2009年3月28日 (土)

キリスト教入門講座始めます

今日はちょっとPRです。

約1年ぶりに,カトリック雪ノ下教会にて,キリスト教入門講座を再開することとなりました。

詳しくは,ここをクリックして下さい。

私たちは日々の暮らしに流されて生きていかなければなりません。
生活の中には喜びがあり,悲しみがあり,怒りがあり,不安があり,希望があり,・・・。
こうしたもののすべてに目を留めることは不可能ですし,その必要もありません。
あるいは,そんなことをしていたら,心が破綻してしまうかもしれません。
しかし,ときには,ゆったりとした気持ちで,生活を見直し,その中で流れていった感情を拾い集め,今一度,そのときとは別の視点で捉え直してみるのも良いことだろうと思います。

その別の視点を与えてくれるのは,他人との分かち合いであり,また,聖書のみ言葉でしょう。

今回の講座では,カウンセリングにも精通したイエズス孝女会のシスター小野恭世さんが一緒に関わって下さいます。いろいろな不安を持たれている方も安心してご参加下さい。

1回のみの飛び入り参加もOKです。
お近くの方も,遠くの方も,お待ちしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

退屈の専門家

061202 今日は,臨床パストラルケア教育研修センター主催の一日研修会に出てきました。臨床パストラルケアとは,「患者や家族,その友人,医療従事者のスピリチュアルな痛みやニーズに寄り添うこと」と,同センターは定義しています。

今日の一日研修会のテーマは「患者さん訪問」。講師は同センター所長で,レデンプトール会司祭のウェルデマール・キッペス神父(ドイツ人)。

訪問前の心構えから,訪問の実際,訪問後にすべきことまで,実際に即した基本事項を学びました。
基本は,義務感やボランティア精神から訪問するのではなく,訪問させていただく相手から学ばせていただく姿勢を持つということでした。

続きを読む "退屈の専門家"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

僕の生まれ故郷は横須賀の浦賀というところです。
家はいわゆる商工業地域にあったので庭がありませんでした。
建物自体は古かったものの比較的広い方でした。
しかし,敷地いっぱいに建ててあったその家には庭がありませんでした。
だから,子どもの頃から,庭のある家に憧れていました。

その後,学生時代は何カ所かアパートに一人暮らしをしました。
当たり前ですが,庭などあるわけがありません。

結婚して独立したのですが,最初に住んだのはマンションの2階。
次に住んだのもマンションの2階でした。
その次に住んだのは,妻の実家でしたが,
ここもまた商業地区であったため,庭はありませんでした。
花好きの妻は,狭い玄関先に,所狭しときれいな鉢植えの花を育てていましたが,
心ない人にいたずらされ,荒らされ,結局,そこでは花を育てることを断念しました。

続きを読む "花"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

「違い」

061029 イスラム圏の女性はブルカというかぶり物をまとっています。
イスラム諸国は暑い国が多いので,しばしば,
「あんなものをまとって暑かろうに。
早く自由主義やデモクラシーの時代が来れば良いのに。
そうすれば,あの女性たちも解放される」

と思ってしまいがちです。

しかし,この考えには大きな見落としがあります。
それは文化的背景の相違ということです。

ブルカはイスラムの女性にとって,単に外出着なのです。
これは単に,文化の「違い」に過ぎません。
ペシャワール会の医師中村哲氏によれば,
これを女性への抑圧だというのは,
突然やってきた外国人が,江戸時代の町を歩いている女性たちを見て,
こんなに太い布のベルトで何重にもぐるぐる巻きにするのは野蛮な習慣である
というのに等しいといいます。
(岩波ブックレットNo.673『アフガニスタンで考える』p.23参照)

私は,昨日,生活者大学校鎌倉分校が主催し,
北鎌倉の円覚寺塔頭・白雲庵で行われた
中村哲氏の現地報告会を聞きにいってきました。
その話を伺いながら次のようなことに改めて気付かされました。

私は,様々な「違い」を,善悪や優劣と考えがちではないか。

続きを読む "「違い」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

低みに立つ

061020 昨日,ちょっと用事があって,(住まいのある市の)「中央公園」に行ってきました。
そこは,周辺の池や湿地帯も含めて,思っていた以上に素晴らしい場所でした。
写真の案山子もその公園の中なのか外なのかわからない田んぼに立っていました。

さて,この案山子とは全然関係のない話なのですが・・・。

同僚と二人でこの公園を散策(実は行事の下見)していたところ,小さな子供の泣き声が聞こえました。
同僚と二人で泣き声の方を見ると,なんと,2歳くらいの赤ちゃん(?)が,かなり急な崖を四つん這いで登っている,というか,登れないで泣いているところでした。

続きを読む "低みに立つ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

デモと駐在さん

060605_1 私の住んでいる鎌倉市で実に奇妙な問題が起こっている。どの新聞にも一度は載ったと思うが,大船観音前高層マンションの,

市による開発許可→県開発審査会による許可取り消し採決→市による再許可

という問題だ。

たとえば,
http://www.kanalog.jp/news/local/entry_21450.html
を見ていただきたい。

続きを読む "デモと駐在さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)