶ疲れたのだろう。
最後に「来週は野外で何かするかっ?!」と生徒に問いかけたところ,
3人とも「よっしゃ~」という表情をしていた。
だから今週はその通り,野外(といっても校内だが)活動の準備をしていた。
幸いゼミの日(24日)は非常に良い天気だった。
(尤もその日の夕方には大雨洪水警報が出るほどの大雨となったが)

さて,行った野外活動だが,ゼミ『自分とつきあう』の目的に沿ったものを準備した。
メインはネイチャーゲームの『サウンドマップ』。(内容は左のリンクをクリックして下さい)
前にも書いたが,このアクティビティの発案者はネイチャーゲームの創始者・ジョセフ・コーネルで,活動の目的は,「聴覚をとぎすます」,「音を通して自然を感じる」,「音や静けさを味わい,まわりの自然にとけ込む」ことだといわれている。
しかし,私がこの活動をするときには,最後のシェアリングに重きを置くことにしている。
体験の分かち合いこそ,人と人がお互いを知り,自分自身を知る,選れた方法だからである。

続きを読む "高1ゼミ『自分とつきあう』ネイチャーゲーム編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

中1オリキャン『サウンドマップ』

060429 昨日は,中1のオリエンテーションキャンプで,最も生徒の印象に残った『フィールドビンゴ』について書きましたが,今回のオリキャンではもう一つ,短い自然体験活動を取り入れました。それが『サウンドマップ』です。

この活動は2日目の朝,山中湖畔まで散策に行ったときに湖畔で行いました。この活動もまた昨日紹介した『フィールドビンゴ』同様大変シンプルな活動です。B6サイズ程度のカードと鉛筆さえあればいつでもどこでもできます。今回は,やりやすいように,冒頭画像のような専用カードを用いました。これは,ネイチャーゲームクラブで誰でも手に入ります。

ところで,いま,「やりやすいように」と書きましたが,正確には,この活動に参加者が入りやすくするようにするため,あるいは,この活動がより効果的に行えるようにするための「しかけづくり」の道具を調えたということです。グループ・プロセス(私はこの用語を,グループ活動による集団と個の質的変化と捉えています)を成功させるためには,道具は極めて重要な要素です。そのためにグループ活動のリーダーは,きちんと事前に自分で道具に対する配慮をしておきます。

話を『サウンドマップ』に戻します。

続きを読む "中1オリキャン『サウンドマップ』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

中1オリキャン『フィールドビンゴ』

060428_1 ずっと更新できなかったのにはわけがあります。
今年は中1の担任なので,平常の新年度初めよりやはりちょっと大変でした。
特に昨日から今日にかけて1泊2日の日程で行ったオリエンテーション・キャンプへの,実質的な(活動の)準備と,精神的な(モチベーションをあげる。元々高いのですが,質的により高くするための)準備に時間を費やして来ました。

さて,2日間のプログラムは盛りだくさんだったのですが,(振り返り用紙によれば)生徒にとって,最も印象に残った活動は,『フィールドビンゴ』という活動でした。

続きを読む "中1オリキャン『フィールドビンゴ』"

| | コメント (4) | トラックバック (0)