2007年1月21日 (日)

奇跡って・・・

毎週金曜日は,中3生と一緒に聖書研究会をやっています。
一昨日は,マルコ福音書5章35節~43節を読みました。
42節の途中まで引用します。日本聖書協会の新共同訳からです。

イエスがまだ話しておられるときに,会堂長の家から人々が来て言った。「お嬢さんは亡くなりました。もう,先生を煩わすには及ばないでしょう。」イエスはその話をそばで聞いて,「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。そして,ペトロ,ヤコブ,またヤコブの兄弟ヨハネのほかは,だれもついて来ることをお許しにならなかった。一行は会堂長の家に着いた。イエスは人々が大声で泣きわめいて騒いでいるのを見て,家の中に入り,人々に言われた。「なぜ,泣き騒ぐのか。子供は死んだのではない。眠っているのだ。」人々はイエスをあざ笑った。しかし,イエスは皆を外に出し,子供の両親と三人の弟子だけを連れて,子供のいる所へ入って行かれた。そして,子供の手を取って,「タリタ,クム」と言われた。これは、「少女よ,わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。少女はすぐに起き上がって,歩きだした。

毎回,私が音読したあと,各自が黙読し,さらに黙想の時間のあと,分かち合いのときを持つというスタイルで,この聖書研究会はやっているのですが,今回は,なかなか言葉による分かち合いが出てきませんでした。奇跡物語ですから・・・。

そこで,私は,「では,この場面を,みんなで劇で再現してみよう」と提案しました。
台詞を思える必要はありません。みんな聖書を持ったままで構わないと言って始めました。

続きを読む "奇跡って・・・"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

「役割解除」

大学生の頃,教わっていた先生から,
「こんな芝居を観ました。
一人の無言劇(パントマイム)です。
最初だけ,その人は素顔なのですが,
次から次へと仮面を付け替えていきます。
一度きりしか付けない仮面もありますが,
頻繁に付ける仮面もあります。
彼は,とにかく始終,仮面を付け替えます。
しかし,あるとき,疲れてしまった彼は,仮面を外そうとします。
一生懸命両手で外そうとします。
ところが,どうしても,どうしても,仮面が取れなくなります。
仮面を外そう外そうとして藻掻いているところで,幕が降りました」
こんな内容の話を聞きました。

続きを読む "「役割解除」"

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007年1月11日 (木)

プレイバックシアター初体験

私のブログのカテゴリーに「サイコドラマ」というのを今年から追加しました。
サイコドラマ(PSYCHODRAMA)は,モレノ(1889-7974)という精神科医が創始した,集団の力を利用したアクション系のセラピー(非言語集団療法)の一つです。
この歳になっても新しく知りたいこと,やりたいことが多すぎて,ちょっと困ってしまいます。
実際,昨日も今日もアフター・ファイブに,それぞれ結構大事な予定が入っていたのですが,どちらも前日にスケジュールを変え,昨日は,サイコドラマのオープングループに参加し,今日は,プレイバックシアターの夜間ミニ講座の参加してきました。前者は私の方から「ディレクター」にアポを取り,後者は,当日の「コンダクター」から直接お誘いを受けたので行ってきました。

続きを読む "プレイバックシアター初体験"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

天国にいる自分

昨日から三日間,グループ・ワークの宿泊研修に来ています。カウンセリング系の学会の研修会です。北は北海道から南は九州まで(残念ながら今回沖縄県はいませんでした),全国津々浦々から教育関係者,教育相談員,医療関係者,医療機関相談員,専門相談機関のカウンセラーが集まってきています。
今回は7つの分科会に分かれていて,私は「演習」の講座のうち,非言語集団的療法(と呼ばれていますが,実際には言語を使わないことはあり得ないので,アクション集団療法と呼ぶ方が良いらしい)のグループに参加しています。いま,「療法」と書きましたが,これは「セラピー」とも呼ばれます。あるいは,教育現場では,「指導」と呼ばれているものの一部だったりします。同じ手法を,医療関係者,相談関係者,教育関係者ではこのように異なった呼び方をします。要するに,(今回の講師の先生の言葉をお借りすれば)業種による方言のようなものです。なお,あまりヒーリングという用語は使いません。癒しという言葉は使われます。

ワークショップ形式の講座の内容は非常におもしろいのですが,いろいろな制約があるため,中心部分をここで紹介することはできませんが,ウォーミング・アップとして行った演習の中で,私にとって,特別意味があるものがあったので,今日はそれだけ書きたいと思います。

『人生ライン』という簡単なエクササイズです。070106_2
図のように椅子を螺旋状に並べます。真ん中が0歳(誕生の瞬間)で,最後が100歳です。100歳は,便宜的に死ぬ瞬間の意味も兼ねています。そして,その次に天国と呼ばれている場所があって,ここを表す椅子だけは倒れています。なお,椅子そのものに意味はないのですが,このように椅子を使うことによって,「人生」のラインがイメージしやすいので,椅子が用いられます。これは大変役に立ちます。(「エンプティ・チェア」という手法の一種です)
天国だけ椅子が倒れているというのも意味深です。

以上のような準備の後,先生は,
「さて,皆さん,並んでいる椅子の外側に出てください。
そして,最高の自分をイメージしてみてください。
それは何歳のどの瞬間でしたか?
あるいは,今後最高の瞬間が訪れるとしたら,
それは何歳のときに起こってほしいですか?
たった一つだけイメージしてみて下さい」
と話されました。

ちょっと考える時間が与えられ,
「さて,それではその年齢を表す椅子の横に立ってみて下さい」
と指示されたので,参加者は移動しました。
今回,このセッションの参加者は17人(アクション系のグループとしてはほどよい人数です)でしたが,参加者の皆さんが移動した位置を図中,顔のマークで表しました。
今回の参加者の年齢は20代半ばから,50代以上までと幅広かったのですが,
6~7割方の人が,今の自分よりも若い年齢の位置に立ちました。

さて,私なのですが,何の迷いもなく「天国」に行きました。
意外にも,それは私一人でした。図中で,口を大きく開いて笑っている顔のマークを付けておきました。

この後,先生は,参加者をそこに立たせたまま,立っている年齢が低い順に,
「○○さんは,今あなたは何歳(実年齢ではなく,立っている場所の年齢)で,どんな最高なことが起きてますか」と尋ねていきます。
聞かれた人は,たとえば,
「29歳になって,やっと就職できたときです」(脚色してあります)などと答えます。
私は天国に一人立っているわけですから,聞かれるのは当然最後です。
先生は私には,
「マジスさん,どうしてそこに立っているのですか?」
と,ちょっとそれまでの人とは違う聞き方をされました。私は,
天国はいいところだと聞いているので」とニヤニヤしながら答えました。
ここで,参加者一同(私も)ドッと笑いました。

それで,おもしろかったのはここからで,続けて先生は,

続きを読む "天国にいる自分"

| | コメント (5) | トラックバック (0)